fbpx

【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2020/1/27-2/2

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、
企画と制作でどこかタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。
WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。
2020年2月第1週は4個!

妄想デートメーカー|minimo(ミニモ)


妄想デートメーカー|minimo(ミニモ)

キャンペーン概要と特徴

株式会社ミクシィによるサロンスタッフ予約サービスの「minimo」によるバレンタインにちなんだキャンペーン。顔や服装、背景などのパーツを組み合わせて理想のデートシーンを作ることができるというもの。
完成した画像に近いスナップフォトを提示してくれる他キーワードも提示してくれるため、このキャンペーンでアピールしたいサービスを使いたくなるようなアウトプットになっている。個人的にこのキャンペーンで印象的なところは「組み合わせは1穰45235915垓6392京1483兆3664億通り以上」という必要以上に大きな数字をしれっとアピールポイントにしているところ。真面目なキャンペーンなのにこの表現をすることによって妙な面白さが生まれている。

スマートフォンでの特徴

SPファースト

「地球とつながる」EATH HOUR 2020体験型特設ページ


「地球とつながる」EATH HOUR 2020体験型特設ページ

キャンペーン概要と特徴

公益財団法人世界自然保護基金ジャパンによる環境保護の必要性を訴えかけるキャンペーン。部屋を暗くするとページ上に動物と環境音が浮かび上がってくるというもの。
環境光センサーを用いたユニークなキャンペーン。EARTH HOURという特定の時間に特定の地域が消灯をするというアクションをより多くの人に知ってもらう目的であり、このキャンペーンでは自然に「画面を暗くしたくなる」ような構成になっておりコンセプチュアルで良いキャンペーンだと思った。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

『Tunnelling Beats(feat. STUTS)』トンネル建設現場の音から生まれたビート | 戸田建設


『Tunnelling Beats(feat. STUTS)』トンネル建設現場の音から生まれたビート | 戸田建設

キャンペーン概要と特徴

戸田建設株式会社による新卒採用のための自社プロモーション映像。トラックメイカーのSTUTSとのコラボで、建築現場で実際に録音された音を元に楽曲を制作し、そのPVを現在施工中のトンネルで撮影するというもの。
建築業の仕事や魅力をスタイリッシュに伝えるキャンペーンとなっている。「様々な技術を組み合わせて形にする」建築業の魅力を、「様々な音を組み合わせて楽曲を作る」ヒップホップに重ねて伝えるというオシャレなアイディア。仕事現場の無骨でカッコいい映像とビートを演奏するPVがサイトの背景に流れており、統一感のあるスタイリッシュなものに仕上がっている。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

ドミノチーズ100万 |ドミノピザ


ドミノチーズ100万 |ドミノピザ

キャンペーン概要と特徴

株式会社ドミノ・ピザジャパンによる新商品のプロモーションキャンペーン。各種SNSにてアピールした人の中から一人を選んでCCO(最高チーズ責任者)を決め、日給100万円支払うというもの。
応募資格が「定期的にチーズの夢を見る人」「あつあつのチーズピザを繰り返し持ち上げることができる人」であったり、「日給100万円」であったりと響きが面白い単語が沢山並んでいるのが最高。金額が金額なだけあって参加応募も結構多くてすごい。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

今週のキャンペーンサイト/WEBプロモーション事例振り返り

ドキドキとワクワクの入り交じる、素敵なバレンタインキャンペーンの時期になってきましたね…♪潰すぞ…(豹変)

2020-02-18T12:08:20+09:00