インストール促進!Instagramでアプリの広告を打ち出す方法

最近は様々なSNSでスマートフォンアプリの広告を見かけますよね。

その中でもInstagramは、広告からそのままインストールへ促すことができるため、アプリの広告を打ち出すのにも向いています。

「ゲームをプレイ」など特定のアクションも設定でき、狙った層を確実に購買へ促すのに打ってつけです。

今回はInstagramでアプリのインストールを促進する方法について見ていきます。

広告配信までの流れ

1.Facebookページとビジネスプロフィールを作成

広告を配信するには、Facebookアカウントを用意した上で、Instagramでビジネスプロフィールを設定します。Facebookページがない場合は作成する必要があります。

2.広告の作成

広告マネージャで、広告の目的、ターゲット層、広告フォーマットを選択します。または、Instagramに公開済みの投稿を1つ選択し、[広告を作成]をタップします。[自動]を選択すると、お任せで既存のフォロワーと共通の特徴を持つ人にリーチできます。

3.予算を決める

広告の配信期間と、想定する予算を指定します。

4.投稿

広告の用意ができたら投稿します。広告が承認され、配信できる状態になると通知が届きます。


こちらはInstagram for Businessのサイトに記載されているもので、全ての広告向けになっています。

そこで、次からはアプリのインストールを促進するという所に焦点を当て、より詳しいポイントを紹介していきます。

アプリインストール促進のために重要なポイント

課金形態の選択

Instagramの課金形態は

  • CPI(Cost Per Install)…ユーザーがインスタグラムの広告からアプリのインストールを行った回数に応じて課金
  • CPC(Cost Per Click)…ユーザーがインスタグラム上で広告をクリックした回数に応じて課金
  • CPM(Cost Per Mille)…インスタグラム上でユーザーの画面に広告が表示された回数に応じて課金
  • CPV(Cost Per View)…インスタグラム上でユーザーが動画広告を再生した数に応じて課金

の4種類があります。

インストールしてほしいアプリをユーザーに訴求するときにおすすめなのは、CPIです。

こちらはアプリがインストールされるごとに費用が発生する課金形態です。

Instagram広告では1インストールあたり100〜150円が相場となっています。

有料アプリの単価とほぼ同じになるため、インストールされた場合は費用対効果が高くなります!

一方で無料アプリの場合はインストールされる度に費用がかかるため注意しましょう。アプリの魅力や効果を押し出し、インストール後の満足度を高める必要があります。

CTAの設定

・CTAとは?

Call To Actionの略で、日本語では「行動喚起」と訳されます。サイトに訪れたユーザーにとってもらいたい行動を喚起させるために設置された画像やテキストのことを指します。

例えば、旅行予約サイトで画面上に「プランを探す」「料金を見る」「今すぐ予約する」などのボタンを設置し、ユーザーを誘導するのがCTAです。


Instagramは最初からいくつかのCTAを用意しています。主なCTAは次の通りで、設定できるものは広告の種類や目的によって異なります。

  • リンクを開く
  • もっと見る
  • 申し込む
  • 登録する
  • アプリを利用
  • ゲームをプレイ
  • 音楽を聴く
  • ビデオを見る
  • 他の動画を視聴
  • 購入する
  • 予約する
  • インストールする
  • ダウンロード
  • 詳しくはこちら
  • お問い合わせ

アプリのインストールを促したい場合は「アプリを利用」「インストールする」「ダウンロード」のCTAが向いているでしょう。

しかし、宣伝するアプリがゲームアプリの場合は「ゲームをプレイ」音楽アプリなら「音楽を聴く」ショッピングアプリなら「購入する」「予約する」などのCTAの方が効果的と考えられます。

アプリの対象ユーザーを今一度確認した上でCTAを設定しましょう。

まとめ

Instagramでは広告がすぐ打ち出せる仕組みが整っているのに加え、スマートフォンアプリのインストールを促進するのに効果的な詳細設定をすることが可能です。

今回紹介したことを踏まえ、アプリの対象は明確かどうか?広告の価格設定は適正か?などの点を再度確認することが大切です!

デジタルマーケティングで最近気になることはありますか?調査して記事にします!

2019-08-26T17:23:20+09:00