fbpx

【Facebook広告について詳しく知りたい!】広告費や初め方など、始める前に知りたい3つのポイントを解説!

「Facebook広告について詳しく知りたい」「広告運用の仕事を任されたけど、勉強の仕方がわからない」と考えている方向けに記事を書いています。

Facebookに配信されてる広告なのは知ってるけど、他のSNS広告にはないメリットがあるの?広告運用を任されたけどやり方がわからないし、どうやって勉強したらいいんだろう?

このような悩みを持つ方がいるのではないのでしょうか。

結論、Facebook広告だけの特徴、メリットはあります。

またFacebook広告の特徴やメリットを理解した上で、広告運用を勉強することで分析の仕方や広告レポートの作成の仕方などの理解が早くなります。

本記事ではFacebook広告とは何か、やり方や費用について解説し、また効率的な勉強の方法も紹介します。

Facebook(フェイスブック)広告とは?

Facebook広告とは4つの掲載先にある広告を指します。

・Facebook(フェイスブック)

・Instagram(インスタグラム)

・Messenger(メッセンジャー)

・Audience Network(オーディエンスネットワーク)

 

ここで、Instagramにある広告がFacebook広告? Messenger、Audience Networkって何?と疑問に思う方は多いと思います。

Instagram(インスタグラム)

実はInstagramはFacebookの子会社です。ITに詳しい人なら知っていて当然なことだと思いますが、2012年にFacebookの子会社になったので知らない方も多いのではないでしょうか?


実際、FacebookとInstagramは連携でき、ストーリー機能をどちらにも反映させたりできます。

facebook広告という大きな枠にInstagram広告があるんだ〜と思ってもらえればいいと思います!

Messenger(メッセンジャー)

MessengerはFacebookが開発したメッセージングアプリです。

 

最初はFacebook本体にある機能だったのですが(InstagramのDMのイメージ)、現在は本体から独立しメッセージを送りあえるアプリになりました。

 

チャットの中に広告がありますね。日本人はあまり使っていないのですが、世界的に見たらLINEより使われています!

Audience Network(オーディエンスネットワーク)

Facebookと提携している媒体にFacebookのターゲティング機能を活かしたまま広告を配信できるサービスで、代表的なものにグノシーや食べログなどのサイトがあります。

 

利用者はFacebookやInstagramに頻繁にアクセスしていますが、同様にアプリやサイトもアクセスしています。

Audience Networkを利用すればFacebookのターゲティング機能や広告フォーマットを利用して、管理画面からFacebookの枠を超えたキャンペーンを実施できます。

 

画像引用元:https://www.facebook.com/business/ads-guide/image/audience-network-native

Facebook(フェイスブック)広告の3つのメリット

Facebook広告ではたくさんのメリットがありますが最初に知っておくべきメリットは3つです。

①実名性による信憑性の高いターゲティング精度

他のSNSと違う点はFacebookは実名で登録される点です。

 

また、年齢・性別・職業・在籍している学校・住所など、自分自身について細かく登録することができます。

それらの情報を利用し、精度の高いターゲティングが可能です。

②Instagram広告も出稿できる

InstagramはFacebookの子会社なので、FacebookだけでなくInstagramにも広告を配信できます。

 

実名性による信憑性の高いターゲティング精度を使ってInstagramにも広告を配信することで、さらに多くの人に見てもらうことが可能です。

③低価格からの出稿が可能

テレビ広告などは莫大なお金がかかりますが、Facebook広告では110円から広告を出稿できます。

 

もちろん広告として効果を出すには110円では足りません。しかし、「機能や使い方を理解したい」ということなら、十分に効果があります。

 

また、予算の上限を決めればそれを超えることはないので、自分の状況に応じて予算を決めることができます。

始める前に知りたい3つのポイント

①Facebook広告の構造は三層構造

Facebook広告では「キャンペーン」「広告セット」「広告」の三層構造で成り立っております。

・キャンペーン

ここでは広告を出す目的を設定します。

キャンペーンの種類は11種類あり、例えば、認知度をあげたかったら「ブランドの認知度アップ」

資料請求を増やしたかったら「コンバージョン」など自分たちの目的によって決まります。

 

・広告セット

ここでは、予算・誰に広告を出すのか(ダーゲット)・広告を出す期間・広告を出す場所などを決めます。

 

・広告

ここでは、広告の画像(または動画)・広告の文(テキスト)・タイトルなどを設定し、実際に広告を作っていきます。

②オークション、広告費の仕組み

・オークション

Facebook広告では、ユーザーに広告が表示させる度にオークションが発生しており、以下の要素を元にユーザーに表示される広告が決定します。

 

1.入札単価: 広告主が広告を出すために設定した金額

2.推定アクション率: ユーザーがその広告を見たときに、行動を起こす確率(クリックやいいね!など)

3.広告品質: 広告とリンク先の関連性やFacebook広告ポリシーなど様々な観点から判断されます。

 

・広告費の目安

どのくらいの予算で広告を配信したらいいの?と思う方は多いと思います。

 

結論、最初は月3万円程度から始めていきましょう!Facebook広告では、広告を配信してどのような結果が出るのかを検証し、そして改善するがとても大切です。

 

金額が少なすぎると、広告が表示されにくくなり効果検証するのが難しくなります。

なので、ある程度の予算を持ちつつ運用することをオススメします。

③Facebook広告の始め方

1.Facebookページを作成する

初めに、Facebookのアカウントを作成していない人は作成してください。

 

