fbpx

『お菓子キャンペーンの今が分かる!』事例5つとクリエイティブ解説

2020年3月現在行われている、お菓子業界のキャンペーンを調査しました。

事例と共に、クリエイティブについても解説します。

ジャイアントコーンのキャンペーン


https://cp.glico.com/gcone-2020cp/

キャンペーン概要

対象商品を3つ以上購入し、そのレシートを応募ページにアップ(あるいはハガキで応募)すると、工場直送の商品が当たる。

クリエイティブの特徴

MV

・商品パッケージカラーの赤・黄・青を組み合わせて使っている

・「できたて直送便」部分に柔らかい印象の明朝体フォントを使うことで、「できたてをそのまま届ける」という優しさを印象付けている

・平行四辺形の組み合わせにすることで、平坦ではない、アクティブな印象に。キャンペーンのワクワク感を演出。

・文字や背景下にシャドウを入れることで、動きを表現している


CP説明

・MVと同じ素材を使っていながら、グラフィックの組み合わせを変えたり、商品画像を中心に持ってくることで、変化を生んでいる

・イラストを使うことで、ポップで可愛らしい印象に。

・\ /内のフォントをコロコロした手書き風文字にすることで、可愛らしく親しみやすい印象に。

・グラフィック内に、コーンのチェック模様を入れ込んでいる。


サイト全体

・工場で商品が生産され、出荷され、トラックで運ばれるシーンを、サイト全体で表現している

・項目の終わりから、次の項目にかけてイラストが入っているため、一連の流れができており、読み手を飽きさせない工夫がされている。


ボタン・アイコン

・TOPへ戻るボタンが、こちらもテーマカラーの赤・青・黄で作られている

・商品に使われるチョコレートがとろけている様子が表現されている

・「直送」キャンペーンのため、箱が速いスピードで動き、溶けたチョコレートがなびいている様子が表されている

・ベタ塗りではなく、ドットを入れることでポップさを出している

・文章内に使われるアイコンがアイスのコーンを上から見たイラストになっている

・ドットを入れることでポップな印象にしている

不二家のキャンペーン

https://www.fujiya-peko.co.jp/pekofes2020/

キャンペーン概要

不二家の商品と一緒に写った写真や動画をアップして、みんなでCMを作ろうという企画

クリエイティブの特徴

・「広がれ、おいしい笑顔。」というコピーを表現するため、中央が明るく、周囲が暗いグラデーションになっている

・不二家のお菓子が円形に広げられたように散りばめられている

・「広がれ、おいしい笑顔。」が弧を描くことで、PekoFesロゴとのまとまり感が出ている

・FUJIYA ALL STARSの「A」を斜めにすることで、イチゴを模している

・「キャンペーン」とスマイルマークで弧を描くことで、明確な囲いがなくてもまとまり感があり、アイコン・タイトルの役割を果たしている

・「CM」部分が黒文字で動きを出すことで、キャンペーンへのワクワク感を表現していると同時に、自然に視線が集まるようにしている

・日付部分の数字を大きくすることで目立たせている

・期間部分の区切りを破線にすることで、抜け感がある

・全ての要素が期間の角丸長方形のグリッド内におさまっていることで、整った印象に


ボタン・アイコン

不二家のロゴマークに入っている花を象ったボタン。

MV部分のボタンには、下方向の矢印が入れられ、下にスクロールすることを伝えている。

応募はこちらボタンには、右方向の矢印が入れられ、別のページに遷移することを伝えている。

助詞を小さくすることで、ボタン内のメリハリを出している。

雪見だいふくのキャンペーン


https://www.lotte.co.jp/products/brand/yukimi/pancake/

キャンペーン概要

公式ツイッターアカウントをフォロー&該当のツイートをRTすると、雪見だいふくが当たる

クリエイティブの特徴

・パンケーキを思わせる茶色寄りのオレンジ色のグラデーション を背景にしている

・そこに雪を降らせることで、逆に暖かさを感じさせている

・「まるで、」をグリッドから外れたところに配置することで視線を集めている

・商品の柔らかさを、フォントでも表現している

・3/2発売!を、画面上で一番色味の強い赤丸で囲いアイコン化することで、注目度を上げている

・「応募方法」背景のリボンを、水彩画タッチにすることで柔らかさを演出

・STEP部分の数字を大きく、色もオレンジにすることで、3つに分かれていることをひと目でわかりやすく

