【2022年最新版】Twitterウェブサイトカードのメリットやツイート方法を解説!

ウェブサイトカードのメリットやツイート方法を解説!

Twitter広告から、より多くのユーザーをリンク先のウェブサイトへ誘導したいという課題をお持ちの方は、ウェブサイトカードを活用してみましょう。画像や動画にリンク先のURLを設定できるウェブサイトカードを設定することで、ユーザーに任意のウェブサイトへ飛んでもらいやすくすることができます。今回はウェブサイトカードの概要やメリットを解説し、作成方法からツイート方法までをお教えします。

ウェブサイトカードとは?

ウェブサイトカードとは、画像や動画にリンク先のURLを設定できるTwitter広告のことです。画像や動画をクリックすることで任意のウェブサイトへ飛ぶことが出来るので、リンク先のウェブサイトへの誘導に効果があります。

ウェブサイトカードは、Twitter広告だけでなく通常のツイートにおいても無料で使用することができます。ただし広告用アカウントを作成しなければいけないため、その点は注意が必要です。

ウェブサイトカードには、「画像ウェブサイトカード」と「ビデオウェブサイトカード」の二種類が用意されています。

画像ウェブサイトカード

画像ウェブサイトカードとは、ユーザーが画像をクリックすると指定したURLに移動する広告のことです。URLのみの投稿と比べると、視覚的なインパクトがあるのでユーザーの注目を集めやすくなります。また画像ウェブサイトカードを使用すると、ワンクリックでリンク先のウェブサイトへ誘導できるので、高いクリック率が見込めます。

ビデオウェブサイトカード

ビデオウェブサイトカードとは、画像の代わりに動画をクリックすると指定したURLに移動する広告のことです。画像ウェブサイトカードよりも、高いクリック率が期待できます。ただし広告をスルーされないために、短時間で伝えたい情報を訴求する工夫が必要です。

ツイート本文半角英数で280文字、全角(日本語)で140文字以内
※ツイートにリンクを1つ含める場合23文字必要になるため、実際は半角257文字、全角128文字までになります。
ファイルPNGまたはJPEG形式
※BMPやTIFF形式は使用不可
カード(画像)縦横比1.91:1の画像の場合は800×418ピクセル
縦横比1:1の画像の場合は800×800ピクセル
いずれの場合も容量は最大3MB
ウェブサイトのタイトル最大で半角70文字、全角35文字まで
半角50文字、全角25文字以内に収めると、ほぼすべてのデバイスで全体が表示される

ウェブサイトカードの活用メリット

視覚的にアピールができる

ウェブサイトカードは、写真や動画がカードとして大きく表示されるためユーザーに対して視覚的にアピールすることが可能です。タイムライン上で広告をスルーされることを避け、ユーザーの興味を引き、記憶に残りやすくすることができます。

ウェブサイトへ誘導しやすくなる

ウェブサイトカードは、画像や動画のカード内をクリックすることでリンク先のウェブサイトへ移動します。画像やURLのみの投稿と比べると画像や動画の面積が大きいため、ユーザーのクリック率をより高くすることができます。Twitter社によると、ウェブサイトカードのクリック率は、URLのみの投稿と比較すると平均43%向上すると発表しています。

ウェブサイトカードを使った広告用ツイートは、単にリンクを記載した通常のツイートよりも、エンゲージメント(広告にあるリンクやボタンなどのクリック)率が43%上昇することも分かっています。

https://business.twitter.com/ja/blog/website-card.html

潜在顧客へ訴求できる

ウェブサイトカードは、画像もしくは動画とテキストで事前にウェブサイトの情報を伝えることができます。ユーザーはウェブサイトの内容を把握した上でクリックするため、誤クリックの確率を低くし、見込み顧客である可能性が高くなると考えられます。

それでは、ウェブサイトカードの作成方法とツイート方法を具体的に説明します。

ウェブサイトカードの作成方法

作成前の準備

ウェブサイトカードを作る前に、以下二点の準備をしましょう。

  • Twitterの広告用アカウント作成

ウェブサイトカードを利用するためには、広告用アカウントを作成する必要があります。広告アカウントをお持ちでない方は、こちらのサイトを参考に申請を行って下さい。

  • ウェブサイトカードに使用するクリエイティブ素材の準備
    ウェブサイトカードは、画像もしくは動画を挿入する必要があります。
    下記の仕様を参考にし、クリエイティブ素材を準備してください。
画像動画
推奨サイズ800 × 418ピクセル / 800 × 800ピクセル
縦横比1.91 : 1 / 1 : 116 : 9 / 1 : 1
ファイル形式PNGまたはJPEG形式MP4またはMOV形式(GIFはサポート外)
ファイル形式最大3MB最大1MB
動画の長さ15秒以下

作成の手順

準備ができたら、ウェブサイトカードの作成に取り掛かりましょう。まずは広告用アカウントにログインします。ホーム画面の左側にあるメニューから「もっと見る」→「Twitter広告」をクリックし、広告管理画面を開きます。

画面上部の黒帯部分から「クリエイティブ」→「カード」をクリック

画面がカードライブラリに切り替わったら、右上の「カードを作成」→「ウェブサイトカード」もしくは「ビデオウェブサイトカード」を選択

※画像の場合はウェブサイトカード、動画の場合はビデオウェブサイトカードを選択してください

ウェブサイトカード作成画面が表示されますので、以下の項目に必要事項を記入

メディア

「画像を選択」もしくは「動画をアップロード」をクリックし、画像もしくは動画を破線の長方形内にドラッグ&ドロップしてください。

ヘッドライン

画像または動画の下部に表示されるテキストを入力してください。

ウェブサイトのURL

クリックした時に移動するウェブサイトのURLを入力してください。カード名
ユーザーには見えませんが、カードを自身で管理するために記入してください。

全ての項目に記入を完了したら、右下にある「プレビュー」ボタンをクリックし各デバイスの表示具合を確認しましょう。問題がなければ「作成」ボタンをクリックして完了です。

ウェブサイトカード作成完了後は、カードライブラリのギャラリーに保存されます。

ウェブサイトカードのツイート方法

ウェブサイトカードを作成するだけでは、ツイートとして公開されません。ウェブサイトカードを作成したら、次の手順でツイートを完了しましょう。

  • 1.カードライブラリから、ツイートしたいウェブサイトカードにマウスオーバーすると、4つのアイコンが表示されます。左から「プレビュー」「ツイート」「複製」「編集」とありますが、2番目の「ツイート」をクリックします。

  • 2.ツイート作成画面が開くので、テキストを入力しツイートしましょう。右下の下三角マークから、下書き保存や日時指定で予約することも可能です。予約投稿の手順についてはこちらをご覧ください。

※左下の「広告用」にチェックを入れたまま投稿すると、通常のオーガニック投稿のようにタイムラインやアカウントのツイート一覧に表示されませんのでご注意ください。

まとめ

今回は、ウェブサイトカードのメリットや作成方法について解説しました。Twitter広告のウェブサイトカードを活用することによって、ユーザーに効果的にアピールすることができ、結果的にクリック率を上げることができます。

簡単な手順で作成することができるので、Twitter広告でリンク先のウェブサイトへの誘導にお困りの方はぜひ活用してみてください。

View ALL articles →