n2p blog

キャンペーンやSNSの
"ためになる"情報を
執筆しています。

ビフィズス菌ポーズチャレンジキャンペーン | いろいろな健康課題に森永乳業のビフィズス菌 | 森永乳業株式会社

ビフィズス菌ポーズチャレンジキャンペーン | いろいろな健康課題に森永乳業のビフィズス菌 | 森永乳業株式会社
キャンペーン概要Y字バランスをしている動画を応募フォームにアップする
インセンティブCMに出演できるかもしれない権利がもらえる
使用SNSなし

キャンペーンのポイント

【健康課題にビフィズス菌!】

森永乳業は、1969年に乳児から「ビフィズス菌BB536」を発見し、ビフィズス菌とともに歩んできています。今回、浅田真央さんと森永乳業社員で結成された「森永乳業 特命おなか課」という特別バーチャル組織を立ち上げました。

デジタルプロモーションの戦い方として、商品を訴求したり認知拡大する方向ではなく、おなかの健康全般に課題がある方に向けたプロジェクトやSNSアカウントを運用する形になっています。この「特命おなか課」ではビフィズス菌やおなかの健康に関する情報を楽しみながら学べるコンテンツを提供していくようです。

【Y字バランスできる人募集!】

プロジェクトでは、ビフィズス菌の代表的な形である「Y」を連想させるY字バランスのポーズができる方を募集しています。ハードルの高いポーズを要求していますが、Y字バランスの動画を応募フォームにアップすると応募完了。選考された方はCMに出演できる権利をインセンティブとしてもらえます。なお、Y字バランスができない人にはどんなコンテンツが待っているかというと、Y字バランスができるまでの特訓プログラムが提供されています。

物理的にハードルが高いですが、プレゼントキャンペーンで認知拡大や、UGC口コミを増やす考えではなく、CMオーディションと考えると公募として成り立っています。

ビフィズス菌ポーズチャレンジキャンペーン | いろいろな健康課題に森永乳業のビフィズス菌 | 森永乳業株式会社
ビフィズス菌ポーズチャレンジキャンペーン | いろいろな健康課題に森永乳業のビフィズス菌 | 森永乳業株式会社

【動画で解説!】ビフィズス菌ポーズチャレンジキャンペーン | いろいろな健康課題に森永乳業のビフィズス菌 | 森永乳業株式会社

旅前コンディショニング|ボディメンテ|大塚製薬

旅前コンディショニング|ボディメンテ|大塚製薬
キャンペーン概要Xでのフォローアンドリポストとマストバイをおこなう
インセンティブ対象旅行プラン申し込みでボディメンテ ドリンクを大人1人につき1ケースプレゼント
Xをフォロー&リポストでJTBトラベルギフト100,000円分+ボディメンテ ドリンク 2ケースが5組10名に当たる
使用SNSX

キャンペーンのポイント

【旅前コンディショニング!】

大塚製薬とJTBのコラボキャンペーンで、旅行前や旅行中の体調管理を習慣化して旅行を楽しもうという「ボディメンテナンス習慣推進プロジェクト」は、ボディメンテで身体を整えつつ、JTBが組んだオリジナルツアーに行こうというもの。

2023年にもLINEレシートマストバイを行っていたのですが、今年は旅好きインフルエンサーのおのださん、けんたさん、志村みきさん3名にコンディションを整えて実際にツアーに行ってもらう動画を公開しています。

【ツアー購入で商品がもらえる!】

ツアーを購入すると「ボディメンテナンス習慣セット」として、ボディメンテドリンク1ケースとパンフレットがもらえるそうです。またXでのキャンペーンも行っていて、フォローアンドリポストでJTBトラベルギフト10万円分+ボディメンテドリンク2ケースが抽選で当たります。ツアーの金額が大人2名5万円前後なので、こちらを当ててツアーに参加すれば最大ボディメンテ3ケース72本がゲットできます。

きちんとストーリーのある企業コラボキャンペーンです。2年目ということで好評だったからこその続投で、コラボインパクトがあるということなのでしょう。

旅前コンディショニング|ボディメンテ|大塚製薬
旅前コンディショニング|ボディメンテ|大塚製薬

【動画で解説!】旅前コンディショニング|ボディメンテ|大塚製薬

#7月7日はカルピスの日|七夕の夜は水玉ドローンショー開催

#7月7日はカルピスの日|七夕の夜は水玉ドローンショー開催
キャンペーン概要七夕の日にYoutubeライブ配信が見れる。また3回に分けたXキャンペーンも行う
インセンティブ第1弾 Amazonギフト777円分 777名第2弾 カルピスオリジナルグッズ 合計77名第3弾 生配信にて、梶裕貴さんによる投稿読上げ&梶裕貴さんのオリジナルチェキをプレゼント 10名
使用SNSX

キャンペーンのポイント

【7月7日はカルピスの日!】

カルピスは1919年7月7日の七夕に発売されたことから、7月7日を「カルピスの日」としています。今年で発売105周年を迎えるのですが、恒例となった七夕プロモーションは、発売90周年を迎えた2009年からスタート。デジタルプロモーションはもちろん、社長をはじめ多くの社員が全国各地の店頭に立ち、来店客に直接「カルピス」の価値を伝えています。

