fbpx

【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2020/10/24-10/30

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、
企画と制作でどこかタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。
WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。
2020年10月第4週は7個!

肌美精 3Dマスククレーンゲーム キャンペーン

肌美精 3Dマスククレーンゲーム キャンペーン

キャンペーン概要

内容:

クラシエホームプロダクツが実施する“肌美精 3Dマスククレーンゲーム キャンペーン”に肌美精公式Twitterアカウントフォローアンドリツイートで当落がリプライで返ってくる。

キャンペーン考察

発見ポイント:

【商品特性がわかるループ動画】

 

メインビジュアルにループ動画が使われているが、このピタゴラスイッチ的なループ動画が面白く、気持ちよく見れて商品特性が一発でわかるようになっている。マスクがベルトコンベアに流れてきてそれが潤いに包まれつつ3Dになるものだが、そのMVをちょっと別角度から切り取ったような動画と#3Dマスククレーンゲームをつけた投稿が肌美精公式アカウントからされている。キャンペーンの仕組みとしてはTwitterフォローアンドリツイートオートリプライインスタントウィンと、リツイートしたらリプライに当落が入っているものであるが、リプライに入っている当落動画がクレーンゲームになっていてクレーンがキャッチできたら当たりとなる。とにかく潤いに包まれた3Dマスクが気持ちよさそうで、インスタントウィンという仕組みそっちのけで見て楽しめるようになっている。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

【肌美精 3Dマスククレーンゲーム キャンペーン】を考察する動画

 

  

スニッカーズ®×Dr.STONEコラボキャンペーン 千空からの挑戦状

スニッカーズ®×Dr.STONEコラボキャンペーン 千空からの挑戦状

キャンペーン概要

内容:

Twitterのスニッカーズ®×Dr.STONE コラボキャンペーン公式アカウントをフォロー、

毎日出題される「#千空からの挑戦状」が入った投稿から回答、

投稿後、クイズ回答の正解不正解に関わらず、プレゼントの抽選結果が返信。

キャンペーン考察

発見ポイント:

【マンガの特性】

 

Dr.STONEがテレビアニメ化されるというところでコラボ企画。Dr.STONEは少年ジャンプで好評連載中のマンガで文明がなくなった時代に飛ばされ、文明のない中で科学の力で冒険を進めていくという遭難系マンガでサバイバル術ではない形で物事を解決していくのが特徴のマンガであるが、その特徴を活かし、スニッカーズがどのように作られているかクイズをTwitterのカンバセーショナルカードで出題しあっていれば当落抽選がされるというものである。毎日違うクイズが出題されているのが特徴でそれに対してのヒントもTwitterで投稿されている。

またインセンティブにはコンビニで使えるデジタルクーポンが使われており、プチギフトというサービスでコンビニで見せるだけでスニッカーズと交換でき消込ができるからPOS連動されているクーポン商品。こういったものを使うと小さくて量をプレゼントする場合の配送コスト課題がクリアになってプロモーション側もユーザー側も嬉しい。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

【スニッカーズ®×Dr.STONEコラボキャンペーン 千空からの挑戦状】を考察する動画

 

 

欲しい物が今夜届くプレゼントキャンペーン「# ドリームフライデー」

欲しい物が今夜届くプレゼントキャンペーン「# ドリームフライデー」

キャンペーン概要

内容:

@cb_pickgoをフォロー。

#ドリームフライデーとテーマに沿った夢を書き、引用RT。

当選者には運営よりTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)にて連絡がある

キャンペーン考察

発見ポイント:

【当日に叶う】

 

キャンペーンの仕組みとしては最近増えてきた引用リツイートでユーザーがコンテンツを作っていく、いわゆるUGC系であるが、インセンティブが面白く、毎週出されるお題に対して金曜日17時までに引用リツイートで #ドリームフライデー とハッシュタグ付きで投稿する。投稿したその日にプレゼントが送られてくるというものである。

なぜこのようなことができるのかは、このデジタルプロモーションをやっているサービスがPickGo(ピックゴー)という配送マッチングプラットフォームで書類のような小さいものや建材のような大きいもの、どんなものでも当日中に全国に届けることができるというもの。
そのサービスの特性を生かしたインセンティブになっており、送られてきたユーザーはさっき投稿した商品がすぐに来た、というサービスの凄さがわかり、同時に配送料無料キャンペーンもやっているので、この速度で送れるのであれば「使ってみようかしら」、と受け取り配送どちらもサービス体験ができるすぐれもの。

キャンペーン事務局的なものは自社でやっているのだろうが、毎週金曜日TwitterのDMに張り付かなきゃいけないというのは若干大変である。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

【欲しい物が今夜届くプレゼントキャンペーン「# ドリームフライデー」】を考察する動画

 

 

森永 アイスサスペンスキャンペーン

森永 アイスサスペンスキャンペーン

キャンペーン概要

内容:

5つの謎が隠された動画を視聴し、森永製菓アイス公式Twitterアカウントをフォローして、「#アイスサスペンス」と「#板チョコアイス」もしくは「#ザクレープ」をつけてシェアすると抽選で100名様にAmazonギフト券(1,000円分)プレゼント。

キャンペーン考察

発見ポイント:

【ヒントで動画視聴】

 

A.B.C-Zを起用した謎解きキャンペーン。謎解きやクイズはユーザーとの接触時間を長く持たせることができ、内容や回答に商品の特性を散りばめることで商品訴求を行うことができる。さらにヒントをSNSに散りばめたりして認知拡散も狙え、一石三鳥でかなりお得なキャンペーンである。

