【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2022/03/05-03/11

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て企画と制作でどこがタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。 2022年3月第1週は4個!

アイスの実 アーモンドミルク食べて実キャンペーン|グリコ

アイスの実 アーモンドミルク食べて実キャンペーン画像
アイスの実 アーモンドミルク食べて実キャンペーン|グリコ

キャンペーン概要

内容:

購入したレシートをサイトから送ると、あなたとあなたの大切な人両名にプレゼントが当たるマストバイキャンペーン

アイスの実 アーモンドミルク食べて実キャンペーン画像

キャンペーン考察

発見ポイント:

グリコの商品同士のコラボキャンペーンで、
アイスの実にアーモンド効果の味が出たようです。
キャンペーン1つ目がアンケートに答えることで応募できるもの。
もう1つがレシートマストバイキャンペーンとレシート
WEB上からアップすれば応募可能となるのですが、
普通と少し違うのはあなたとあなたの大切な人へプレゼントが送られるというもの。


応募フォームで大切な人の個人情報を入力させるのか、それは危険だなと思ったのですが、
方法はレシートをglicoメンバーズで画像送信までは普通と一緒で、
そこから当選者のみ、本人に当たるべき賞品と加えておすそ分け便申込用紙がついています。
そこに大切な人への個人情報を記入し郵送する形になるわけですね。
おそらくおすそ分け便申込用紙に規約同意ががっちり書いてある形です。

その後それを事務局で確認して、メールか何かで大切な人へ通知して商品をお届け。
事務局はけっこう大変ですね。普通だと親が多そうですが、
同居している場合は対象にできないので、近場の友人とかになるのでしょうか。
ご無沙汰している方からの贈り物は結構嬉しいものなので、
少し複雑にはなってしまいますが、面白い取り組みですよね。

TwitterやLINEを活用して友達紹介キャンペーンのようなスキームで
贈り物という形もできそうなので、そちらだと事務局の作業が少し軽減できますね。

アイスの実 アーモンドミルク食べて実キャンペーン画像

スマートフォンキャプチャ

アイスの実 アーモンドミルク食べて実キャンペーン画像

アイスの実 アーモンドミルク食べて実キャンペーン|グリコ を考察する動画

FANTAとNiziUのコラボグッズがその場で当たる! | ファンタ/ Fanta Official Site

FANTAとNiziUのコラボグッズがその場で当たる!キャンペーン画像
FANTAとNiziUのコラボグッズがその場で当たる! | ファンタ/ Fanta Official Site

キャンペーン概要

内容:

ラベルの2次元コードを読み取り、SNSログイン後一日一回まで回せるインスタントウィンに参加できる。

FANTAとNiziUのコラボグッズがその場で当たる!キャンペーン画像

キャンペーン考察

発見ポイント:

ファンタを飲みそうなターゲット層は小学生〜高校生くらいかなと思うので、
NiziUは中高生もしくは小学校の子供を持つF1層あたりに大人気ってことなんでしょうか。
なんとなくアイドル的な存在の中でもNiziUはターゲットが広そうなイメージがあるので、
コラボしやすいIPなんでしょうかね。

商品パッケージに印刷されていて、陳列インパクトを出せているのと、
インセンティブで各々のサインデザインが入ったものを用意していて、
ファン向けのコンテンツとなっています。
複数人いるチームだと、ファンの心理としては
推しの子はもちろんのこと全種類揃えたくなりそうですし、
インセンティブはランダムでしょうから、推しの子が出るまで回しますもんね。

こうやって解説しているとファンタはこういうターゲットが狙いなのか、
だとするとNiziUはこういう層を狙いに行っているのかという
マーケティングトレース的なことができるので、そこを意識して今後も解説していきます。

FANTAとNiziUのコラボグッズがその場で当たる!キャンペーン画像

スマートフォンキャプチャ

FANTAとNiziUのコラボグッズがその場で当たる!キャンペーン画像

FANTAとNiziUのコラボグッズがその場で当たる! | ファンタ/ Fanta Official Site を考察する動画

ニュートたちデコボコチームのメンバーになろう!

ニュートたちデコボコチームのメンバーになろう!キャンペーン画像
ニュートたちデコボコチームのメンバーになろう!