次に、自分のFacebookアカウントの「メニュー」から「ページ」をクリックし、「新しいページを作成」をクリックしてFacebookページを作成します。

個人アカウントだけでは広告を配信することができないので必ず作成しましょう。

 

2.Facebookビジネスマネージャーを作成する

Facebookページからも広告を配信することはできるのですが、細かく管理することができないのでFacebookビジネスマネージャーを登録しましょう。

 

Facebookビジネスマネージャーとは、複数の広告アカウントやFacebookページを管理するツールです。

instagram広告もこちらで管理できます。

下のリンクから「アカウント作成」のボタンをクリックしましょう。

https://business.facebook.com/overview

 

次にビジネスおよびアカウントの名前(自分の名前など)・あなたの名前・仕事用メールアドレスを記入して送信をクリックしましょう。

 

次に、Facebookビジネスマネージャーに自分が作成したフェイスブックページを追加していきます。

「ビジネス設定」から「アカウント」に行き「ページ」をクリックします。

「追加」のボタンを押し、「ページを追加」からFacebookページ名またはURLを入力しましょう。

 

3.広告アカウントを作成する

次に、広告アカウントを作成しましょう。

アカウントから「広告アカウント」をクリックし、追加ボタンの「新しい広告アカウントを作成」をクリックします。

 

アカウント名は自分がわかりやすく管理しやすい名前にすることをオススメします。担当するクライアントA、クライアントBがいた場合、クライアントごとにアカウントを作るのも良いと思います。

 

4.広告の作成

アカウントの作成が終わりました!

次に広告を作成していきましょう!

 

Facebook広告はキャンペーン、広告セット、広告の三層構造になっています。

 

キャンペーン

キャンペーンでは広告を配信する目的を決めます。

ビジネスマネジャーのメニューから「広告マネージャー」をクリックし、「作成」をクリックしましょう。

 

キャンペーンの目的は全部で11個あります。

例えば、商品やサービスの認知度をあげたかったら「ブランドの認知度アップ」資料請求を増やしたかったら「コンバージョン」など自分たちの目的によって決めましょう。

 

広告セット

広告セットでは、予算・誰に広告を出すのか(ダーゲット)・広告を出す期間・広告を出す場所などを決めます。

キャンペーンの作成が終わったら「次へ」をクリックしましょう。(今回はリーチを選択しました)

 

広告セットではまず、予算と期間を決めましょう。試しに広告を配信したい場合は1日110円から広告を配信できます。

 

次に自分たちが広告を配信したいユーザーを決めます。

 

広告

次に広告を作成しましょう!

広告設定では1件の画像または動画にするのか、複数の画像を使うのかを選択します。

(今回はオーソドックスな1件の画像または動画を選択しました)

 

次に、クリエイティブを設定していきましょう。

クリエイティブでは、写真や動画などのメディア、テキスト、ウェブサイトのURL、コールトゥアクションから成り立っています。

 

コールトゥアクションとは、Facebook広告から外部へ誘導するボタンです。「購入する」「予約する」「お問い合わせ」などのボタンがあります。

 

支払い方法

最後に支払いの設定を行いましょう!

 

支払い方法はまず、ビジネスマネジャーで支払いに使うクレジットカードを登録し、その後、広告アカウントで使うカードを設定します。(広告アカウントごとに支払いを設定するのが面倒なので、今回はこちらの方法を選択しました)

 

まず、ビジネス設定から「支払い方法」をクリックし「追加」をクリックしましょう。

 

ここでクレジットカードの登録を行います。

 

使用できるクレジットカードは4種類です。

・VISA

・MasterCard

・アメリカンエキスプレス

・JCB

 

ビジネスマネジャーにクレジットカードを登録できたので、次に広告アカウントで設定を行なっていきましょう。

まず、「広告アカウント」をクリックし、右上にある「支払い方法を表示」をクリックします。

 

次に、「支払い方法を追加」クリックします。

 

今回は、ビジネスマネジャーでクレジットカードを登録したので、「ビジネスマネジャーの支払い方法」をクリックし、最後に「次へ」をクリックしましょう。

 

これで、支払い方法が確定します。

広告運用の仕方はどうやって勉強するの?

Facebook Blueprint

Facebook公式のトレーニングプログラム&認定資格プログラムです。勉強する量は多いのですが、これを勉強すれば運用の知識はかなりつきます。

また、認定資格に合格することで、Facebook広告運用の知識を証明することができます。

https://www.facebook.com/business/learn

ネット広告は日々変化があるので、広告運用を実践するのが一番良い方法なのですが、最初から運用するのが不安な方もたくさんいると思います。

そんな方は、Facebook広告についての本を読み、Facebook広告の特徴を理解することをオススメします。

本を読むことで、Facebook広告で使う用語や、機能を理解することができるので実践する時に早く覚えることができます。

おすすめの本

ネット広告運用打ち手 大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102

 

Facebookのコンバージョン計測やABテストについて詳しく知りたい方はこちらの記事をお読みください!

【初心者向け】Facebook広告のコンバージョン計測の方法を2つのステップで解説!

 

A/BテストはFacebook広告を運用する上で重要?設置方法、覚えておきたい4つのコツを紹介!

2021-09-21T17:35:06+09:00