今回のキャンペーンではさらに動画をベースとした謎解きになっておりA.B.C-Z主演の謎解きストーリーと動画内にもヒントを入れて、動画を何回も見せる工夫をしていたり、商品パッケージそのものがないと回答できない問題があり、実質マストバイキャンペーンとなっており、かなりお金がかかっている。当然問題にもモチモチやパキパキなど商品訴求は漏らさず入っており、A.B.C-Zの名前を活用した問題など様々な工夫がなされている。

キャンペーン自体は謎解き動画をすべてふっとばしフォロー&ハッシュタグ投稿で参加できてしまい、「謎解きは何だったんだろう」となってしまうが、回答を投稿するとなると回答が出回ってしまうため、ここの連携は難しい。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

【森永 アイスサスペンスキャンペーン】を考察する動画

 

 

そのイキだ。浅野いにお先生書き下ろし応援漫画キャンペーン

そのイキだ。浅野いにお先生書き下ろし応援漫画キャンペーン

 

キャンペーン概要

内容:

Twitter公式アカウントをフォロー後、キャンペーンツイートからハッシュタグをツイートし、そこに漫画のセリフを記載すると応募完了。

キャンペーン考察

発見ポイント:

【マンガで大喜利】

 

メインは浅野いにお先生が描いたマンガの最後をかざるLINEの返信セリフを描く大喜利キャンペーン。コロナ、仕事、恋愛が交差するマンガが描かれており、前フリとしてはバッチリないにおマンガのオチを考える必要がある。前フリも表情だけで感情を見せたり、見方によっては違う捉え方もできる見え方を変えられる、見てる人の精神状態でストーリーが変わっていく浅野いにお先生表現たっぷりで、それをどう落とすか、というなかなか大喜利としてはハードな内容となっている。

また、「毎日を頑張っている、全ての人へ。」ということでクロレッツ発売35周年として、1日1話のマンガを通じてエールを贈る1話読むごとに最大35倍当選確率UPする「あなたの頑張りを応援する資金35万円」プレゼントキャンペーンをしており、クロレッツの35周年はかなりマンガにコミットしている。過去にも若い世代のアーティストを集めたりこれから伸びる若年層向けキャンペーンを行っているクロレッツなので、今年ももちろん流行っているマンガプロモーションだけど、来年くらいに爆発するかもしれない。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

【そのイキだ。浅野いにお先生書き下ろし応援漫画キャンペーン】を考察する動画

 

 

さあ、奮い立て。 Power up everyday. | ジレット ジャパン

さあ、奮い立て。 Power up everyday. | ジレット ジャパン

キャンペーン概要

内容:

アンケートに答えるとジレット5000名にプレゼント

また、ジレットを購入したレシートをWEBから送ると豪華賞品が当たる

キャンペーン考察

発見ポイント:

【意識調査で説得力】

 

キャンペーンとしてはアンケートキャンペーンとレシートマストバイが並走しており、アンケートも二問ほどのかんたんなものになっている。アンケート書く際に住所などの個人情報も撮るため、リード顧客情報を取りたいということなのだろうか。

コロナ禍において、ひげそり需要が減ったのだろう。外でなくなると身だしなみなど「どうでもいい」、というのが活気が戻ってきてさすがにテレワークでも顔出し、外に出る機会も増えてきて需要が戻るだろうタイミングでのプロモーション。アスリートが自分を奮い立たせるために取り組むルーティーンは、本来のリズムを取り戻し、最大限のパフォーマンスを発揮するためのもの。髭剃りというルーティーンを通じて、ジレットは世の中の男性たちに活力を与えたい。ということで「さあ、奮い立て」というキャッチでやっている。Twitterでアスリートなどを起用してインフルエンサーマーケティングも行っており、新日本プロレスのプロレスラーなども参加している。

また在宅ワークで変化した”身だしなみ“への意識調査なども行い、ひげそり=気持ちの切り替えというストーリーを数字でも表して説得力を積み重ねているのも大事なところである。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

【さあ、奮い立て。 Power up everyday. | ジレット ジャパン】を考察する動画

 

 

INAI MODEL CHALLENGEキャンペーン

INAI MODEL CHALLENGEキャンペーン

キャンペーン概要

内容:

imagenaviのTwitter公式アカウント(@imagenavi)をフォロー、

キャンペーンページのモデルリストから実際のモデルと思う画像をクリックしてツイートで応募完了。

キャンペーン考察

発見ポイント:

【ストーリーのズレ】

 

六名の女性写真があり、その中の五名がAIで作られたモデル写真、1名だけ実在するモデルであり、それを探し当ててTwitterに投稿するというキャンペーン。

プロモーションしたい商品はスピーディーかつ完成度の高い実在しない人物画像の生成を可能にしたサービスINAI MODELとのことで、取った元画像から顔認識で違う人の顔を生成し、元画像に合成し直す、という内容でモデルとの契約でトラブルにならないなど、モデルをやりたがらないようなサービスに使うなど色々できる中で、投票系キャンペーン。

LPより画像クリックすることでTweetできるが、タイムラインに出る投稿が何がすごいのか何を伝えたいのかよくわからない事になっている、かつ投稿されるハッシュタグが下世話で、

#懸賞 #応募 #プレゼント

#プレゼントキャンペーン 

#Amazonギフト券

など懸賞ユーザー向けになってしまっているのが非常に残念である。イケてないハッシュタグを投稿するのは嫌だろう。そして、タイムラインに流れてきてもなんのことだかよくわからくなっているため、自分の写真をアップするとAIで写真が生成され元写真と一緒に投稿したらインセンティブみたいな形にしたら商品訴求もできていいのではないだろうか。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

【INAI MODEL CHALLENGEキャンペーン】を考察する動画

2020-10-30T20:26:05+09:00