キャンペーン概要

内容:

ニュートとダンブルドア率いるダンブルドア軍団 のメンバーになると、Twitterのアイコンとプロフィール画像が変更される

ニュートたちデコボコチームのメンバーになろう!キャンペーン画像

キャンペーン考察

発見ポイント:

2022年4月に公開されるハリー・ポッターのスピンオフ、
ファンタスティックビーストの映画プロモーション。
映画系デジタルプロモーションはどーんと情報公開して
大大的にやるよりは細々情報解禁をしていき、
その中でSNSにあった小さめプロモーションを行っていく感じです。
どちらかというと認知拡大よりファンを育てる形でやることが多いですね。

そして今回は映画の中に出てくる、魔法動物学者ニュートが、
ダンブルドア先生や魔法使いの仲間たち、
と寄せ集めのデコボコチーム、《ダンブルドア軍団》を結成され、
そのメンバーになろうというストーリーになっています。

最初に変化するアイコンは全部で5種類!どんなアイコンになるかはお楽しみに!
と書いてあるすぐ下にアイコン画像を全部見せてしまっているのはご愛嬌ですかね。
最初に変化、と書いてあるので途中でアイコンが変化するのかもしれません。
LPでアイコンが変わるって書いていると味気なく見えてしまいますが、
Tweet側にある、あなたのアイコンに魔法がかかるという言い方は
映画と連動してていいですよね。

アイコン変更は現在のアイコンと合成させたりが可能です。
イベントや公開日が決まっているものには相性が良さそうですね。

スマートフォンキャプチャ

ニュートたちデコボコチームのメンバーになろう!キャンペーン画像

ニュートたちデコボコチームのメンバーになろう! を考察する動画

春だ!なめこだ!菌まつりだ! 「なめこ春の菌まつり」開催|なめこぱらだいす なめこ公式サイト

春だ!なめこだ!菌まつりだ! 「なめこ春の菌まつり」開催キャンペーン事例
春だ!なめこだ!菌まつりだ! 「なめこ春の菌まつり」開催|なめこぱらだいす なめこ公式サイト

キャンペーン概要

内容:

なめこアプリを9個ダウンロードしたスクショをTwitterに投稿することで応募完了

春だ!なめこだ!菌まつりだ! 「なめこ春の菌まつり」開催キャンペーン事例

キャンペーン考察

発見ポイント:

春といえばパン祭り。日本で一番知名度が高いマストバイキャンペーンだと思うのですが、
それのオマージュ再構築として春の菌まつりを開催してます。
ヤマザキ春のパンまつりを知らない方はいないと思いますが、
商品にシールが貼ってあり、それを何店か集めると必ずお皿がもらえるという
マストバイベタ付けキャンペーンのレジェンドです。
未だデジタルには移行せず台紙がPDF印刷になっていたり、TwitterでUGCを促したり、
インセンティブを活用した写真投稿などもやっているようですが。

そんな超メジャーかつ何年もやっているキャンペーンなので、
攻略サイトもたくさんになります。
たいてい主要対象商品 点数・価格効率・カロリー効率一覧などがあり、
「基本はロイヤルブレッドとダブルソフトのロイダブローテ。
谷間に超芳醇やレーズンロールを挟んで……」という定番戦術は、
もはや環境トップとは言い切れなくなった。
激動の理由は、食パン系・食卓ロール系の商品に上方修正が多数入ったため。
などと書かれているほどのベテランがいるレベルのキャンペーン。


そしてなめこにもどるとパンなめこが登場したり、
インセンティブがお皿というかどんぶりが当たる、
といったようなオマージュが炸裂しています。

参加方法もマストバイならぬマストアプリインストールとなっていて、
対象アプリ9作品を並べてスクショを取り、投稿する形になっています。
ファンなら全部インストールしているのでしょう。
さらに投稿ハードルを下げるために投稿したトキ可愛くする用の壁紙もありますね。
Twitter覗いてみると結構な人が投稿していてなめこファンがたくさんいることが伺えます。

IP側からのキャンペーンはバカパクがやりやすいので
メジャーなものに乗っかるのはコスト的にもいいやりかたですよね。

春だ!なめこだ!菌まつりだ! 「なめこ春の菌まつり」開催キャンペーン事例

スマートフォンキャプチャ

春だ!なめこだ!菌まつりだ! 「なめこ春の菌まつり」開催キャンペーン事例

春だ!なめこだ!菌まつりだ! 「なめこ春の菌まつり」開催|なめこぱらだいす なめこ公式サイト を考察する動画

N2Pの実績

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dce8f5a40c39734a8bcfb5e30e804dda-2.png

キャンペーンの企画、システム開発、サイトのクリエイティブ制作からサーバー設計まで一貫して行うことができます。また、SNSの企画、運用、広告などSNSに関する全てのお仕事もお引き受けできます。
気軽にご相談ください!

View ALL articles →