n2p blog

キャンペーンやSNSの
"ためになる"情報を
執筆しています。

【最新情報】X(Twitter)キャンペーンとは何?厳選事例5選と共に、キャンペーンの種類から成功の秘訣まで徹底解説!!

【広告担当者必見】Twtterキャンペーンを徹底分析!メリットや成功のコツを大公開

昨今、企業のマーケティングにおいてSNSの活用が当たり前の時代に突入しており、X(Twitter)を活用したキャンペーン施策によるプロモーションが主流になりました。

しかし、X(Twitter)キャンペーンの種類はとても多く、戦略も多種多様。

どんなX(Twitter)キャンペーンが自社にあっているのかわからない

そもそもX(Twitter)キャンペーンの種類をみただけではどんな内容なのか想像がつかない」このような悩みを抱えている方は少なくないのでは?

本記事は、X(Twitter)キャンペーンの種類の解説、実際の X(Twitter)キャンペーン事例、キャンペーン成功の秘訣を解説しています。こちらを読むだけで、自社に合ったX(Twitter)キャンペーンが見つかること間違いなしです!

X(Twitter)(ツイッター)キャンペーンとは

X(Twitter)キャンペーンとは、X(Twitter)上で行われる企業のブランディングや商品認知などを目的とした宣伝活動です。X(Twitter)キャンペーンではアカウントのフォローやリツイート、ハッシュタグ投稿などに対して特定のインセンティブ(自社商品やクーポンなど)が提供されます。

X(Twitter)(ツイッター)キャンペーンの目的

そもそもなぜX(Twitter)キャンペーンを行うのでしょうか。キャンペーンを通して得られるものには以下のものが挙げられます。

  • フォロワーの獲得(アカウントの認知)
  • サービスや知名度の向上
  • 自社ブランディング

X(Twitter)(ツイッター)キャンペーン6種類を解説

X(Twitter)キャンペーンには以下のような種類があります。

  • フォロー&RTキャンペーン
  • いいね&RTキャンペーン
  • ハッシュタグ投稿キャンペーン
  • インスタントウィン
  • マストバイキャンペーン

一番メジャーな形はフォロー&RTキャンペーンでしょう。そのためフォロー&RTキャンペーンばかりに目が行きがちですが、プロモーションの目的に応じてそれぞれの種類を使い分ける必要があります

⒈フォロー&RTキャンペーン

ユーザーにフォロー&RTを課すキャンペーンです。企業の公式アカウントをフォローし指定のキャンペーン投稿をリツイートすることで応募完了となります。

X(Twitter)の特徴である拡散力の高さから、認知度獲得やフォロワー獲得に大きな効果が期待できます。 さらにユーザー側も手軽に参加できるためキャンペーン参加の敷居を格段に低くすることができ、キャンペーンツイートを広く拡散させることが可能です。場合によっては爆発的に拡散され(バズる)X(Twitter)トレンドに入ることで拡散が加速される可能性も秘めています。

⒉いいね&RTキャンペーン

フォロー&RTキャンペーンににているが最近トレンドになりつつあるのがこのいいね&RTキャンペーンです。

X(Twitter)のアルゴリズムが変わり、投稿がタイムラインに表示されるにはRTやいいねなどのエンゲージメントが重要視されるようになりました。これによって、マーケティングにおけるいいねの重要さが増しました。それを生かしたのがこのいいね&RTキャンペーンです。

⒊ハッシュタグ投稿キャンペーン

ユーザーに特定のハッシュタグをつけた投稿を課すキャンペーンです。特定のハッシュタグをつけてテキスト・画像・動画を投稿することで応募完了となります。 「#(ハッシュタグ)」をつけた投稿を行うだけという簡単さから気軽に参加できる点が良いです。

⒋インスタントウィン

フォロー&リツイートキャンペーンの派生としてインスタントウィンという形があります。指定された条件を満たす(フォロー&リツイートなど)ことで自動返信によって直ぐに賞品の抽選結果が分かるというキャンペーンです。

⒌マストバイキャンペーン

キャンペーン対象品を買って、そのレシートを使って応募するマストバイキャンペーン。このキャンペーンを行うことで、商品の購買促進をすることができます。またユーザー側は、面倒なフォームの記入などが無く、参加障壁が低いキャンペーンです。

X(Twitter)キャンペーン事例6選

⒈#ミネストローネで乾杯キャンぺーン|アサヒビール

アサヒビールとカゴメがコラボしたキャンペーン。フォロー&RTで2社の飲料の詰め合わせセットに応募できます。

ただのフォロー&RTキャンペーンでなく、当選確率アップの施策を設けたり、またそれを確認するために画像をタップさせたりするという工夫があったことで普通のフォロー&RTよりも拡散力がありました。

