自慢できるようなかっこいい自社コーポレートサイトができるまでの道のり vol.7

こんにちは。デザイナーインターンの藤城です。 外出自粛が続く毎日ですが、私は空いている時間にひたすら『あつまれ どうぶつの森』で自然の中を駆け回っています。個人的には、あさみさんと打ち解けられたのが一番嬉しい出来事でした。

さて、今週も本題に入ります。 これまでコンセプトチームと構成チームで分担してきたものを持ち寄り、最終形態に向けて走り出した週となりました。

コンセプトチーム

行なったこと

1.ミッション文の作成と推考 ・文章が社会的に機能するか? ・事業内容への想いが込められているか? ・会社を体現するものになっているか? という視点から、新しいスローガン(会社のミッション)を作成しています。

一旦FIXとなった デジタルとクリエイティブで、「伝わる」を新たなステージへ導く N2PはWeb、SNSを軸にしたデジタルプロモーションの制作会社です。 「伝わる」をクレバーに、丁寧に作ることで企業とユーザーの繋がりをアップデートします。」 というスローガンを推考していく中で、 ”新たなステージ”とは? ”丁寧”よりも最適な言葉があるのでは? “繋がり”は”関係性”とした方が真意が伝わる などの意見や疑問点を出し合いました。 N2Pの考えや性質、見ている方向が端的に伝わる文章になることを目指しています。

2.ビジュアルコンセプト案作成 スローガンや会社ミッションを元に、それをビジュアルに落とし込む上でのコンセプトを言語化しました。 ・おもしろいの先へ ・賢く柔軟であれ ・賢く、強く、鮮やかに。 などの案が出ていますが、こちらも全員で検討中です。

最適な表現を見つけ出すためには、類義語を書き出してみたり、思い浮かんだ言葉を言い換えてみたりするのが効果的なようです。

次回までのタスク

ビジュアルコンセプトを元に、ロゴやテーマカラー、フォントなどを含む企画書を作成

構成チーム

行なったこと

1. 各々で作成したUI/UXチェック項目を融合させ、最小限に絞りました。 項目として上がっているのは、 内部導線が離脱率を下げるような設計になっているか 過剰な個性は不要だが、競合と区別がつかない没個性のビジュアルにはしない クリックできないのにマウスオーバーで色が変わるなど、無駄なエフェクトが無いか などです。 コーポレートサイト作成中も完成後も見返せるチェックシートとして活用していきます。

2. ビジュアルステートメントを元に、 ・事業内容としての新しいコンテンツ案 ・サイト内のストーリー、サイトマップの作成 を行いました。

新しいコンテンツ案を考える上では、こちらのマトリクスを活用させていただきました。 https://liginc.co.jp/510938 アンゾフのマトリクスと呼ばれるもので、これからの事業展開を考えて行く上で役立つものです。 この先5年後のN2Pの姿を見据えたコンテンツを考えています。

次回までのタスク

・事業内容としての新コンテンツ案をまとめる ・サイト内のストーリーとサイトマップを形にする

今週のgood web design

ホロストラクション

小柳建設のMR技術を活用したソリューション「ホロストラクション」のサイト。 全面動画で、スクロールと共に時間が経過していくことで社員の1日を表現している。

株式会社ノアール

コマーシャルなどの写真・動画撮影を行なっている株式会社ノアールさんのサイト。 TOPから作品を無限スクロールで展開し、「何者なのか」をひたすら実績で紹介しているところがかっこいい。左上のロゴがクルクル回るのも可愛らしいです。

▽先週の週報はこちらです

デジタルマーケティングで最近気になることはありますか?調査して記事にします!

2020-04-30T13:48:58+09:00