n2p blog

キャンペーンやSNSの
“ためになる”情報を
執筆しています。

X(Twitter)のアンケートキャンペーンとは?5つの企業活用事例も合わせて解説!

みなさんは、アンケートに答えて賞品をもらったことはありませんか?

街頭で声をかけられても、つい賞品欲しさにアンケートに答えてしまった人も多いのではないでしょうか。

実は、X(Twitter)でもそのようなアンケートの性質を活用してキャンペーンが行われているんです。

そこでこの記事では

  • X(Twitter)のアンケートキャンペーンとは
  • アンケートキャンペーンのメリット
  • アンケートキャンペーンの企業活用事例

について解説していきたいと思います!

X(Twitter)のアンケートキャンペーンとは?

X(Twitter)のアンケートキャンペーンとは、企業がアンケートフォームを添付したツイートをし、回答してくれたユーザーに対して抽選でプレゼントを配布するといったキャンペーンです。

もう少し具体的に流れを説明します。

まず、企業は自社の知りたいことに応じてアンケートを作成します。そして、そのアンケートへのリンクを添付したツイートをすることでキャンペーンを告知します。

このツイートを見たユーザーは企業アカウントのフォローやアンケートへの回答をすることでキャンペーンに参加します。

そして、キャンペーンに参加したユーザーの中から抽選でプレゼントが送られます。

以上が基本的な流れになりますが、1つ注意したいのはX(Twitter)のアンケート機能を使う訳ではないということ。X(Twitter)のアンケート機能はいくつかの選択肢から1つの項目を選んでもらうことはできますが、十分なアンケートを取るには少し物足りません。

そのため、アンケートは目的に応じて自社で作成するようにしましょう。

X(Twitter)で企業がアンケートキャンペーンを実施するメリット

X(Twitter)で企業がアンケートキャンペーンを実施するメリットは、大きく分けると3つあります。

①:マーケティングリサーチができる

1つめのメリットは、マーケティングリサーチができるということです。

アンケートの対象は、普段から企業の商品やサービスを利用しているであろう消費者です。

アンケートを実施することで、市場の意見や要望、消費者の生の声のような企業のマーケティングに使えるさまざまなデータを集めることができます。

また、アンケートの質問内容を変えることで「商品開発」「サービスの向上」「リスクの軽減」などさまざまな目的で企業のマーケティングに役立てることが可能です。

また、X(Twitter)はリアルタイム性が特徴でもあるので、アンケート結果はより最新のトレンドを反映したものになるという点も、X(Twitter)ならではのメリットではないでしょうか。

②:フォロワーを増やせる

2つめのメリットは、フォロワーを増やすことができるということです。

なぜなら、キャンペーンに参加する条件として、アンケートへの回答はもちろんですが、企業アカウントのフォローも条件に設定すればいいからです。

アンケート回答に加えて企業アカウントをフォローしなければならないので、ユーザーが参加するハードルは少し上がりますが、その分ロイヤリティの高いフォロワーを短期間で集めることが可能です。

また、フォロワーが増えたことにより、次のキャンペーンの際にはより大きな効果を狙うことができます。

③:商品やサービスの認知拡大が狙える

3つめのメリットは、商品やサービスの認知拡大が狙えるということです。

例えば、アンケートの内容を自社の商品やサービスに関するものにしたとします。

アンケート回答者は利用したことがある人のみにはなりますが、まだ利用したことがない人にもキャンペーン自体は拡散されます。

そのため、アンケートキャンペーンをきっかけに、自社の商品やサービスに興味を持ってもらえる可能性も十分に考えられるでしょう。

あなたにおすすめ

X(Twitter)のアンケートキャンペーン事例5選

事例①:Pasco超熟フォカッチャ

Pascoの超熟フォカッチャによるアンケートキャンペーン。あえてフォロー、リポストを条件とせずに、当選確率2倍というユーザーに旨味のあるギミックを取り入れることで6680リポスト(2023/2/1時点)を獲得しています。

実施期間:2023/12/04〜12/17

応募方法:クイズ、アンケート回答(フォロー&リポストで当選確率2倍)

賞品:フォカッチャ食べ比べセット

事例②:明治おいしい牛乳

明治のおいしい牛乳によるアンケートキャンペーン。こちらは「カスタムストーリー」という技術が用いられています。

外部サイトながらUIがXと似ているためユーザーが抵抗感なくアンケートに答えられるツールが用いられています。    

実施期間:2023/11/06~11/30

応募方法:フォロー&アンケート回答

賞品:明治おいしい牛乳専用グラス(100名)

事例③:キリン一番搾り

キリンの一番搾りによるアンケートキャンペーン。RTを応募条件にすることで拡散を狙っています。また、プレゼントには無料クーポンを採用することで、コストカットも実現しています。更には飲んだ感想の投稿を促すことでUGCの創出も実現しています。

実施期間:2022/8/30〜9/12

応募方法:フォロー&RT&アンケート回答

賞品:キリン一番搾り無料クーポン(30万名)

事例④:ドラえもん

ドラえもんチャンネルによるキャンペーン。限定グッズを賞品にすることで、アンケートへの回答意欲を高める工夫をしています。また、ドラえもんが好きな年齢の子どもはX(Twitter)をやっていないはずなので、ターゲットは親なのではないかと推測できます。

実施期間:2018/5/5〜5/20

応募方法:アンケート回答

賞品:VCD 耳付きドラえもん(3名)、藤子・F・不二雄ミュージアムふろしき(5名)、TVアニメDVDシリーズ「いつでもドラえもん!!」 1&2巻セット(3名)

事例⑤:株式会社カミオジャパン

株式会社カミオジャパンによるキャンペーン。珍しい1日限定のキャンペーンで、自社の商品開発の参考となるようなアンケートを実施しました。

実施期間:2019/7/24〜7/24

応募方法:アンケート回答

賞品:自社商品5点セット(10名)

X(Twitter)アンケートキャンペーン【まとめ】

今回は、X(Twitter)のアンケートキャンペーンについて、マーケティングリサーチ以外にも、フォロワー獲得や商品・サービスのPRの際にも活用できるということを解説してきました。

賞品にもそこまでのコストがかからないので、費用対効果の高いキャンペーンであることは間違いでしょう。ぜひ、今回紹介した事例を自社のキャンペーンに役立ててみてください。

また、BirdCallでは今回のような自社のアンケートを使ったキャンペーンのほか、豊富な種類のキャンペーンを実施できます!キャンペーンのプロが企画から分析まで一気通貫でサポートいたします!

ぜひ下記バナーから詳細をご確認ください!