・Twitterのボタンを立体的にすることで、押せることを伝えている

・背景はピンクのチェックにすることで、より可愛らしい印象に。キャラクターのウサギのピンク色と合わせている

・商品画像の横にマークをつけることで、可愛らしさを演出

・角丸長方形にすることで、優しく、柔らかな印象に


ボタン・アイコン

・TOPに戻るボタンもオレンジの水彩画タッチにすることで、柔らかさと可愛さの演出

・水滴の形にすることで、パンケーキのメープルシロップを想起させる

・上向きの矢印を入れることで、上に戻ることがひと目でわかりやすく

・ブランドサイトのテーマカラー=赤色になっている

・右向きの矢印を入れることで、別ページに遷移することがひと目で分かりやすい

・立体的にすることで、押せるボタンだということを伝えている

ICE Boxのキャンペーン

https://www.morinaga.co.jp/ice/icebox/linecampaign/

キャンペーン概要

全員にLINEスタンプをプレゼント、アイスボックスの購入レシートを撮影してLINEで送るとポイントが当たるキャンペーン

クリエイティブの特徴

・ロゴのみを水平に配置し、文字や画像を全て斜めにすることで、勢いのある印象に

・助詞を小さくし、重要な文字を目立たせている

・帯を引く部分と、細い下線部分に分けることで、全体が重くなりにくくしている

・「キャンペーン!」の伸ばし棒を長くすることで、大きな声で叫んでいるような印象に

・「1000ポイント」をLINEの緑にし、ひと目で分かりやすくすると同時に、斜めの角度を変えることで、目線が集まりやすくしている

・文字などの背景にシャドウを引くことで、飛び出しているような元気な印象に

・重要な部分のみ青の大文字色にすることで、全体を通してどこを見れば良いのか分かりやすい

・次点で重要な部分をLINEのテーマカラーにしている

・STEPや囲いの部分は、必要最低限に分かれば良いため、灰色の目立たない色使いにしている

・実際の商品や、スマホの画面を画像として入れることで、参加方法が分かりやすい


ボタン・アイコン

・LINEのテーマカラーと、ICE BOXの黄色を組み合わせたボタン

・立体感を出すことで、押せるものだと認識させている

・「こちら」を大きくすることで、ボタン内のメリハリがある

・TOPに戻るボタンが、ICE BOXの氷をイメージしたものになっている

・ドロップシャドウを使うことで、他のコンテンツとぶつかりにくく、さらに飾りではなく押せるものだと認識させている

プリッツのキャンペーン


https://cp.glico.com/pretz-2020mu/index.html

キャンペーン概要

対象商品を購入し、コードを読み込むと、オリジナルのプレイリストがSpotifyで聴けるキャンペーン

クリエイティブの特徴

・背景をグリーンのグラデーションにすることで、SpotifyとPRETZサラダ味のイメージを想起させている

・背景に丸を散らすだけでなく、ドットやスラッシュのパターンを配置していることで、賑やかな印象に。クラブの照明のようなPOPなイメージを構築している

・「プレイリストがSpotifyで聴ける!」を斜めにすることで、勢いのあるスタイリッシュな印象に

・「プリッツオリジナル」を背景の緑の反対色である赤の吹き出しで囲うことで、注目を集めやすくしている


サイト全体

サイト全体を通して、MVのヘッドフォンから繋がるコードが繋がっていることで、キャンペーン一連の流れが見える。背景を長方形ではなく斜めの平行四辺形にすることで、タイトルと同じようなスタイリッシュな印象に。

・タイトルなどのあしらいをプリッツのイラストにしており、目線を集めている

・タイトルの下に斜体の英文を入れることでスタイリッシュさを演出

まとめ

お菓子業界では、

・インセンティブを商品にする

・動画に参加できる

・LINEスタンプがもらえる

・プレイリストが聴ける

など、各社個性的なキャンペーンを企画していました。


クリエイティブとしては、

・あしらいやアイコンなどに商品のイラストを多用している

・トーンは、可愛らしさかスタイリッシュさのどちらかで統一されている

・加工する、特徴的なフォントを使うなどして、文字でも商品イメージを演出している

・webページ全体に繋がりを持たせている

ことが特徴的でした。


他にも、N2Pではプロモーション領域のキャンペーンを調査し、週刊でブログを更新しています。

▽ぜひご覧ください!

https://n2p.co.jp/blog/category/webpromotion/

2020-05-14T14:33:16+09:00