「デジタルデータに価値を生む」NFTとは?5つのNFTキャンペーン事例で疑問を解決!

「デジタルデータに価値を生む」NFTとは?5つのNFTキャンペーン事例つきで疑問を解決!

NFTとは

そもそもNFTとは何なのか。NFTとはNon Fungible Tokenの略で日本語にすると非代替性トークンになります。つまり、替わりのない唯一のモノということです。

これまでのデジタルデータは、容易にコピーや改ざんがなされ得るもので価値は生まれませんでした。しかし、ブロックチェーン技術によりコピーや改ざんが不可能になりデジタルデータに希少価値が生まれました。それにより自分だけのコレクションを保持することができます。

これまで
元データとコピー品は価値が同じ
NFT
元データが本物になり希少価値が生まれる

そして替わりのない唯一のモノがなぜ大切なのかその答えを含め NFTのメリットを解説していきます。

NFT3つのメリット

・コピー不可
・破損しない
・すぐ交換できる

コピー不可

普段からネットで出回っている画像や動画は誰でも気軽にダウンロードできてしまいます。そこでNFTのブロックチェーン技術が役に立ち、オリジナルデータを誰が持っているのかスグにわかります。そのため、コピーすることができず本物にのみ価値がつくのです。

破損しない

NFTはデータのため実際の物のように実体がないので壊れず、保管するために金庫に入れる必要もないです。例えば珍しい絵画は保管するために場所を取りますし、厳重な警備も必要です。レアカードもきちんと保存しないと破れたり折れたりする危険性があります。

このようにNFTは、従来のコレクションをする際に生じるデメリットが一切ないのです。

すぐに交換できる

NFTはデジタルデータなので交換したくなったらすぐに交換できます。

実際にコレクションを交換するとなると、丁寧に包装して送り主の住所に届ける必要がありますよね。それに伴う梱包代、送料、時間など多くの手間がかかります。

ックチェーンとNFTは今までにあったデメリットを解決してくれる素晴らしい技術の進歩なのです。

NFTで期待されている分野

・ゲーム
・デジタルアート
・マンガ
・トレーディングカード

NFTによって、デジタル資産であっても誰が所有者なのか明確に管理できるようになりました。

そのためトレーディングカードやカードゲームアイテム、アートなどは、一見同じものに見えても決して同じものは存在せず、金銭的な価値も相対的に決められる点などから、芸術分野や希少性に価値を見出すアートやトレーディングカードなどと相性がいいといえます

 例えば最近ではcryptopunksといった世界に10,000個しかないNFTが話題になりました。

10,000個という希少性があるデジタルデータと、コピー不可のNFTの相性が非常に良いことを表しています。

LINE NFTとは

ユーザーがNFTを購入・取引できるNFT総合マーケットプレイス。具体的には、「LINE BITMAX Wallet」内のサービスとして現在提供している「NFTマーケットβ」を独立させる形で、一次販売サービスや日本円決済の導入などの機能を拡充させた、総合マーケットプレイスとして提供する。

https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2021/3880

要するに、NFTのフリーマーケット市場のようなものです。

キャンペーンをLINE NFTでやるメリット

  • ガス代がかからない
  • LINEで簡単に売買ができる
  • 日本円で購入できる

まずガス代とはなんなのかというと、NFTを出品したり交換したりする際にかかる手数料のことです。

NFT総合マーケットプレイスで1番大きいのはopenseaというサイトですが、そちらは出品するだけで数万の手数料がかかります。

正確にはポリゴンとイーサリウムのどちらで出品するかによって手数料は大きく違うのですが、それなりの手数料がかかります。

ですがLINE NFTにはそのガス代が現時点ではかかりません。

LINEで簡単に売買や送金ができるのも魅力の一つです。本来NFTを売買するためにはウォレットというモノが必要です。ですがウォレットにもさまざまなモノがあり、かつ日本ではまだ整備されていないので英語ができないと難しい場合もあります。

一方LINEは日本人の多くが使っているので、ある程度使い方がわかっているというのも大きなメリットです、

また、日本円で購入できるというのも大きなメリットの一つです。NFTを購入するためにはイーサリウムであったりポリゴンであったりと仮想通貨を購入する必要があります。そしてそのイーサリウムをウォレットに送金して初めて使うことができるのですが、送金手数料がかなり高いです。

