【Twitter(ツイッター)のキホンを解説】フォローとフォロワーの違いは?それぞれを簡単に解説!

【Twitter(ツイッター)のキホンを解説】フォローとフォロワーの違いは?それぞれを簡単に解説!

Twitterを使用しているとよく耳にすることになる「フォロー」と「フォロワー」という言葉を本記事では、基礎から初心者の方に向けて簡単に解説していきます。

Twitterを始めたばかりの方々は、本記事を参考に「フォロー」と「フォロワー」の違いについて理解を深め、ぜひ様々なことに応用してください。

関連記事|Twitterの画像投稿方法とは?ツイートする手順を簡単に紹介!

フォローとフォロワーの違いは?

ではフォローとフォロワーの違いはなんでしょうか?簡単に説明すると、自分が相手をフォローする行為が「フォロー」であり、自分のことをフォローしている相手のことを「フォロワー」と呼びます

また、そのフォローをし続けている状態のことを「フォロー中」と呼び、互いにフォローをしている状態のことを「相互フォロー」と呼びます。

フォローするとできること

相手のことをフォローすると、大きく分けて以下の二つのことが起こります。

自分のタイムライン上に相手の発言が表示される

相手にフォローしたことが通知される

アカウントをフォローし、前者のことが起こると、フォローした人が何か発言するたびに自分のタイムラインにもリアルタイムで表示されるようになります。

また、新聞の購読のように様々なアカウントをフォローすれば、色とりどりの鮮度の高い情報がニュースのようにリアルタイムで自らのタイムラインに流れてくるというメリットをもたらすことができます

またフォローをすると、そのことが相手に通知されます。うまくいけばその事がきっかけで、相手に自らのことを知ってもらう事ができます。

興味や交流したいアカウントがある場合は、積極的にフォローをし、相手を知ると同時に自身のアカウントを認知してもらいましょう。

フォローされるとできること

フォローしてくれているということは、発言に興味を持ってくれているという可能性が非常に高いです。相手のタイムライン上に自らの発言が表示されるため、重要な情報や拡散したい情報をどんどん発信していきましょう

その人がいいねやリツイートをしてくれたものは、その人のフォロワーのタイムライン上にも表示されるので、フォローされるということは情報の拡散にあたっては大きなチャンスと言えます

また、フォローされると自らに通知が届くので、あなた自身もその人に興味を持ったりした場合はフォローをし返すと良いでしょう。これを「フォローバック」と言います。

フォロワーを増やすには

フォロワーを増やすには大きく分けて以下の三つが重要になります。

プロフィールの充実

プロフィールはユーザーがページを訪れた際に最初に目に入るもので、

・自己紹介文

・プロフィール、ヘッダー画像

・URL

の三つに分けられます。

それぞれに工夫を施し、あなたの情報をできるだけ多く掲載することで自身に興味を持ってもらいましょう。

更新頻度の高さ

また、更新頻度の高さも重要です。というのも、アカウントがあっても最後の稼働が数ヶ月、数年前といったアカウントではユーザーはフォローをする気が起きないからです。

最低でも一週間に一回はツイートをし、更新頻度を保つようにしましょう。

情報の質

最後は発信する情報の質です。先ほど触れた頻度ももちろん重要ですが、質も同程度重要です。高頻度で質の低い発言をし続けてしまうと、自らのブランド価値を下げることになり、フォローを増やすどころか、解除されてしまいかねません

そのため、質と頻度のバランスを保ちつつ情報発信していくのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?本記事ではTwitterのフォローとフォロワーの違いについてご紹介しました。

フォローとフォローされることの違いを理解すると共に、両方のメリットをわかっていただけたかと思います。

ぜひ本記事を参考に、フォローに関することを始めとし、Twitterに対する様々なことの理解を深めていってください。

そうすることでTwitterのコミュニケーションはより楽しくなります。

View ALL articles →