fbpx

【デジタルマーケティング完全解説】 デジタルマーケティングとは?基本的な種類・手法を解説!

皆さんは「デジタルマーケティング」と聞いて何を思い浮かべますか?なんとなくデジタルなマーケティングを思い浮かべるとおもいますが、厳密にはWebサイト、ECサイト、SNS、スマートフォンといったデジタルデバイスとデジタルメディアを用いたマーケティング活動全般を指します。

 

また近年はデジタル化が急激に進んでいる現代においてデジタルマーケティングの重要性は急上昇しています。この記事ではそのデジタルマーケティングのノウハウや重要性の説明だけでなく、種類も説明していきます。

 

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、上記でも軽く触れましたがデジタルデバイスやデジタル機器を用いて行われるマーケティング活動全般をさします。そのため、デジタルマーケティングと言っても非常に多くの種類の手法が存在します。SEOやSNSを使ったWebマーケティングと呼ばれるものもデジタルマーケティングの一部です。こういったWebやSNSを使用したものからSMS・MMS・メールマガジンを使用したもの、店舗行動からのビッグデータからAIによる解析で潜在顧客の分析やトレンドの分析と言ったこともデジタルマーケティングになります。

 

デジタルマーケティングの重要性とは?

デジタルマーケティングの重要性を話す上で欠かせない背景があります。それはモバイル機器の普及ということです。モバイルはガラケーやスマートフォンなど全ての機器を合わせると若い人からそうでない人までほとんどの人が持っているものとなりました。これによって、人々が情報に触れる割合が圧倒的に多くなりました。この現象によってスマホでレシピを見ながら買い物をしたり、商品のことを手に取りながら口コミ等を参照にするなど、消費者が積極的に情報収拾するようになりました。

 

情報収拾することが当たり前となったことで、より自社の商品・サービスに触れてもらう機会は増えるのですが、興味を持ってもらうためには様々な施策が必要です。そこで、Webサイトでの広告やSNSプロモーション、Eメールなどを使用したデジタルマーケティングが重要になってくるというわけです。

 

デジタルマーケティングの手法

Webサイト運用

Webサイトはその会社の顔といっても過言ではないほど商品や会社の情報が記載されている場所です。ユーザーは基本的にWebサイトで多くの情報を収集し、商品購入をWebサイトから行うことも多いので見やすいデザイン、わかりやすさが重要になります。

 

作成にはHTMLやCSSを使用してWebサイトを作成することもできますが、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)というものを導入すると専門知識なしにWebページの更新・追加が可能になる、マルチデバイスへの対応がしやすくなるのでぜひこちらを参考にCMSを導入して見てください。

 

SNSマーケティング

Twitter、Facebook、Instagram、LINEを使用して情報を発信する手法です。スマートフォンを所持している人の増加によって非常に注目されている手法になっています。SNSマーケティングは夜から夕方にかけてユーザーが閲覧する可能性が増えるのでそこを狙って投稿して見たり、ユーモアの効いた投稿をすることによってファンを増やしたりバズることが期待できます。

 

他にも、新商品の発表などをリアルタイムで伝えることができるため情報をいち早く広めたい場合などにも良いです。また、ツールで分析を行うことでどのような人物からインプレッションを得られているかを調べることもできます。SNSマーケティングは基本的に無料で行うことができるので是非ともやっておきたい手法ですが、SNSマーケティングには炎上という危険性もあるため、運用する際には注意も必要です。

 

SEO

SEO(検索エンジン最適化)とはユーザーが自社に関連するキーワードをグーグルなどの検索エンジンで検索結果の上位に表示するように表示するようにする施策のことを言います。上記でも示したと通りWebサイトはその会社の顔とも言えるものなので、Webサイトのインプレッション率を上げることは非常に重要です。特に関連するキーワードを調べているユーザーは潜在顧客である可能性が高いので利益に結びつきやすいので、SEOは重要な施策と言えます。ただSEOはすぐには効果が現れにくく、最低でも効果が現れるまでに半年かかると言われているので長い目で見ることが必要です。

 

アプリマーケティング

スマートフォンのアプリを通じてユーザーの情報を分析・収集する方法です。「プッシュ機能」を使うことでユーザーに直接情報を送ったりすることができ、継続的に接点を保つことができます。また、GPSで位置情報を特定し特定のユーザーに情報を送ることもできます。

 

Eメールマーケティング

メールもモバイルの普及によって身近になったものの一つです。Eメールマーケティングもユーザーに直接アプローチする手法の一つで開封された場合にはインプレッションに繋がる可能性が非常に高いです。ユーザー個別個別に対応できるので過去にユーザーが購入した商品からお勧めの商品をEメールで送ることによって再び自社の商品に興味を持ってもらい、リピーターになるきっかけを作ることができます。

 

また、メールの開封率(配信したメールのうち開封されたメールの割合)、クリック率(メールに記載したURLや画像がクリックされた割合)、コンバージョン率(総配信数に対してお問い合わせなどのアクションがあった割合)を追っていくことでアプローチの方法を変更することができ、効果的にマーケティングを行うことができます。

 

リスティング広告

リスティング広告とは検索結果画面に表示されるテキスト型広告です。広告主がユーザーが検索するキーワードに対して入札するクリック課金型のものになります。


キーワードに対して入札する際に大切なことは人気なキーワードだけではなくニッチなキーワードも幅広く持っておくことです。入札はオークション形式で掲載順が決まるため人気キーワードだけを狙うと入札単価が高くなってしまう場合があります。ニッチキーワードも入れておくことによってクリック課金方式なので費用も抑えられ、幅広いユーザーへアプローチすることが出来るのです。また、SEOなどの施策とは異なり課金額によっては即効性のあるもののためすぐに効果を出したいという方にはオススメです。

 

動画広告

動画広告は文章や写真とは異なり伝えられる情報量が音声やテロップなどを含めて多いので食品の魅力が伝わりやすいのが特徴です。音声などで効果的なキャッチコピーや耳に残る言葉を残すことで消費者にとって気になるものになり、後々インプレッションに繋がるという記憶に残りやすいというメリットもあります。


また、SNSとの相性もよくInstagramのストーリーズに表示される動画の広告やYouTubeに表示される広告は思わず見てしまうものが多くSNSの勢いがある今非常に効果的なマーケティング方法と言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか?デジタルマーケティングの手法には様々な種類が存在していることが分かっていただけたかと思います。しかし手法はあくまで手段であり、目的ではありません。自社のターゲットにするユーザーをしっかりと理解する必要があり、何を求めていてどのようなアプローチをすれば良いのかを明確にする必要があります。その上で、上記で紹介した手法を組み合わせて使うことによって最大限の効果を発揮できると思います。ぜひ参考にしてみてください。

N2Pの実績

キャンペーンの企画、システム開発、サイトのクリエイティブ制作からサーバー設計まで一貫して行うことができます。また、SNSの企画、運用、広告などSNSに関する全てのお仕事もお引き受けできます。
気軽にご相談ください!


2021-05-13T19:18:57+09:00