Twitter投票キャンペーンとは?事例や始め方までまとめて解説!

みなさんはTwitterの投票に参加したことはありませんか?


「プレゼントが欲しくて、、」

「自分の意見を言いたくて、、」


こんな理由で思わず投票した方も少なくはないと思います。


投票を活用すると、このようなユーザーの心理を利用して大きな効果が期待できるキャンペーンを実施することができます。


そこで今回の記事では

  • Twitterの投票キャンペーンとは?
  • Twitterの投票キャンペーン事例
  • Twitterで投票キャンペーンを始める方法

について解説していきたいと思います!

Twitterの投票キャンペーンとは?

Twitterの投票キャンペーンとは、ユーザーにRTやハッシュタグをつけた投稿を通じて投票してもらう参加型キャンペーンのことです。


もう少し具体的に説明します。


まず、企業はtwitter上で投票キャンペーンのツイートをします。投票する対象は様々ですが、基本的には「きのこの山」と「たけのこの里」のように自社の商品を比較するような投票が多いです。


そして、ツイートを見たユーザーはそのアカウントをフォローし、RTやハッシュタグをつけた投稿をすることでキャンペーンに参加します。


投票したユーザーはお礼に抽選でプレゼントを受け取ったり、商品をレコメンドしてもらえたりするメリットがあり、企業は自社商品を宣伝をすることができるというメリットがあります。

Twitterの投票キャンペーン活用事例3選

ここから、実際に行われた3つの投票キャンペーンの事例を見ていきましょう!

森永製菓 × バーバパパ

https://www.plazastyle.com/justpinkit2018/vote/?platform=hootsuite

森永製菓とバーバパパがコラボしたキャンペーン。”エンゼルパイ”と”ベイク”のどっち派かを決めるというものです。


ユーザーはPLAZAのアカウントをフォローし「#バーバパパ」「#〇〇派」のハッシュタグをつけてツイートすることで投票に参加することができます。


そして、投票に参加したユーザーの中から抽選で10名にバーバパパのぬいぐるみやエンゼルパイ、ベイクのお菓子セットが配られます。


また、PLAZAは客層が若い女性メインということもあり、キャンペーンサイトや画像をピンク調で統一することで興味をひきつける工夫をしています。

SUNTORY × ドラえもん

https://www.suntory.co.jp/softdrink/doraemon/2016spring/twittercpn.html

SUNTORYとドラえもんがコラボしたキャンペーン。どのデザインの親子皿が人気があるかを決めるというものになります。


ユーザーはサントリーの公式アカウントをフォローし「#ドラえもん親子皿どれが好き#○に1票」のハッシュタグをつけてツイートすることで投票に参加することができます。


そして、投票に参加したユーザーの中から抽選で200名にサントリー飲料の商品詰め合わせセットが配られます。


また、人気投票の対象であるドラえもんの親子皿はサントリーの対象商品についている応募券を集めることで必ずもらうことができます。


ここで紹介した人気投票キャンペーンと同時にドラえもんの親子皿がもらえるキャンペーンも行なっていたため、相乗効果によってより大きな反応を得ることに成功しました。

カントリーマアム

https://www.fujiya-peko.co.jp/countrymaam/35th/twitter/

不二家による国民投票キャンペーン。カントリーマアムの歴代35種類の味の中から頂点を決めるというものです。


ユーザーは不二家公式アカウントをフォローし「#カントリーマアム35th」「#〇〇味」のハッシュタグをつけてツイートすることで投票に参加することができます。


そして、投票に参加したユーザーの中から抽選で2名にニューヨーク5泊7日の旅が当たります。プレゼントの豪華さは他のキャンペーンと比べても群を抜いていますね。


カントリーマアムが35種類と選択肢が豊富にあるので、最後まで結果が予測できないところも興味を惹きつける大きなポイントです。

Twitterで投票キャンペーンを実施する方法

①:キャンペーンの目的を明確にする

まずは何のためにキャンペーンを行うのか目的を明確にしましょう。


なぜなら、キャンペーンを行う目的にも様々なものがあるからです。例えば

  • 認知・ブランディング
  • 販売促進

ではまったく性質の違うキャンペーンになります。キャンペーンの企画を円滑に進めるためにも、しっかりとゴールを決めておくことが大切です。

②:投票キャンペーンの企画をする

キャンペーンの目的が決まったら企画の内容を考えていきます。


ユーザーにいくつかの選択肢の中から1つを選んで投票してもらうというのが基本的な型になり、これはどのキャンペーンでも共通です。


しかし、企画自体の魅力やプレゼントの豪華さなど差別化できるポイントは多くあるので、決してカンタンに企画ができるかというとそうではありません。


弊社では「投票」を活用したキャンペーン企画、制作の経験が豊富にありますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただけたらと思います。


<弊社事例はこちら>

③:Twitterでキャンペーンの告知をする

企画の内容が決まったらTwitterで告知をします。


Twitterで告知をする際には

  • 告知のタイミングは適切か
  • キャンペーン内容がわかりやすいか

などに注意してツイートしましょう。


最後まで細かいところにも気を抜かないことがキャンペーンを成功させる秘訣です。

【まとめ】Twitter投票キャンペーン

ユーザー参加型のTwitter投票キャンペーンは、話題になれば大きな効果が期待できます。


また、比較的キャンペーン実施のハードルが高くないことも魅力の1つです。


弊社では「投票」を活用したキャンペーン企画の相談を受け付けているので、気軽にフォームよりお問い合わせください。

デジタルマーケティングで最近気になることはありますか?調査して記事にします!

2019-09-09T11:51:14+09:00