キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、
企画と制作でどこかタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。
WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。
2017年9月第2週は5個!

熟成烏龍茶


https://secure-c.cocacola.co.jp/nihon-tsumugi/

キャンペーン概要と特徴

コカ・コーラによる新商品「熟成烏龍茶」のプロモーションサイト。スマートフォンサイトにて茶葉の熟成に要する180分間画像を回転させつづけることで、熟成牛肉がプレゼントされるというもの。
「熟成」という新商品のウリを面白く強調したキャンペーン。180分間回転させ続けることで熟成の大変さを伝える…という名目ではあるが、このインパクトで多くの人に知ってもらおうとしている。「新商品の特徴を知ってもらう」というキモを抑えたものとなっており個人的にはとてもお気に入り。

制作的大変そうなところ

熟成しない普通のプレゼントキャンペーンも平行して行っており、参加もし易い。

スマートフォンでの特徴

ユーザーエージェントによる振り分け

愛のスコールホワイトサワー 声に出して愛を贈ろう!キャンペーン


https://www.otonaskal.com/

キャンペーン概要と特徴

サッポロビールによるスコールのキャンペーンサイト。「愛のメッセージ」を動画にしてシェアするとスコールが当たるというもの。
自分で声を吹き込むわけではなく、「声質」「相手」「メッセージ」「伝え方」の4つの状況を選ぶことで、適切なテキストと動画を生成してくれると言うもの。そのため参加ハードルは高くなく、手軽にメッセージを投稿できる。とても多くのパターンが用意してあり、とても作り込まれていて面白い。サイトデザインはスコールのカラーである緑と白を基調に、炭酸を表す白いオーブのようなものが浮き上がるアニメーションが使われており、イメージ通り。ただちょっと恥ずかしい気持ちになった…。

制作的大変そうなところ

タグだけで動画を生成してくれる。素材撮りが大変だったろう。

スマートフォンでの特徴

ユーザーエージェントによる振り分け

リカルデントをヤホーで調べました。


https://www.recaldent-gum.com/campaign/

キャンペーン概要と特徴

虫歯予防ガムである「リカルデント」の、お笑い芸人コンビ「ナイツ」を起用したキャンペーン。本ページでしか見ることのできない限定動画が見れるほか、ページのシェアで現金のほか様々なものがもらえるというもの。
基本的には普通のコラボキャンペーンであるが、ネタ内で使われている「ヤフー」の広告からのアクセスでないと応募できない景品があったり少々珍しい。ナイツに関しては似顔絵が用意されており、紫、ピンクを基調としたサイトデザインにはとても合うように作り込まれている。

制作的大変そうなところ

お笑いコラボ
ナイツもヤホヤホー言ってきた成果が合ったというものだ。

スマートフォンでの特徴

ユーザーエージェントによる振り分け

ユースキンA 手あれ救おうプロジェクト|ユースキン製薬株式会社


http://www.yuskin.co.jp/yuskin_a/60th_project/

キャンペーン概要と特徴

ユースキン製薬株式会社によるツイートキャンペーン。2万名という大人数に6万名分プレゼントし、知り合いにも使ってもらおうと言うもの。
このような大規模なキャンペーンはWEBで知ってもらおう!という試みと言うよりは試供品の提供のような節があるのだろうか?とにかく大人数に当たるキャンペーン。単純に6万人に渡すのではなく、2万人から知り合いに渡してもらおうという内容になっている。実際に知り合いに渡す人が何人いるのかは分からないが、試供品の提供なのであれば口コミも兼ねたほうが効果的に思えるのでうまくいったら面白いなと思う。サイトデザインは可愛らしいイラストと暖色系の色使いでとてもあたたかくユーザーよりなものに思わされる。

制作的大変そうなところ

サンプリングキャンペーン

スマートフォンでの特徴

ユーザーエージェントによる振り分け

BURNOUT SYNDROMES|DIGITAL NEW SINGLE「ハイスコアガール」


http://www.highscore-girl.com/

キャンペーン概要と特徴

バンド「BURNOUT SYNDROMES」の新譜の特設サイト。MVの動画の他に動画内の「呪文」を入力したり、隠しコマンドを入力すると様々な変化がページに起こるというもの。
特にプレゼントの等があるわけではないが、世界観をページ上で楽しめるものになっている。ゲームがテーマの楽曲ということでドット絵が多用されており、動画を見れば誰でも楽しめる「呪文」の他にゲーマーにはメジャーな「コナミコマンド」を入力するとページが変化するなど遊び心に溢れた構成となっている。単純なプレゼントキャンペーンより個人的にはこっちのほうが面白いな…とは思いつつもなかなかこれだけで拡散されるというのは難しいとも思う。

制作的大変そうなところ

マンガのほうじゃないの!?と思ったらマンガの方だった。

スマートフォンでの特徴

ユーザーエージェントによる振り分け

今週のキャンペーンサイト/WEBプロモーション事例振り返り

あまり夏って感じがしないまま秋に突入してしまいましたね。残暑とは…。