fbpx

自慢できるようなかっこいい自社コーポレートサイトができるまでの道のり vol.32

デザイナーの千﨑です。

今日はクリスマスイブですね。昔からの疑問なんですが、チキンやケーキは24日に食べればいいんですか?25日ですか?

わたしはだいたい25日に食べてます。
明日はケーキだ!

はい、本題に入ります。先週分の週報です。

さて、数週間も更新が滞ってしまいましたが、フロー図でいうと今この辺りになっています。

更新のない数週間のうちに何があったかというと、topのデザインが白紙に戻り、topデザインを決めるプロセス自体を見直していました。

前回のデザインはわたしが担当していたのですが、
・コンポーネントの作成と、topのデザインが同時進行だったために修正があるたび膨大な工数がかかり死亡
・チーム内外から、属人的なもの、クリティカルなもの、ありとあらゆる粒度の指摘が入り、ひとりで捌けなくて死亡
・ロゴも私が担当していたために、ロゴと密着になりすぎる頭の固いデザインになり死亡

等々、たくさんの問題が出てきて意思決定が難しい状況となりました。(そもそも、社内のものだと何を持ってfixとするのかが難しい)

解決策として
①topがfixしてからコンポーネント整理を行う
②チーム内での課題を全て解決し、チームとしては完璧という状態にしてから全体に展開する
③とりあえずデザイナー3人で3案作成し、チームで1案に絞ってから全体に展開する

ざっくりとこんな感じの進め方に方向転換を行いました。

結果として、全体スケジュールがまた押してしまい、リーダーとしてもデザイナーとしても力不足を感じています。
ポジティブに考えれば、今までになかったパターンの挑戦なので、苦労しつつ学んでいることも多いのかなという気もする。

今週やったこと

美術チーム

先々週の話になるのですが、まずはチーム外各メンバーへのヒアリングを行いました。

その結果、ざっくりと下記の方向性で進めることが言語化されました。

判断基準

・コーポチームとして、自慢できるサイトになっているか
・自慢できるが定義・共有されているか
・上記定義に基づいて、デザインの説明・質疑応答をチームとして出来るか

大きな方向性

・現在提案しているシンプル&クリーン系
・シンプルさを裏付けるロジック、作り込みが求められる
・レイアウトは、親切・合理的・しっかりしたものが良い
・同理由で、出来るだけ日本語を用いたい


そして先週に、topデザインの初稿3案が一旦出揃いました。

実際にはこれにコンセプトの説明スライドを各々が用意していましたが割愛、、


思ったことなど

色々と反省点があるのですが、このプロジェクトを通して、アートディレクターとデザイナーを分業にする意味がやっとわかってきました。
(n2pは本来webディレクターがアートディレクターを半ば兼ねているような編成でアートディレクターという職種はありません)

プロセスをやり直す前まで、わたしがアートディレクターとデザイナーをなんとなく兼ねているような状態だったのですが、
「クオリティを保証する」という役割をデザイナーが兼ねてしまうと、客観視ができなくなったり、どこまでの指摘を取り入れて、どこまでの指摘を説得してそのまま通すのかの判断が鈍ってしまうのだなと思いました。

※ここで言う「クオリティを保証する」は、プロとして〜的な意味合いではなく、プロジェクトとして〜的な意味合いです。ゴールに到達できる成果物か?みたいなところでしょうか、、
プロとしてのクオリティ保証はデザイナーの守備範囲だと思います

兼ねるというのも、慣れればできるのだろうと思うのですが(実際に兼ねてる人が存在しているので)、現時点での自分の実力では難しいということを痛感しました、、

このプロジェクトを通して、自分の色々な課題がでてきたりして、今足りないところを把握できたのは良いことだと思うのですが、落ち込んだりどうしたらいいのかわからなくなって食欲が失せたりしましたww

それでいろんな人が助けてくれたので、足りないところは人に助けてもらってなんとか着地させたいなと思っております、、(他力本願)

ちなみに私が学んだ大きなことは
・出来ないやつと思われることを恐れないほうがいい、自分が不甲斐なくてもみんなで良いもの作れればそれでいいじゃん
・第一印象で「違うな〜」と思われたらそれは根本的に質が足りないので執念なく切り捨てて作り直したほうがいい

です。


今週のgood web design

Henrik Larsson

みんなで参考サイトを出し合ったときにわたしが出したものです。
かなり要素が少なくシンプルですが、レイアウトがちゃんとキマっててかっこいいんだよなあ、、

▽前回の週報はこちらです

https://n2p.co.jp/blog/planning/n2p-corporatesite-31/
2020-12-24T18:36:04+09:00