キャンペーンの種類フォロー&RT
キャンペーンの実施期間2022年9月30日〜2022年10月13日
参加条件公式アカウントのフォロー&RT
プレゼント内容トマトで乾杯詰め合わせセット
当選者数100名
RT数9,890
いいね数1,646
メリット参加障壁が低い
デメリット懸賞用アカウントからの参加が目立つ

お役立ち情報|【徹底解説】フォロー&RTキャンペーンの効果と型

⒉ONE PIECE FILM REDコラボ記念パズドラ

大人気ゲームパズドラとワンピースのコラボキャンペーン。ツイートのRTと公式アカウントのフォローでQUOカードが当たります。それとは別に一定数のいいねが集まるとユーザー全員へのインセンティブもあるキャンペーンです。

フォローとRTだけでなくいいねも効果的に集めることでX(Twitter)のアルゴリズムを利用してより多くの人のタイムラインに表示されるように工夫されたキャンペーン。X(Twitter)のアルゴリズムの変更に伴い、いいねとRTを使ったキャンペーンが最近増えてきています。

キャンペーンの種類いいね&RT
キャンペーンの実施期間2022年9月1日〜2022年9月12日
参加条件投稿のいいね&RT、公式アカウントのフォロー
プレゼント内容ゲーム内ガチャ無料券QUOカード5000円分
当選者数ガチャ無料:全員QUOカード:30名
RT数7.5万
いいね数15.2万
メリット類似フォロワーへの拡散
デメリット懸賞用アカウントからの参加が目立つ

関連記事|【効率的に抽選】ツールを使ってX(Twitter)キャンペーン成功へ

⒊本物の #ファミチキ先輩を探し出せ ファミリーマート

ファミリーマートはハッシュタグキャンペーンをよく行っています。また、キャンペーンごとにハッシュタグを作っています。ハッシュタグキャンペーンを行うことでファミリーマートのアカウントをフォローしていない人も他の人のハッシュタグ投稿を見ることでキャンペーンを認知することができるのがメリットです。

さらにファミリーマートは画像自体に画像をタップと書いて、タップすることで参加方法を表示するという工夫を行っている。画像のタップはエンゲージメントを向上させてタイムラインに表示されやすくなるので面白い工夫になっています。

キャンペーンの種類ハッシュタグ
キャンペーンの実施期間2022年9月27日〜2022年10月3日
参加条件公式アカウントをフォローA~Fの画像からファミチキ先輩を見つけてそのアルファベットを指定ハッシュタグをつけて投稿
プレゼント内容ポテトチップスファミチキ味
当選者数15名
RT数2,245
いいね数1,675
メリット・クチコミの収集ができる
・類似フォロワーへの拡散
デメリット投稿しなければならないので参加率が下がる

ハッシュタグキャンペーンの他の事例はこちら

あなたにおすすめ

⒋#ミニ関暁夫の格言ガチャ|テレビ東京

やりすぎ都市伝説が行ったインスタントウィンキャンペーン。公式アカウントのフォローとRTをすると応募ができます。応募が完了するとすぐに関さんの抽選結果動画が届くという内容。さらにやりすぎ都市伝説おなじみの「666」にちなんで、6のゾロ目を越えるごとに当選者が増えるといった施策で効果的にRTを促しています。

キャンペーンの種類インスタントウィン
キャンペーンの実施期間2023年7月19日〜2023年7月21日
参加条件公式アカウントのフォロー&RT
プレゼント内容Amazonギフト券
当選者数84名
RT数1.3万
いいね数4683
メリット・エンタメ性があって参加率が高い
・結果がすぐわかるので参加者の待ち時間が減る
・オンライン完結のため運用コストが低い
デメリット参加者の手間が多く、参加率が下がる

お役立ち情報|【完全版】インスタントウィンの仕組みと型を解説!

