fbpx

【SNSで拡散もできる】マストバイキャンペーンガイド

キャンペーンを実施する上で多くの方が「マストバイキャンペーン」という言葉をよく耳にすると思います。購買を参加条件とした販売促進活動で昔から使われているマーケティング手法です。

しかし、現在は従来にはなかったSNS活用が重要な鍵となっています。従来のマストバイキャンペーンは、コストや手間がかかっていました。デジタルを使用することでこのような課題が解決し、SNSを活用することで拡散力が増し、マストバイキャンペーンの影響力が従来よりも高くなっています。

 

本資料では、マストバイキャンペーンの効果・特徴を説明した上で、従来よりもコストがかからず、影響力がある「SNSマストバイキャンペーン」について、実際の事例を交えつつご説明します。

 

※ホワイトペーパーのダウンロードはこちらになります。

 

本資料のアジェンダ

 

マストバイキャンペーン

このセクションでは、マストバイキャンペーンとはなにか、SNSマストバイキャンペーンの効果、従来マストバイキャンペーンとデジタルマストバイキャンペーンの違いなどを解説しております。

 

従来のマストバイキャンペーンは、拡散力や、応募のしやすさ、コストがかかることなどが課題でした。デジタルやSNSを活用することで、コストをかけずに、従来よりも多くの人にキャンペーンを認知してもらうことができます。

どのようにSNSやデジタルを活用するかが鍵になります。

 

マストバイの構成要素

このセクションでは、マストバイキャンペーンの仕組みを解説しております。

マストバイキャンペーンの仕組みは

①購入証明をどうするか

②購入証明をどう送付するか

③どのように抽選するか

④プレゼントをどうやって送るか

の4つのプロセスに分けられます。

この4つの要素を商品や、ターゲットによってどう構成するかが重要になります。

 

目的別事例

このセクションでは、「インセンティブでブランディング」「ポイントシステムで商品購入の習慣化」「レシート×〇〇で認知拡大と購買促進を同時に」などテーマを決め、そのテーマに沿った事例を抜粋して紹介しております。

 

 

  • 商品・サービスの販売促進をしたい!
  • SNSの拡散力を利用してマストバイキャンペーンをしたい!
  • 従来のマストバイよりコストをかけずにやりたい!

という方はぜひご一読ください!

※ホワイトペーパーのダウンロードはこちらになります。

2021-10-21T20:02:57+09:00