【Twitterカードが作成できない?】カンバセーションボタンやウェブサイトカードなどの投稿方法を解説!

Twitterカードが作成できない?】カンバセーションボタンやウェブサイトカードなどの投稿方法を解説!

Twitterカード廃止

2022年4月18日Twitte社のプロダクトリニューアルに伴い、広告管理画面からカードの作成を廃止しました。

しかし従来の作成方法ではカンバセーションボタンの利用はできませんが、APIを経由すれば現在も利用が可能です。

ウェブサイトカード・アプリカードについてはAPIを経由せずに投稿する方法があるので、この記事で手順をご紹介します。

APIを経由したカンバセーションボタンを使ったキャンペーンや投稿をお考えの方はぜひご相談ください。

お問い合わせはこちらから。

ウェブサイトカード・アプリカードの投稿手順

ツイート作成画面を開く

まずは広告用アカウントにログインします。ホーム画面の左側にあるメニューから「もっと見る」→「Twitter広告」をクリックし、広告管理画面を開きます。

画面上部の黒帯部分から「クリエイティブ」→「ツイート作成画面」をクリック

ツイートを作成

・ツイート作成画面が表示されますので、投稿文を記入し「単一メディア」か「カルーセル」を選択

投稿したいカードが1つの場合は「単一メディア」を選択
投稿したいカードが2〜6件ある場合は「カルーセル」を選択
※カードタイプをメディアごとに分けることは不可能です。

・カードタイプを選択し「メディアを追加」からファイルをアップロード

※事前にメディア管理画面からアップロードをしたメディアを選択することも可能です。

プレビューで確認

ツイート作成画面の右にプレビューが表示されるので投稿前に確認しましょう。

※左下の「広告用」にチェックを入れたまま投稿すると、通常のオーガニック投稿のようにタイムラインやアカウントのツイート一覧に表示されませんのでご注意ください。

ツイート

右上の「ツイート」から投稿ができます。

右隣の下三角マークから、下書き保存や日時指定で予約することも可能です。予約投稿の手順についてはこちらをご覧ください。

まとめ

カード管理画面が消えてしまい、従来方法でカード作成ができなくなり不便に思うことがあると思います。そんな時はこちらの記事をご活用ください。

また、弊社ではカンバセーションボタンを使ったキャンペーンの企画、システム開発、サイトのクリエイティブ制作からサーバー設計まで一貫して行うことができます。また、SNSの企画、運用、広告などSNSに関する全てのお仕事もお引き受けできます。

気軽にご相談ください!

View ALL articles →