⒌ #CokeSTUDIO最前列への招待状|コカ・コーラ

「コカコーラからはじまる音楽体験」をコンセプトに音楽ファンをターゲットに積極的に売り出しを図るコカ・コーラ。プレゼントグッズも夏フェスや音楽を楽しむためのヘッドフォン、保冷バッグ、アーティストとのコラボグッズなどが展開されています。他にも#CokeSTUDIO関連のさまざまなプロモーションが実施されてて、盛り上がりを見せています。

キャンペーンの種類マストバイ
キャンペーンの実施期間2023年6月5日〜2023年12月3日
参加条件購入した対象商品のラベルに記載のQRコードから応募
プレゼント内容CokeSTUDIOライブのチケット、曜日で変わる夏グッズ
当選者数計12,500名
RT数544(2023年6月14日の告知ツイート)
いいね数4416(2023年6月14日の告知ツイート)
メリット・参加方法が簡単で参加障壁が低い
・商品の購入促進ができる
デメリット商品購入のコストがユーザーにかかる

マストバイキャンペーンの他の事例はこちら

X(Twitter)キャンペーン成功のための秘訣をキャンペーン企画のプロに聞いてみた!

ここまではX(Twitter)キャンペーンがどのようなものなのか、事例と共に解説してきました。では、実際にX(Twitter)キャンペーンを成功させるためにはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。今回はn2pのディレクターである竹林さんに聞いてみました!

-竹林 諒-

2020年株式会社NONAME Produce入社。ディレクターとして、SNSを使用したキャンペーンを中心に150件以上のキャンペーンを制作。より安全に、効果のある施策を提供すべく日々研究中。

ーーX(Twitter)キャンペーンの計画において、主催する側はどのようなことを考慮すべきですか?

竹林:

まず、目的とゴールを設定しましょう。目的はフォロワーの増加なのか、購買につなげることなのか、細分化して徐々に進めることが重要です。いきなり購買を促すのはハードルが高いため、まずはインプレッションを伸ばすことから始めましょう

ゴールについては、X(Twitter)のアルゴリズムを意識して設定するとより効果的な目標設定ができます。

参考記事|X(Twitter)表示アルゴリズムから考える最新キャンペーンを事例とともに解説!

次に、ユーザーフローをわかりやすくすることが重要です。

参加方法がややこしいと、ユーザーは「めんどくさい」と思ってしまうこともあります。ユーザー第一で参加しやすいキャンペーンを作ることを心がけています。

それから、インセンティブは重要な要素です。

ユーザーはインセンティブを狙って参加する場合が多いですよね。アマギフなら誰でも欲しいですし、ベビーグッズならベビーの親に限定されます。ターゲットが求めているインセンティブを意識して設定できると良いでしょう。

ーー X(Twitter)キャンペーンで興味を持ってくれたユーザーをファンにするにはどのようなことが必要でしょうか?

竹林:

最も重要なのは、アカウントの通常運用を実施することです。キャンペーン以外でも積極的にアカウントを動かして、ユーザーの目に止まるようにするということです。通常運用ができれば長期的な関係構築にも繋がりますからね。

まずは、キャンペーンに参加した後、ファンユーザーがどんなツイートや情報を求めているのかを分析しましょう。

それから通常運用において重要なのはユーザーコミュニケーションを大切にするということ。

例えば、お題を出して「暑い!暑さ対策教えて」といったツイートをすると、リプライからコミュニケーションが生まれます。商品の案をユーザーと一緒に考えるなどもアリかもしれません。

一方的な情報提供にならないようにしましょう。双方向からのコミュニケーションが大切です。

現在のX(Twitter)では、フォローしただけではTLに表示されません。しかし、キャンペーンで表示されたり、返信されたりするとX(Twitter)アルゴリズムにおいていい評価が受けられます。

ーー X(Twitter)キャンペーンにおいて、ユーザーに面白い!と思ってもらうためにはどのような戦略が重要ですか?

竹林:

商品と打ち出しの親和性が重要です。

例えば、JRAが打ち出しているさまざまなコラボキャンペーン。競馬とは関係ないようなコンテンツとコラボすることで、「よくわからない」というユーモアを生み出すことができています。

JRA×なかやまきんに君 | 馬ッスル杯

参考事例|JRA×なかやまきんに君 | 馬ッスル杯​​

ーーこういったものを考え出すのは非常に難しそうですね。

大事なのはユーザー目線で考えることです。ユーザーが楽しんでいる姿を想像し、その姿に合った内容を提供しましょう。

その上で仕組みや行動心理に着目しましょう。

例えば、#本田とじゃんけんでは、勝率98%の本田圭佑とじゃんけんをするコンテンツですが、「本田がめっちゃ強いからみんな挑戦して」というストーリーを組み込むことでユーザーに本田選手に挑戦したいと思わせています。

また、ユーザーが他の人に教えたくなるような要素があると良いです。面白いものや自分のネタになるような要素、診断などが人気です。

参考事例|#本田とじゃんけん

リアルやオフラインでの体験を取り入れることも重要です。King Gnuのシークレットライブなどが参考になります。イベントを開催することで、ユーザーに強烈な印象を与え、より深い関わりを持ってもらえます。

