【効率的に抽選】ツールを使ってTwitterキャンペーン成功へ!

キャンペーンの実施に便利なTwitterは、今や企業の宣伝ツールとして欠かせない存在となっています。

今回はキャンペーンを行なった際に使えるTwitterのツールを、

  • 分析用ツール
  • 個人キャンペーン向けツール
  • 企業キャンペーン向けツール

に分けて紹介していきます!

Twitterキャンペーンとは?

Twitterキャンペーンは大きく次の二つの型に分けられます。まずはこの二つの違いを見ていきましょう!

PR型

商品やサービスの認知を高めたい際に行われるものを指します。Twitterならではの拡散力を利用し、効率的に行う事ができます。

販促型

特定の条件を付けて割引クーポンを配布したり割引にするなど、売上を上げたい際に行われるキャンペーンを指します。
上記の条件には、対象ツイートをRTで◯%OFF、指定の#(ハッシュタグ)をつけてツイートすると抽選で◯名にクーポン配布、などがあります。

キャンペーンツールを利用するメリット

ツールで自動化することにより、キャンペーンにかかる手間時間ミスを削減する事が出来ます。

抽選を行なった際には、大勢の応募者の把握や当選者への通知が圧倒的に楽になりますし、誤送信も防ぐことができます。

また、それぞれのツールオリジナルの機能を使い、個別抽選やランダム抽選にするなど、当選の基準を詳細に決めることもできます。

分析用ツール

Twitterアナリティクス(無料)

ツールを使わずとも、Twitter for BusinessではTwitter上で簡単にデータを見ることができます。まずはこれをチェックすることから始めてみましょう!


ホームでは、ツイートの月ごとの大まかな統計値が表示されます。ツイートの中から高い成果を出しているツイートを表示し、つながりを持つユーザーの中から特に影響力のあるユーザーを紹介します。


ツイートアクティビティ管理画面では、Twitterユーザーがツイートを見た回数、リツイートした回数、いいねした回数、返信した回数をツイートごとに正確に把握できます。


オーディエンスインサイト管理画面では、フォロワー数の増加傾向を把握し、フォロワーの興味関心や属性について情報を得ることができます。

Social Insight(有料)

クチコミ分析、SNS効果測定、レポート作成、投稿配信といった面倒な作業をサポートしてくれるツールです。


ネガポジや発言したユーザーの推測属性や地域分布も集計します。


自社名・製品名がバズったときに自動で通知してくれるアラート機能もあり、炎上を察知し風評被害を回避することもできます。


全国ユーザーの投稿時間のデータをもとに、相対的に投稿すべき時間帯を調査することも可能、と痒い所に手が届く便利ツールです。

user chart(無料)

user chart画像

利用しているソーシャルメディアを連携して各メディアの詳細なインパクトの抽出が可能になります。


他にも、トータルレベル(連携して頂いているソーシャルメディアの影響力を総合的に判断したインパクト)、ユーザーの傾向、アカウントの発言傾向などを視覚化できます。よくつぶやく単語、よく呟つぶやくブランドをランキング形式で見ることもできます。

個人向けキャンペーンツール(全て無料)

あたるぞ

ベータサービス期間中は個人の企画者は完全無料、というのが嬉しい抽選ツールです。


ツイートデータを蓄積し続けることで、一週間以上のキャンペーンや上限のないデータ取得が可能なため、大型のキャンペーンに対応しています。


ツイートデータを収集する際に用いる検索ワードを調整することができます。本機能を活用することで、リツイートではなくハッシュタグのみを検出対象としてツイートを収集することが可能です。


参加者のTwitter登録日時によるフィルターや無効なアカウントを指定して抽選から除外する事が可能です。

ついせん

他のリツイート抽選サービスとの違いとして、「ついせん」には、RT数と抽選期間の制限がありません。


1万リツイートでも問題はありません。抽選期間は1ヶ月でも対応できます。抽選登録後から抽選締切りまで、特にボタン等を押す必要がありません。


「ついせん」ではリツイート対象のツイートをした直後に抽選の登録を行います。


シンプルで使いやすく個人向けなツールと言えます。


※2019.06.22現在、利用者数が無料で使用できる範囲を超えてしまったため新規受付を停止しています。現在サービスの再作成のため改良中だそうです。

企業向けキャンペーンツール(全て有料)

RTWIN

オートリプライシステムで、すぐにリプライが届き、その場で当選/落選が分かります。参加してもらいやすく、リアルタイムでの盛り上がりも出やすいです。


投稿→参加確認→抽選→DM配信まですべて自動です。一度初期設定を済ませたら、毎日の運用は自動で行えます。


当選確率をリアルタイムで変更、シリアルコード配布、レポートなどキャンペーン効果の向上機能、NGワードやブラックリスト、キャンペーン期間中の二重当選防止などのサポート機能が充実しています!

ATELU

キャンペーンにおいてもっとも手間のかかる応募者抽出・当選者選定・当選メッセージ(DM)配信までをすべてツールで解決します。


直観的に理解できる、わかりやすいユーザーインターフェースですぐに扱うことができます。不明点や不具合は、ツール上のチャットからサポート担当へ直接質問することができます。


即時抽選あり/なし両方に対応しているためキャンペーンに合わせて適切な方を取り入れましょう。

SmartRT

キャンペーン設定最大で公式アカウントを10個まで登録できる他、収集除外リストで特定のアカウントを収集から除外したり、キャンペーンツイートが何名のタイムラインに表示されたかを推定できます。


キャンペーン実施に必要なタスクを 網羅的にシステム化できます。十分な予算をクリエイティブや広告費に回すことで、更にインパクトの強いキャンペーンを実施できます。

キャンつく

業界最安値の初期5万円/月額5万円とリーズナブルな価格で取り入れやすいです。


フォロワー増加数、応募ツイート数、リーチ数などのレポートが日別のグラフで確認できます。またCSVデータをダウンロードすることも可能です。


また、カスタマイズ可能なフォームでプライバシーを守りながら必要に応じた個人情報を取得することができます。


「キャンつく」はTwitter向けだけでも for Twitter/for リツイート/for インスタントウィン の3種類があり、目的に合わせて最適なツールを選ぶことができます。

まとめ

使えそうなツールは見つかったでしょうか?

今回紹介したものはどれもTwitter向けですが、それぞれ独自の機能が盛り込まれています。

個人向けで紹介した無料ツールはシンプルで素早く抽選を行うことができます。

それに対し、企業向けのツールは有料なだけあって、より詳細なデータを収集でき今後のクリエイティブにもつなげられます。

目的にあったツールを見つけてTwitterキャンペーンを成功させましょう!

デジタルマーケティングで最近気になることはありますか?

2019-07-03T17:36:02+09:00