【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2019/7/9-7/22

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、
企画と制作でどこかタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。
WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。
2019年7月第2,3週は4個!

KINKAN SUMMER COLLECTION 2019


https://www.kinkan.co.jp/campaign/2019/kinkan-collection/

キャンペーン概要と特徴

株式会社金冠堂が製造販売している商品「キンカン」のキャンペーンサイト。ファッションブランドの新作発表会をパロディした物となっており、かっこいい外人がキンカンをおもむろに塗り去っていく様子を収めた映像が公開されている。またかっこいいがよく見ると蚊に関するデザインのTシャツもプレゼントしている。
かっこいい外国人がかっこいいポーズをとっているが、実はキンカンを塗っているという映像。「虫に刺されて薬を塗っている」だけのシーンを過剰にかっこよく写すギャップが面白い。また限定グッズとしてオリジナルデザインのシャツのデザインは、それぞれ「蚊」「キンカン(植物)」「蚊の飛ぶ音」「蚊の飛行軌跡」をクールにデザインしている。よく見ると面白いのだが一見そうでもないので普段着ができそうなのがすごい。サイトデザインは黒基調のクールさ重視の物となっており、ギャップの面白さを最大限に活かす形となっている。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

い・ろ・は・す 甘くない総選挙 | い・ろ・は・す (I LOHAS) 公式サイト


https://www.i-lohas.jp/cp/generalelection/

キャンペーン概要と特徴

日本コカ・コーラの販売する天然水「い・ろ・は・す」の、7/21の選挙にちなんだキャンペーン。新しく発売された商品とコレまでの商品どちらが良いかをツイートによって投票し、投票した人の中から100名に抽選で商品が当たるというもの。
選挙系のキャンペーンはいくつもあるが、大規模な選挙があったということでタイムリーさがあるキャンペーン。連日選挙の話題がなされているということもあり、通常の投票系のキャンペーンよりは効果的な印象。スマフォ向けに作られたキャンペーンサイトということもあり、PCからみると少々サイトデザインが地味であるが、商品のイメージカラーを押し出したシンプルで良いものになっている。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

2019年 参議院議員通常選挙に伴う「選挙割」実施のおしらせ | ラーメン【一風堂】| Ramen "IPPUDO"


https://www.ippudo.com/news/1907_senkyowari/

キャンペーン概要と特徴

ラーメンチェーン「一風堂」による選挙にちなんだキャンペーン。選挙の投票済証明書を提示すると替え玉か卵がサービスされるというもの。
現在若者の投票率の低さが叫ばれてることもあり、少しでも投票率をあげようとしているキャンペーン。このキャンペーンは非常に国のために良いことをやっている感を出せつつ、しかも来店者も増やすことができそうということもあり非常にうまくいってそう。同様のキャンペーンはタピオカドリンクを提供するお店も行っており、若者相手の商売をしているお店とは相性が良さそうなキャンペーンだと思った。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

FSC フォレストウイーク2019 #HALIPUUの森


https://forestweek.net/forest/index.html

キャンペーン概要と特徴

FSCジャパンによる森林破壊を防ぐ活動を行うキャンペーン。大切な人と木をハグしてる写真をInstagramにハッシュタグ付きでアップロードすると、特設サイトに木が生え表示されるというもの。
外部SNSへの投稿が特設サイトに形となって現れるのが素敵。投稿がそのままサイト上に掲載されるパターンはこれまでいくつもあったが、特設サイト上に用意された「土地」に木が生えてそこにともに写真が表示されるという、少し手を加えただけでも面白みがぐっと増しているのがすごい。どこに自分の投稿があるのかを探す楽しみが良いですね。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

今週のキャンペーンサイト/WEBプロモーション事例振り返り

選挙お疲れ様でした!選挙キャンペーン多いですね。

2019-07-22T17:07:08+09:00