参考事例|Red Bull × King Gnuが仕掛ける前代未聞のシークレットライブ

ーーX(Twitter)キャンペーンを成功させるために、多くのユーザーに応募してもらう具体的な戦略があれば教えてください。

まず広告配信プランをしっかり立てる。ユーザー層や使用SNSなどのキャンペーンの特性を踏まえて、届けたい層に届くような広告を打ち出しましょう。

それからインプレッションを高めるための工夫や仕組みを取り入れることも大切です。例えば、キャンペーンのハッシュタグをトレンドに載せるための工夫を取り入れるとか。また、MCソラマチ店のように謎解き問題を取り入れることも効果的です。

参考事例|マクドナルド×おしりたんてい謎解きキャンペーン

またここまでの全ての質問に共通することですが、過去のキャンペーンの分析は絶対に必要です。

過去の成功事例から学び、自社のキャンペーンと比較する。そして、応募を増やし、ファンを増やし、成功に繋げるための戦略を考えていくことで、自社のキャンペーンのクオリティを高めていきましょう。

X(Twitter)(ツイッター)キャンペーンの注意事項

X(Twitter)のガイドライン

X(Twitter)キャンペーンには、「特定のアカウントのフォロー&リツイート」「指定のハッシュタグをつけてツイート」を応募条件とするものが多くあります。

アカウントのフォロー数を増やすことができ、X(Twitter)ユーザーへの拡散も期待できる便利なものですが、X(Twitter)社が定めるガイドラインに準拠する必要があることも頭に入れておいてください。

Twitter社は、以下のルールをキャンペーンの実施についてのガイドラインとして定めています。

複数アカウントを作成させない

X(Twitter)社は複数アカウントの作成を禁止しています。 キャンペーンの当選確率を上げるために多数のアカウントを作るユーザーがいますが、複数のアカウントから応募した場合全てのアカウントが凍結され応募資格を失います。キャンペーンの主催者側は注意事項としてこの旨をユーザーに伝える必要があります。

繰り返し同じツイートをさせない

全く同じ、もしくはほぼ同じ内容のテキストやリンクを複数回投稿することはX(Twitter)のルールに反します。さらには、検索の質の低下にも繋がります。主催者側は、1日に一回以上のツイートをした者は応募資格を失うなどの条件を提示しましょう。

また、「一番多くリツイートした方に賞品を提供」など、複数投稿を勧めるような条件の設定はしないようにしましょう。

主催者の@ユーザー名を含めてツイートしてもらう

当選者を決めるには、応募者をすべて確認する必要があります。ハッシュタグだけでは全応募ツイートを確認することはできません。(検索の質の向上のため、応募ツイートは検索から外される場合もある)

そのため、投稿にキャンペーン主催者の@ユーザー名を含めるよう条件付けをしましょう。@ユーザー名が含まれていれば、通知タイムラインですべての応募を確認することができます。

キャンペーンの話題やハッシュタグを盛り込むよう推奨する

関連する「#キャンペーン名」や「#企業名」などをツイートに含めてもらうことも応募者の見落とし防止に繋がります。ただし、全く関係のない内容の投稿にこれらを追加するように推奨するとX(Twitter)のルールに反する可能性があるため注意が必要です。

上記のガイドラインはキャンペーン参加者に適切な利用を促すためのものですが、主催者側もキャンペーンを開始する前にX(Twitter)ルール検索のベストプラクティスの両方に目を通しておきましょう。

まとめ

今回は、X(Twitter)キャンペーンとは何かから、キャンペーンの種類、事例、成功のコツまで幅広く解説してきました。より効果的なX(Twitter)キャンペーンを実施するためにもまずは最後に紹介した過去のキャンペーンの分析から始めて見ることをお勧めします。

また、今回の記事でX(Twitter)キャンペーンの難しさ、自社のキャンペーンに課題があることを感じた方も多いのではないでしょうか。

X(Twitter)マーケティング総合支援サービス「BirdCall」では、キャンペーンの実施から運用、さまざまな数値分析までをこれ一つで管理することができます。

15種類のキャンペーンを実施することができる他、X(Twitter)運用の戦略策定、キャンペーンやアカウント運用の数値分析、X(Twitter)マーケティングのプロによる徹底サポートなど、X(Twitter)アカウント、X(Twitter)キャンペーンの効果を最大化させる機能が盛り沢山!!

「BirdCall」あなたのキャンペーン、アカウント運用の力強い味方になることは間違いありません!詳しくは下記バナーから!