n2p blog

キャンペーンやSNSの
"ためになる"情報を
執筆しています。

胃にはLG21♪習慣 キャンペーン

胃にはLG21♪習慣 キャンペーン
キャンペーン概要対象商品のフタを開けて撮影し、応募シールをためて「明治プロバイオヨーグルトギフト券」に応募できる
インセンティブ明治プロバイオヨーグルトギフト券 210名 1名につき5枚
使用SNSLINE

キャンペーンのポイント

【フタを外してスマホでスキャン!】

ARを活用したマストバイキャンペーンが最近増えてきています。本キャンペーンは、AR側でロゴとパッケージの形をトリガーにしてデジタル応募シールがもらえる仕組み。お店のパッケージで貯める人が出ないよう、フタは開けて撮影してもらうようにしています。

キャップを取っているかの認識はARだと難しそうですが、実際にやってみるとロゴと形とキャップもしっかりチェックできていました。

【自販機対応もできる!】

キャップを開けたパッケージを洗っておいておけば、明日でもまたポイントが付与されるというネガティブはあるのですが、性善説に則って、毎日買ってほしいリピート施策であります。

また、流通が自販機が多いなどの場合、購買証明が出てこないものの場合にも効果的ですし、定期便などでも使えますので良いやり方です。

胃にはLG21♪習慣 キャンペーン
胃にはLG21♪習慣 キャンペーン

【動画で解説!】胃にはLG21♪習慣 キャンペーン

夏に備えろ!ネツナレろ!限定AR公開中! | ポカリスエット×初音ミク コラボプロジェクト 公式サイト | 大塚製薬

夏に備えろ!ネツナレろ!限定AR公開中! | ポカリスエット×初音ミク コラボプロジェクト 公式サイト | 大塚製薬
キャンペーン概要ARでの運動メニューを提供することにより汗を掻く習慣をつけて暑さに慣れてもらおう
インセンティブX公式アカウントをフォローしてハッシュタグ投稿すると抽選でオリジナルグッズが当たる
使用SNSX

キャンペーンのポイント

【VRキャラクターと運動できる!?】

元気に夏を迎えるためには、汗をかく習慣をつけて暑さに慣れておくこと=”ネツナレ”することが大切ということで、「ネツナレろ」というキーワードで5年目となる熱中症対策デジタルプロモーションです。

バーチャルシンガーとLeo/needメンバー、初音ミクをはじめ、MEIKOやミライアカリ、YuNi、富士葵、星乃一歌といった人気のバーチャルタレント達が2019年12月頃からアンバサダーを務めています。

今年は汗をかく習慣をつけるということで軽い運動をさせるべく、キャラクターを活用したARでのネツナレメニューをこなしてもらう内容です。ポカリにARをかざすとキャラクターと共に運動メニューを出してくれ、曜日ごとに登場するキャラとメニューが変わる仕様になっています。

【UGCキャンペーンも!】

みんなが実践した「ネツナレ」につながる活動をXに投稿するUGCキャンペーンも行っています。ハッシュタグが「ネツナレミッション_DAY1」となっていて、7日間投稿してくれた人にだけ当たるTシャツがあります。まずは1週間やってもらいたいということなのでしょう。

キャラクター推しのみでプロモーションを終わらせず、実際に運動させるまで持っていっているのがすばらしいです。ヴァーチャルキャラクターとARは相性が良く、そこにポカリを起動スイッチとすることで購買にもつなげているあたりもさすがです。

夏に備えろ!ネツナレろ!限定AR公開中! | ポカリスエット×初音ミク コラボプロジェクト 公式サイト | 大塚製薬
夏に備えろ!ネツナレろ!限定AR公開中! | ポカリスエット×初音ミク コラボプロジェクト 公式サイト | 大塚製薬

【動画で解説!】夏に備えろ!ネツナレろ!限定AR公開中! | ポカリスエット×初音ミク コラボプロジェクト 公式サイト | 大塚製薬

mini-more perfume | ミニモアパフューム「あなただけの愛すべき一瓶を」

mini-more perfume | ミニモアパフューム「あなただけの愛すべき一瓶を」
キャンペーン概要対象商品のシールを読み込むとオリジナル動画とARフォトフレームがもらえる。同時にレシートキャンペーンも
インセンティブ購入レシート撮影し応募すると抽選で8名様にサイン入りのチェキをプレゼント。
使用SNSなし

キャンペーンのポイント

【推しと一緒に写真撮影!】

2.5次元舞台やミュージカルで人気の俳優の高橋健介さん・小西成弥さんを全面に据えて、ミニモアパフュームを買うとお二人のオリジナル動画とARフォトフレームのデジタル特典を受け取ることができるデジタルプロモーションです。

