Twitterでよく見かける、「フォロー&RT」の中でもとりわけ効果を感じやすい「インスタントウィンキャンペーン」をご存知でしょうか。本記事ではインスタントウィンの特徴と具体的な事例、そして導入時の注意点を紹介していこうと思います。

インスタントウィンとは?

一般的なフォロー&RTキャンペーンはアカウントをフォローの上、期日までに特定の投稿をRTしてもらうというユーザーフローを踏みます。そしてキャンペーン提供側は期日に投稿をRTしつつ自分のことをフォローしているアカウントの中からランダムで当選者を決めます。
対してインスタントウィンキャンペーンではTwitterのAPIを用いたシステムを使うことにより、フォロワーに特定のツイートをRTされると当落が即時にリプライされるフローを踏みます。


特徴

インスタントウィンキャンペーンには以下のような特徴があります

①拡散してもらえる可能性が高く、アカウントの成長につながりやすい

フォローとRTが参加条件なので一気に拡散され、フォロワーが増えます。この特徴から企業アカウントの開設と同時にインスタントウィンキャンペーンを行うパターンも非常によく見受けられます。

②レスポンスが早く、リアルタイム性が面白い

一般的なフォロー&RTキャンペーンとの最も大きな違いの一つがこれで、とにかくレスポンスの速さが魅力的です。当落についてユーザー間の中で話題になりやすいですし、毎日キャンペーンを仕切り直すことができるためユーザーの記憶に残りやすいです。

③すべてTwitterで完結、参加ハードルが低い

プレゼントキャンペーン等であると、専用のWEBサイトにメールアドレス等を登録する必要があったりすることも多いです。そのような中、インスタントウィンキャンペーンはすべてTwitterで完結し、しかもすぐ結果が届くため参加ハードルが極めて低いです。

具体例

ここまでインスタントウィンキャンペーンの仕組みや特徴を紹介してきましたが、それを知っているだけでは十分に良いキャンペーンが行えるとは限りません。インスタントウィンキャンペーンにおいてはクリエイティブがとてもに重要になってきます。ここでは具体例を見ていきながら、クリエイティブにおいてどのようなことに気を配ると良いのか見ていきましょう。

ローソン

元ツイート
結果

Twitterは主に友達とつながるためと、有益な情報を得るために運用されることが多いです。
そのため定期的にインスタントウィンキャンペーンを行う事によってフォローを継続してもらえることが多く、その最たる例がローソンと言えるでしょう。
ローソンはコンビニということもあり店舗数が非常に多く、当選した場合に受け取りやすいということもあり非常に高い頻度でインスタントウィンキャンペーンを行っています。
またハズレたとしても値引きクーポンが届く。これによりハズレても残念な気持ちにならないように配慮しています。

Galaxy Mobile Japan


元ツイート
結果

非常に一般的なインスタントウィンキャンペーンですが、ハズレた場合でもWチャンスでもう一度応募できるというものに。
Wチャンスの場合は応募のためにWEBに誘導できるので、動線をきちんと考えればより効果的なプロモーションができるようになります。

戦国ASURA

https://twitter.com/Sengoku_ASURA/status/975159601615089664

ソシャゲのプロモーション。このキャンペーンの特徴は、実際のゲーム中のガチャの動画を返信動画に使用していることです。
これによってどのような演出のゲームなのか?というのをわかりやすく伝えることができるため効果的なプロモーションとなっています。
プロモーションする商品やサービスについて実際に見てもらいたい部分などを自然に組み込めると素敵ですね。

星のドラゴンクエスト(星ドラ)公式

元ツイート
https://twitter.com/hoshidora_info/status/1107431389580984321
結果

こちらもソシャゲのプロモーション。本キャンペーンの特徴はなんと言っても返信動画の種類が多いことです。その数なんと9種類!
9種類の動画では登場キャラクターや挙動がみんな違います。 これによってキャラクターや技などを前提知識として知っている人はすべてのパターンを見たくなるようになっています。
ドラゴンクエスト自体が長年人気が高い作品でキャラクターコンテンツになっていることを十分に活かしたキャンペーンと言えるでしょう。
また商品はアタリの動画を引いた人の中から更に抽選で1名に当たるようになっています。これによって最後までユーザーは当たりを出すために応募し続けたくなるようになります。
シンプルなようでコンテンツの特徴をきちんと理解された上で綿密にクリエイティブが作られている、非常に良いパターンだと感じられます。

ヘラヴィー@ドールズオーダー公式

元ツイート
結果

5段階のステージがあり、ステージ5が突破できると当たるというものになっています。実際はアタリかハズレかのどちらかなのですが、5段階の演出で「惜しいところまで行った」という気持ちにさせられます。

運営にあたって

ここまで具体的な事例を見てきて、インスタントウィンの雰囲気や、向いているコンテンツなどが分かってきたと思います。
しかしインスタントウィンは非常に効果の高いキャンペーンである反面、以下のように注意しなければならない点もいくつかあります。

TwitterのAPIを用いたシステムによるキャンペーンなので、技術が必要

フォロー&RTで応募という手軽さからの、素早い当落の返信は非常に魅力的ではありますが、これはTwitterAPIを使ったシステムによるものであるため、開発/運営にはTwitterに関するそれなりの知識が必要となってきます。
自社では開発が厳しい場合は、インスタントウィンのシステムを提供している企業に依頼するのも一つの手です。

リプライで通知するため、認証マーク付きのアカウントでないとすぐ投稿が制限されてしまう

本キャンペーンは応募の数だけリプライを自動で返信します。そのため投稿数が非常に多くなるため、一般アカウントでは投稿数制限に引っかかってしまい、正常に返信することができなくなってしまうことがあります。それを解決するためにアカウントを認証済みにする必要があります。
2019年3月現在、Twitter社は認証済みアカウントプログラム保留中で、新規のリクエストを受付していないようです。そのため未認証アカウントで運用する場合はアプリケーション側でツイート頻度を調整する必要がありそうです。

きちんと考えられたクリエイティブが必要

インスタントウィンキャンペーンは非常に有用ではありますが、ただ雑に行ってもあまり良い結果は得られません。
プロモーションする商品とアプローチしたい層を明確化した上で、動画内容、形式などのクリエイティブをきちんと考えておく必要があります。

まとめ

インスタントウィンキャンペーンの魅力は伝わりましたでしょうか。
企業のTwitterアカウントの成長において非常に有用なインスタントウィンキャンペーンを是非ご活用くださいね。

弊社ではRTWINというサービス名でインスタントウィンキャンペーンを行っております。導入をお考えの方は下記バナーから、RTWINをチェックしていただければと思います。

2019-04-01T12:24:11+09:00