【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2015/12/22-12/28

//【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2015/12/22-12/28

【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2015/12/22-12/28

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、
企画と制作でどこかタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。
WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。
2015年12月第4週は5個!

サー・トーマス・リプトン

タグ:

www_sirthomaslipton_jp
https://www.sirthomaslipton.jp/

キャンペーン概要と特徴

リプトンのプレミアムブランド「サー・トーマス・リプトン」の公式Webサイト。リプトンの創業者・トーマス氏にまつわるエピソードが掲載されている。「旅するティースタンド」と名付けられた試飲イベントも全国各地で開催されており、感想をSNSで共有すると、抽選でマグカップ等が当たる。
トーマス氏にまつわるエピソードの見せ方が、工夫されている。マウスの動きと連動したアニメーションなど、クオリティが高い。試飲イベントを各地で定期的に開くなど、O2O施策も展開している。

制作的大変そうなところ

視差効果のクオリティの高さ、一部を単色イラストにすることで重くならない工夫。
ブランドサイトとしてコンテンツを読ませる工夫がなされている。
視差効果はどのようにして起こっているのかはエンジニアが勉強するべきなのか。

スマートフォンでの特徴

フォルダによる振り分け
www_sirthomaslipton_jp_sp

Beach Christmas|SAPPORO OVER QUALITY

www_sapporobeer_jp_special_overquality_vol01_html
http://www.sapporobeer.jp/special/overquality/vol01.html

キャンペーン概要と特徴

サッポロビールによるWebプロモーション。沖縄の離島のビーチで乾杯を楽しむというシチュエーションを演出している。アンケートに答えると、抽選で同社製品が当たるクローズドキャンペーンも実施している。
特別なシチュエーションで乾杯を楽しむ、というコンセプトのもと、展開されているプロモーション。画像の見せ方や文章が、価値観を演出している。会員登録&アンケート回答が必須のクローズドキャンペーンも、目立たないながら実施している。

制作的大変そうなところ

※飲用シーンは演出であり、撮影中のアルコール飲用はありません。とか書かなきゃいけない風潮にカンパイ。
パッと見、季節感がぶっ壊れていて、説明が足りない気がする。やっぱビールは夏よね、と思ってしまう。

スマートフォンでの特徴

フォルダによる振り分け
www_sapporobeer_jp_special_overquality_vol01_html_sp

ガチレポユーキャン~2人の本音をリアルにレポート~

タグ:

manatopi_u-can_co_jp_gachirepo
http://manatopi.u-can.co.jp/gachirepo/

キャンペーン概要と特徴

ユーキャンによる動画・Twitterを用いたWebプロモーション。ローラとDAIGOがそれぞれ新たな資格の獲得に挑戦する様子が、動画で1週間ごとに公開される。動画コンテンツ内に、Twitterでの大喜利投稿テーマが提示され、ハッシュタグを付けて投稿をすると、抽選でプレゼントが当たる。
抽選に応募するために、動画の視聴を必須にするタイプの導線を敷いている。動画コンテンツ以外にも、講座案内や性格診断などのリンクを貼り、ユーキャンのコンテンツから離脱を防ぐ工夫がなされている。

制作的大変そうなところ

DAI語!BKBのほうが早かった気がするのに残念。
DAIGOさんが言ったARYの意味を考えて⇒「ここに回答を記入」
というTwitter書き方が勉強になりました。回答だけTwitterで飛んでて意味がわかりづらいものが多いので。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応
manatopi_u-can_co_jp_gachirepo_sp

さくさく食べて受かるビー!キャンペーン | カルビー株式会社

www_calbee_co_jp_sakusaku
http://www.calbee.co.jp/sakusaku/

キャンペーン概要と特徴

カルビーによるTwitter&はがきキャンペーン。受験シーズンに向け、かっぱえびせんが「勝っぱえびせん」として販売されるなど、受験生応援パッケージが販売される。ハッシュタグをつけてTwitterに投稿すると、「合格祈願セット」が抽選で当たるほか、はがきによるマストバイキャンペーンも展開している。
Twitterキャンペーンは、ハッシュタグをつけてツイートするだけのシンプルな作り。キャンペーンサイトがSP非対応な点が気になるが、ハッシュタグだけバズれば良いという意図もありそう。

制作的大変そうなところ

サクサク食べて受カルビー。受かるとカルビーはわかる。サクサクと受験の関係性はサクサク勉強しようということなんだろうか。

スマートフォンでの特徴

SP非対応(PCビューのみ)

2 in 1 / PC ここにも、インテル、はいってる

twitter-2-in-1-pc_jp
http://twitter-2-in-1-pc.jp/

キャンペーン概要と特徴

インテルによるTwitterキャンペーン。フォロー&RTで応募が完了する。RTの対象ツイートは、10種類用意されている。それぞれの対象ツイートについて、抽選で商品がプレゼントされる。
シンプルなフォロー&RTキャンペーンではあるが、RT対象ツイートに添付されている画像に面白みがあり、つい全種類見てしまう。Twitterカードの改良により、画像を用いたリツイートキャンペーンは、シンプルながら以前よりもインパクトが大きい。

制作的大変そうなところ

数種類の画像からなるリツイートキャンペーン
画像のインパクトが重要になってくるが、スマホでサラッと見た時の文字が読めるかどうかが重要。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応
twitter-2-in-1-pc_jp_sp

今週のキャンペーンサイト/WEBプロモーション事例振り返り

人目でインパクトがあるものというのが目立ってきた。 やはりコミュニケーションの時間が短くなっているんだろな。

2016-02-02T17:25:34+09:00