オリジナル動画は縦型画面をフルに活用し、その場にいるような雰囲気を演出していたり、ARフォトフレームでは高橋さんや小西さんと一緒に写真撮影した気分を味わえたりと、ファンなら垂涎の内容になっています。

特典は全5種で購入後にランダムで1種を受け取るガチャ仕様なため、コンプするには大体の確率で11個の購入が必要そうです。ガチャではなくそれぞれの香水にインセンティブをつけたほうが発狂する人がいなくていいのではと感じました。

【マストバイを並行して二本走らせている】

購買キャンペーンに加え、レシートマストバイキャンペーンも行っています。

レシートキャンペーンはキャンペーンシールがついていない商品も対象で、流通的にシール付き商品がなかった場合のユーザー救済なのでしょう。シールも印刷代がかかるので、レシートキャンペーンだけにして、レシートを送ってくれたらランダムでオリジナル動画とARフォトフレームのデジタル特典が届く、さらに抽選でWチャンスというスキームで良かったのではと思いました。

おそらくはシール案が先に通り、だいぶ進んでから対象商品がない場合の対応策を求められ、やむなく追加したパターンな気がします。

mini-more perfume | ミニモアパフューム「あなただけの愛すべき一瓶を」
mini-more perfume | ミニモアパフューム「あなただけの愛すべき一瓶を」

【動画で解説!】mini-more perfume | ミニモアパフューム「あなただけの愛すべき一瓶を」

#環奈と乾杯

#環奈と乾杯
キャンペーン概要カンパイボタンを押すとカメラが立ち上がり橋本環奈が現れカンパイしてくれる。カンパイを押すたびにカウントアップされて100万人達成を目指す。
インセンティブLINE連携で1日1回インスタントウィンを回せて、3,000名にドライクリスタルが当たる。
使用SNSLINE

キャンペーンのポイント

【ボタン押して乾杯!動画生成コンテンツ!】

カンパイボタンを押すと、カメラが立ち上がり橋本環奈が現れ乾杯してくれるキャンペーンで、このカンパイ数の100万人達成を目指すスキームになっています。すでに100万人を突破し、キャンペーンサイトにはおめでとう動画と100万人達成ヘッダーが掲載されています。

通常はAR.jsなどでカメラとグリーンバック動画で合成された拡張空間で自分のドライクリスタルを机の上において乾杯ができるようになっていますが、今回は橋本環奈のサイズを変える事ができないことから動画合成によるAR風の空間になっていることが分かります。

【派手にできそうなところを削ぎ落として無駄がない!】

スペシャルサイトではLINE連携で一日一回インスタントウィンを回せ、当落にかかわらず限定のメイキング動画が視聴できます。

購買やパッケージ認識なども不要なことから、LINE登録がメインとなっていることがわかります、パックマンARやAIを使用したりと、派手な施策をしてきたドライクリスタルですが、今回は削ぎ落として無駄がないという印象で、キレがあります。

カンパイ数はリアルタイムで更新されており、Xシェアボタンから投稿できる仕組み。ポチッと押すとかなりドライなシェア用の文言がでてきますが、クリスタルドライだからでしょうか

#環奈と乾杯

【動画で解説!】#環奈と乾杯

スキャンして当たる!七福神キャンペーン

キャンペーン概要LINEにログインして商品をARでスキャンするとポイントが貯まるマイレージ式マストバイキャンペーン
インセンティブ集めたポイント数に応じて抽選に応募でき、賞品またはLINEポイントが当たる
使用SNSLINE

キャンペーンのポイント

【1日1回限定スキャンで消費を促す】

ヤクルト1000とヤクルト400WのパッケージをLINEでスキャンするとポイントが加算され、プレゼントに応募できるというキャンペーンです。1つの商品で何度もスキャンするのを防ぐため、読み取り回数を1日1回に制限しています。

商品パッケージやバーコードを1日1回スキャンさせるような施策は、飲み物や調味料など、毎日消費するものとの相性が抜群。スキャンすることをきっかけに商品を想起させ、消費を促すことができます。

【WEBARのオブジェクトトラッキングを活用!】

ヤクルトのスキャンには、アプリのインストールが不要なWEBARが使われています。

WEBARは、画像や平面などを認識させ、それをきっかけに物体を表示することが可能。本キャンペーンでは、特徴のある物体の形そのものを認識対象とするオブジェクトトラッキングを使用しています。

画像認識と比べて、あらかじめ対象のスキャンが必要になるなど工数は必要ですが、AR,jsなどでも作成可能です。

【動画で解説!】スキャンして当たる!七福神キャンペーン

キャンペーンまとめblog

【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2024/2/26-3/1

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、企画と制作でどこがタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。まとめ記事はこちらから