【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2015/10/27-11/2

//【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2015/10/27-11/2

【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2015/10/27-11/2

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、
企画と制作でどこかタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。
WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。
今週は4個!

GREEN NAME|キリン 淡麗グリーンラベル

green-name_kirin_jp
https://green-name.kirin.jp/

キャンペーン概要と特徴

キリンによるWebプロモーション。名前が入力されると、システムが漢字から緑(グリーン)にまつわる文字を抽出し、SNS用のプロフィール画像や壁紙等を生成する。
名前の漢字から緑の要素を抽出し、それを装飾するという新しい体験を生み出している。また、SNS用のプロフィール画像やカバー画像も生成され、体験をシェアする導線も確保している。アニメーションの使い方も素敵。

制作的大変そうなところ

おそらく大量の漢字をDBに入れて、そことぶつけてフラグが立っている漢字が入っていたら
アニメーションだよ、と返しているんでしょうけど。大変だ…

スマートフォンでの特徴

ユーザーエージェントによる振り分け
green-name_kirin_jp_sp

お湯マジ!22 おおいた「スゴイ温泉」コンテスト Twitter投票キャンペーン

majibu_jp_oyumaji_oita_pc_campaign_onsen_contest_index_html
https://majibu.jp/oyumaji_oita/pc/campaign/onsen_contest/index.html

キャンペーン概要と特徴

リクルートライフスタイルが運営するマジ☆部によるキャンペーン。大分県にある温泉の中から行きたい施設を選択し、ツイートおよびアプリダウンロードをすることで、応募が完了する。抽選でクオカードや大分県の名産品がプレゼントされる。
施設紹介と人気投票というベーシックなTwitterキャンペーンに、アプリ誘導が加わった印象。キャンペーンサイトの見せ方が工夫されていて、応募フローの図など、必要な要素が簡潔にわかりやすく表示されている。

制作的大変そうなところ

Twitter投票系。19~21歳限定かーい、と思ったらこのサイトでは限定しないけど、マジ☆部だと限定される不思議仕様。
マジ☆部へのリンクが404ですぞー、こっそり直しちゃってください、と言ってあげたい。

スマートフォンでの特徴

フォルダによる振り分け
majibu_jp_oyumaji_oita_sp_campaign_onsen_contest_index_html

久原醤油【あごだし鍋スープ発売記念】特設サイト あごだしチャレンジ

400m_jp
https://400m.jp/

キャンペーン概要と特徴

久原醤油によるSP向けキャンペーン。400メートルの長さがあるというスマホサイトを一番下までスクロールできたら、毎日5万円が抽選で当たる。
ユーザーのスクロールという動作を逆手に取ったキャンペーンで、独自性はずば抜けている。難易度の高すぎるコンテンツを敢えて配置するタイプのキャンペーンは、バズりやすい一方で、商品のプロモーションにまで繋がりにくいという欠点がある。

制作的大変そうなところ

インパク知系だが、制作費も重くなく企画でバチッとバズらせた素晴らしいキャンペーン。
さらにパクりづらいのも良い。パクるとしたら「あの400mを超える」とかつけてあげないと厳しい。

スマートフォンでの特徴

SPファースト
400m_jp_sp

100人100眉プロジェクト | 美眉総研

100nin_bimayu-soken_jp_campaign1_apply_php
http://www.bimayu-soken.jp/campaign1/members.html

キャンペーン概要と特徴

美眉総研によるWebプロモーション。眉の施術を無料で受ける女性100人を募集し、Before / Afterをキャンペーンサイト上で公開している。
モニター参加型のキャンペーンではあるが、公開されるコンテンツが眉および顔ということで、参加のハードルは高い。こうした美容サービスを、芸能人を使わずにWeb上でプロモーションする施策は、まだまだ開拓の余地がありそう。

制作的大変そうなところ

現場でやってもらえる代わりにどう変わったか公開しますぜ企画。
言ってることはもっともだし、眉で変わると思うけど、ハードル高い。
しかしこのパターンは店舗がある業態ならどうにでもできるので、リピーター獲得&バズらせる要素で跳ねる可能性はある。

スマートフォンでの特徴

フォルダによる振り分け
100nin_bimayu-soken_jp_campaign1_sp_apply_php

今週のキャンペーンサイト/WEBプロモーション事例振り返り

あごだしはインパクトあったし、GreenNAMEの技術力にも驚いた。 型にはまってないキャンペーン企画は素晴らしい。

2015-11-27T16:17:27+00:00