動画広告作成ツール5選。アプリで使える無料ツールも紹介

「動画広告を作る際のツールに何があるか知りたい。」

「できるだけお金をかけずに動画広告を作りたい。」

「簡単かつ手軽に作れる動画作成ツールはないの?」

動画広告の作成する際には、このような悩みを持つマーケティングやSNS担当者は多いはず。

悩みや疑問を解決するため、このページでは動画広告の作成に使えるツールを5つ紹介します。

Video Show

video showのアプリ画面

世界中161か国で1位を獲得している、基本料金が無料の動画制作・編集アプリです。


スマートフォン専用アプリではありますけど、ビデオトリマー、高速トリミング、動画圧縮機能など、動画編集の基礎的な要素もしっかりと組み込まれているため万能です。また、他の動画ツールには珍しい可愛らしいフィルタ、絵文字も提供されています。

実際に以下で、Video Showを使ったインスタントウィンツール「RTWIN」の動画を作成してみました。

パソコンでの操作ができないため、後ほど紹介するAdobe Premiere Rushよりも細かい編集や作業はできません。

しかし、スマートフォンアプリの動画編集・制作の中では、豊富なテンプレートとエフェクトがあり、様々な動画をハイスピードで制作できます。

→ Video ShowのiOS版アプリの詳細を見てみる

→ Video ShowのAndroid版アプリの詳細を見てみる

Quik

Quikのアプリ画面

Go Pro社が提供している基本料金は無料のスマートフォン・デスクトップ専用アプリです。


Go Proで撮影した動画はもちろん、自身のフォトライブラリの写真を組み合わせたり、Go Pro以外で撮影した動画もQuikを使って編集ができます。


豊富な種類のテーマ、フォント、フィルター、グラフィックが用意されているため、簡単かつ短時間で動画制作が可能です。

→ QuikのiOS版アプリの詳細を見てみる

→ QuikのAndroid版アプリの詳細を見てみる

Ripl

Riplのスマートフォンアプリの画面

中小企業向けのソーシャルマーケティングに使える、基本料金が無料の動画作成ツールです。250以上のデザインテンプレートに写真とテキストを加えるだけで、各種ソーシャルの動画広告の作成ができます。


簡単かつ迅速、便利に動画を作成したい方は使ってみてください。

→ RiplのiOS版アプリの詳細を見てみる

→ RiplのAndroid版アプリの詳細を見てみる

Adobe Premiere Rush

Adobe Premiere Rushのトップページ

Adobe社が提供する動画作成・編集ツールです。アプリもあります。紹介する中で一番カスタマイズ性が高く、フォントの種類、テキストに対しての動き、音楽も豊富です。


実際にVideo Showを使ったインスタントウィンツール「RTWIN」の動画を作成してみました。30分から1時間程度あれば、写真を組み合わせて簡単なスライドショーの動画も作れます。

ただし、Adobe Creative Cloudとの契約が必要で、利用するには月額2,480円(税別)がかかります。(2019年10月現在。)

凝った動画を制作したい、綺麗な写真を生かした動画を作りたい方にはおすすめです。

→ Abobe Premiere Rushの詳細を見てみる

Rocketium

Rocketiumのトップページ

動画広告だけでなく、社内イベント、プロダクトの説明動画にも使える有料の動画作成ツールです。スマートフォンではなくパソコンのみ対応しています。


こちらも豊富なデザインテンプレートから写真やテキストを挿入して、簡単かつ綺麗な動画が作成可能です。

利用するには月額料金49ドル〜かかります。しかし、無料トライアル期間もあるため、まず使ってみたい方にはちょうど良いでしょう。

→ Rocketiumの詳細を見てみる

まとめ

数多くある動画広告の作成に使えるものの中から、無料・有料問わずおすすめできるツールを紹介しました。


近年ではスマートフォンで簡単に作成できるものも多く、手軽で簡単に済ませるならスマートフォンで充分です。

一方で細かい部分を凝りたい、長時間の動画を制作したい場合は、パソコンを使い作業できる有料ツールが良いでしょう。目的と用途によって使い分けてみてください。

デジタルマーケティングで最近気になることはありますか?調査して記事にします!

2019-11-11T11:51:10+09:00