2023年は星を見つけて願いごとというストーリーで、店頭や各SNSなどを回遊させてポイントを貯めていくスタイルでしたが、2024年はYoutubeライブ生配信とドローンでのライトアップショーをメインとしています。

イベント配信で当日を盛り上げていくのをメインとしていて、より7月7日を強調できています。

【イベント+生配信でその日を特別に!】

Xキャンペーンでは、フォローして引用リポストでカルピスを楽しんだり乾杯したりする写真を投稿するものや、甘酸っぱい思い出を投稿するものを行いました。さらに、Youtubeライブで声優の梶裕貴さんがその投稿を読み上げてくれるという、梶さんファンをがっちり7月7日に拘束するコンテンツもあり、Xとも連携取れてます。

イベント+生配信でその日を特別にするという施策になっています。夜空に浮かぶドローンを見ながらカルピスを飲んで、7月7日は七夕でありカルピスの日だという印象を強くしています。

#7月7日はカルピスの日|七夕の夜は水玉ドローンショー開催
#7月7日はカルピスの日|七夕の夜は水玉ドローンショー開催

【動画で解説!】#7月7日はカルピスの日|七夕の夜は水玉ドローンショー開催

TH!NK THE BALL PROJECT

TH!NK THE BALL PROJECT
キャンペーン概要気候変動とは何かを知ってもらうためのJリーグ気候アクション検定2024に挑戦。
インセンティブ合格すると応援するクラブからオリジナルのデジタルリワードがもらえる
使用SNSなし

キャンペーンのポイント

【気候変動のクイズ検定でクラブを応援!】

NTTグループとJリーグがスタートしたTH!NK THE BALL PROJECTでは、「気候変動がフットボールに与える影響」、「気候変動に対するスポーツ界の取り組み」を知ってもらうためのクイズ検定コンテンツを提供しています。気候変動によりスポーツが脅かされているという課題を、地域の皆さまとともに解決していきたいという意図になっています。

毎週追加される検定は、15クラブの中から応援するクラブを選んで回答。合格すると、そのクラブから気候アクションライセンスというD級~S級デジタルリワードがもらえ、合格者数とSNS拡散数は各クラブの得点となって、クラブのランキングに反映される仕組みで地域同士のバトルになっています。

【ユーザー参加型の啓蒙コンテンツ!】

今後はNTTが提供する、日々の行動が好きなコミュニティの応援につながるアプリ「fowald」に機能追加させ、アプリを通じた気候アクションの活動証明やNFTリワードの獲得など新しいことにもチャレンジしていくようです。

クイズ検定で気候問題を啓蒙しつつ、サッカーの応援とランキングでの競争心を煽って参加モチベーションを上げています。啓蒙コンテンツはただ知ってほしいというだけに終わってしまいがちですが、うまくみんなを巻き込んでいます。

TH!NK THE BALL PROJECT
TH!NK THE BALL PROJECT

【動画で解説!】TH!NK THE BALL PROJECT

豊岡鞄とつくる 夢のかばんProject

豊岡鞄とつくる 夢のかばんProject
キャンペーン概要18歳以下限定で、夢のカバンデザイン案をSNSに投稿する。
インセンティブ入賞した方には実際に豊岡の工場で鞄作りの参加でき夢のカバンが作れる
使用SNSX、Instagram

キャンペーンのポイント

【子供たちのデザイン案がカバンに!】

豊岡鞄を中心に、子どもや未来のものづくりの担い⼿に、ものづくりの魅力を知ってもらいたい『豊岡鞄とつくる「夢のかばん」プロジェクト2024』が発足しました。

自由な発想で描かれた「夢のかばん」のデザインやアイデアを、豊岡鞄のプロジェクトチームが豊岡鞄の品質基準を満たすべく素材や製法、仕上げにこだわり形にしてくれるプロジェクトです。

デザイン案の募集は、その場で応募できる子供向けお絵描きワークショップや、SNSではX、Instagramでハッシュタグ投稿してもらうというのを行っています。デザイン案を作らねばならない、かつ応募対象者が18歳以下と非常にハードルが高いので、19歳以上の方や絵が苦手な人向けに、アイデアコメント投稿で豊岡鞄が当たるSNSキャンペーンも実施しています。

【SNSで広げたらもっと盛り上がる!?】

プロジェクトの参加ハードルが高い分、条件の低いアイデアコメント投稿の方はプロジェクトの認知拡大方面に振っても良かったのではと思います。

アイデアだと一方通行になりがちなので、「かばんあるある」や「思い出のかばん」のような共感できて、口コミ投稿でユーザー同士のコミュニケーションが活性化するような形だと、かばんから離れずに認知拡大に寄与できそうです。

実際のハッシュタグをみていくと、Xでは結構な数投稿があり、フォロワーの多いInstagramでは投稿が少ない状況。自分のイラストを乗せるというのがInstagramだとハードルになっていそうです。「一緒に過ごしたかばん」のような写真映えしそうな方向に持っていくと盛り上がるかもしれません。

豊岡鞄とつくる 夢のかばんProject
豊岡鞄とつくる 夢のかばんProject

【動画で解説!】豊岡鞄とつくる 夢のかばんProject