【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2018/7/25-8/1

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、
企画と制作でどこかタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。
WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。
2018年7月第週は4個!

ハイ中学校 | ハイチュウ | 森永製菓株式会社


http://www.morinaga.co.jp/hi-chew/hichew2018/

キャンペーン概要と特徴

森永製菓株式会社による商品"ハイチュウ"のTwitterを用いたキャンペーン。ハイチュウを食べた感想をTwitterに投稿すると「給食味」のハイチュウが限定でプレゼントされるというもの。
「冷凍みかん味」「揚げパン味」「カレー味」「牛乳味」のハイチュウというインパクトのある味のものがプレゼントされるキャンペーン。本キャンペーンでは関ジャニ∞が「ハイ中学校」に通うという設定の動画コンテンツとともに展開されており、SNSシェアを強く意識したキャンペーンとなっている。サイトデザインは背景色が黒板風であったり、ちょっとしたアニメーションが多く使わてたりと細かいところに意識を配った良いものとなっている。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

チキンラーメン×Fate/Grand Order │ ひよこちゃんの夢、大体実現!!


http://www.chickenramen.jp/yume/

キャンペーン概要と特徴

日清食品による、人気ゲーム「Fate/Grand Order」とのコラボキャンペーン。特設サイト上にてゲーム風の特別ガチャが引ける他、対象商品を購入することでオリジナルクリアファイルがもらえるというもの。
特設サイト上でのガチャがゲーム本編にギリギリまで似せているにもかかわらず、出てくるカードが「ローソン」だったりかっこよく描かれた「ひよこちゃん」だったりで笑いを誘う。ギャップのインパクトが強くゲームのファンには強く訴えかける事ができるキャンペーンになっている。また商品を買うことでクリアファイルももらえるため、そこまで高価でないということもあり購入する人も結構多そう。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

少年少女和え漫画 | TossSala® トスサラ | 味の素株式会社


https://www.ajinomoto.co.jp/tosssala/manga/

キャンペーン概要と特徴

味の素株式会社による商品"Toss Sala"のマンガとのコラボキャンペーン。有名な少年漫画作家と少女漫画作家によるコラボで、「普段交わらない正反対のものでもToss Salaで和えれば美味しくなる」ということをアピールするもの。
インパクトのある絵面のマンガがアニメーションと共に表示されるキャンペーンサイトとなっている。かなり異色のコラボだが、いずれも人気のある作家ということでファンに強く訴求するキャンペーンとなっている。マンガ系のプロモーションサイトあるあるではあるが、アニメーションが効果的に使われておりとても面白い。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

面白採用8月企画「#IT業界恐怖の同僚グランプリ」


https://www.tcmobile.jp/recruit/2018/scary/

キャンペーン概要と特徴

株式会社テクノモバイルによるTwitterキャンペーン。IT業界の「恐怖の同僚」に関する話をTwitter上にて集めるというもので、優秀作品を投稿した人にはamazonギフトの他、ローソク100本なども当たるユニークさが光る。
IT業界の人も多いTwitter等にてちょくちょく話題になる「IT業界の恐ろしい同僚」をそのまんまキャンペーンにしたもの。Amazonギフトや快眠枕など便利そうなものだけでなく、ローソク100本やツイートがプリントされたシャツなどおもしろ系のアイテムも取り揃えている。また #選考希望 というハッシュタグをつけるとテクノモバイルと面接する権利ももらえる。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

今週のキャンペーンサイト/WEBプロモーション事例振り返り

あっつい…。夜も生ぬるい…。

2018-08-03T15:35:56+09:00