フォロワー・RT獲得のためのTwitterキャンペーン事例と分類まとめ

はじめに

企業のSNS運用において、Twitterは多くの人に知ってもらえる入り口としてとても強力なサービスとなっており、これを活かさない手はありません。
日本においてはTwitterユーザーは非常にアクティブで、Instagramが大手SNSとしてシェアを伸ばす中でもいまだ根強い人気を誇るサービスとなっています。Twitterでは主にフォローとシェアを目的として多くのキャンペーン施策が行われています。本記事ではそれらのキャンペーン事例を分類分けしつつ紹介していこうと思います。本記事を読みサービスや商品にあったキャンペーンを選んでもらえれば幸いです。

 

A. フォロー&RT

①キャンペーンアカウントをフォロー ②キャンペーンツイートをリツイート の2つの工程によって参加になるキャンペーンです。
Twitterアカウントさえ持っていればわずか2ステップで参加できる気軽さからとても良く使われます。

1.期日までのフォロー&RT

事例:伊藤園公式Twitter フォロー&リツイート キャンペーン

抽選及び結果発表がされる時点で「フォローとRT」をしているユーザーを抽選するという仕組み。
最終的な結果発表までフォロー及びRTを外せないため、アクティブユーザーの獲得において有利となっています。
また予算控えめでキャンペーンを開くことができるため多くの企業で採用されています。

 

2.リツイートインスタントウィン

事例:資生堂

専用のシステムを用いてフォロー&RTをすると、数十秒〜10分後程度に当落が帰ってくるというもの。手軽でレスポンスが早いため非常に高い拡散性が見込めます。
また当落の結果を動画の最後に乗せるなどすることによって、伝えたい内容を含んだ動画を最後まで見てもらうことができるため、他のキャンペーンに比べて印象に残りやすいです。
弊社では「RTWIN」というサービス名で提供しています。

 

3.発展例 : インタラクティブなゲーム

事例:#タグホイヤープレッシャーPK

あまりみない、珍しいタイプのフォロー&RTキャンペーン。ゲームの開始条件がRTで、フォロー&RTに分類されます。
リプライやり取りをもとにゲームが進んでいくという珍しいパターン。Twitter上でゲームができるという体験自体が珍しく、リアルタイム性が面白くキャンペーンです。
動画を用いることによって本当にゲームをプレイしているような感覚になるように演出されており、このような細かい気配りがキャンペーンの質を上げています。

 

B. フォロー&ツイート/大喜利

①キャンペーンアカウントをフォロー ②お題に沿ったツイートをしてもらう ③コンテストをしたり、抽選でインセンティブ という3つの工程によって参加できるキャンペーン。
フォロー&RTはRTというTwitterの機能を用いてワンクリックで参加できるお手軽さがウリですが、こちらでは投稿内容を自分で考えたり写真を投稿したりとひと手間かかってしまう分、面白く濃厚でコミュニケーションを生み出しやすいという特徴があります。

1.大喜利

事例:「# もしもインテルがはいったら」キャンペーン|インテル

*画像クリックでリンクに飛びます
大喜利はフォロワー同士のコミュニケーションを促進します。大喜利のお題の難易度を上げすぎると参加してもらいづらくなってしまうのでお題のチョイスがとても重要になります。お題について考えて投稿するため、商品認知と直結しやすいのがとても良いところです。
また投稿内容に関してコンテストを開くことによって、投稿の質の向上も目指すことが出来ます。

 

2.投票

事例:富士芝桜まつり10周年記念「芝エビ VS 桜エビ」エビ総選挙 Twitter投票キャンペーン

*画像クリックでリンクに飛びます
キャンペーンサイトやTwitterカードを用いて「どちらに投票したか」をツイートすることによって参加するキャンペーン。選択するだけなので大喜利キャンペーンに比べると参加ハードルは低く、多くの人に参加してもらえるというメリットがあります。選挙の内容が本当に争われているものだったり、極端にくだらないものだったりするとウケることが多い印象です。
キャンペーンのメインビジュアルが拡散されるので2次、3次ユーザーの参加を喚起できるのも強みの1つです。

 

3.写真投稿

事例:#俺のパルム #私のパルムキャンペーン|森永乳業株式会社

*画像クリックでリンクに飛びます
Twitterにおいては画像が添付されているだけでユーザーの目に付きやすくなります。そのためこのタイプのように写真を積極的に投稿してもらうキャンペーンはとても有用で、採用企業も多いです。ブランディング向上と同時にキャンペーンを見かけた人にも商品認知してもらえるというメリットがあります。
また本キャンペーンではTwitterだけじゃなくInstagramでも同時に開催できるのも強みの一つですね。

 

4.発展例:写真合成

事例:わたしたちのSUMMER SONIC|株式会社オーディオテクニカ

*画像クリックでリンクに飛びます
キャンペーンサイトに用意されたジェネレーターから投稿用の画像を生成するというタイプのキャンペーン。
一人ひとり違った画像が用意されるため、ユーザーは親近感が湧きやすくシェアを狙うことが出来ます。

 

5.発展例:自動解析

事例:AWA #写真で音楽おしえて
https://twitter.com/AWA_official/status/1024444798554361856?
Twitterにてタグと共に画像をアップロードすると、その画像に含まれる要素を解析してくれてそれにあった音楽プレイリストを返してくれるという非常に珍しい事例。
絶対にテンプレートが帰ってくることはなく、ユーザーごとに全く違う内容のリプライが返ってくるのが良いところです。
特にAIが実用化されつつある今、実験感覚で手持ちのおもしろ画像などをアップロードして遊ぶユーザーが多く見られました。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。中には高度なものも多かったですが、基本的にはフォローとシェアを狙って行われたキャンペーンとなっており、目的をしっかりを定めれば適切なキャンペーンが必ず見つかると思います。本記事をもとに、ぜひより良いキャンペーンを行ってみてくださいね。

デジタルマーケティングで最近気になることはありますか?

2019-05-07T19:46:12+09:00