それゆえ日本円で売買できるというのは、日本においてはかなりメリットがあります。

NFTキャンペーン事例5選

1.真冬の打ち上げ花火クリスマスキャンペーン

真冬の打ち上げ花火クリスマスキャンペーン画像
1.真冬の打ち上げ花火クリスマスキャンペーン

キャンペーン概要:

画面の指示に従って「参加する」ボタンを押し、アンケートに答えるとキャンペーンに参加できます。キャンペーン期間中毎日変わるデジタルトレーディングカード全5種類を集めると、後日シークレット版のデジタルトレーディングカードを全員にプレゼントいたします。

キャンペーン考察:

無料でもらえるNFTキャンペーンを行っており、NFTという単語が流行ってからかなり早い段階でキャンペーンがスタートしました。NFTを保有するためにはwalletというお財布のようなものが必要で、LINEのサービスであるLINE bitmax walletでNFTを受け取ることができます。

2.資産性ミリオンアーサー

資産性ミリオンアーサーキャンペーン画像
資産性ミリオンアーサー

キャンペーン概要:

『資産性ミリオンアーサー』第一弾発売を記念して、LINE公式アカウントに友達登録をした方を対象に、記念NFT「資産性ミリアサ爆誕NFT」を最大100万枚配布します。

キャンペーン考察:

このキャンペーンではNFTデジタルシールの流通がメインポイントです。1枚500円で購入できるキャラクターシールや4コマ漫画シールがあり、これはコレクション目的やトレード目的にもなります。そしてそれらのシールはLINEのlinksというサービスで簡単に交換ができるようになっています。

​​

3.SKE48 新世代NFT × Palette 限定配布福袋キャンペーン

SKE48 新世代NFT × Palette 限定配布福袋キャンペーン画像
SKE48 新世代NFT × Palette 限定配布福袋キャンペーン

キャンペーン概要:

①公式Twitter(PLT アカウント @hashpalette)をフォロー。

②本キャンペーンに関する、「固定ツイートのいいね」及び#SKE48 #PLT #NFT のハッシュタグを付けて引用リツイート。 

③PLT ウォレットをダウンロード。 

④2021年12月25日(土)12:00(正午)までに最低1,000PLTのPLTステーキング申請。 

⑤2022年1月5日(水)12:00(正午)までに、Twitterアカウント、引用リツイートしたURL、バレットチェーンアドレス等をGoogleフォーム(https://forms.gle/uQivpenrLnNEn2VK9)で申請。 

⑥2022年2月22日(火) 12:00(正午)までステーキングを継続。

キャンペーン考察:

このキャンペーンは応募までがとても大変で、特にキャンペーン概要④の1,000PLTステーキングという部分が非常に難しいです。そもそもステーキング?PLT?といったすでによくわからない単語が出てきているので、これらをまずは解決していきます。

ステーキングとは簡単に言えば「一定期間預ける」という意味です。つまり、1,000PLTを一定期間預けるということです。どこに預けているかというと、パレットというブロックチェーンネットワークです。ここはそこまで気にしなくて大丈夫です。

そしてPLTとはパレットトークンのことで、これは通貨のようなものです。

まとめとして、

・ステーキング=一定期間預ける
・PLT(パレットトークン)=通貨

という上記の理解があれば、このキャンペーンは理解しやすくなります。

またステーキングしている間は自分が1,000PLTを自由に動かすことはできませんが、その代わりにリワードとして利子などを受け取ることができます。

これは銀行と同じ原理で、お金を預けたら利子がもらえますよね?さらに積み立て貯金などは一定期間引き出しができないので、そのぶん利子が高かったりします。このキャンペーンではステーキングが12月25日から2月22日までとあるので、約2ヶ月はPLTを動かすことができませんが、その分SKE48のNFTをゲットするチャンスを得る(利子が高い)のと同じ原理です。

加えて、Sショット・ Kショット・Eショットというランクづけもされており、Sショットが1番レアです。そしてSショットを獲得する条件が「特定期間中のPLTステーキング上位48名に超レアNFTをプレゼント」とあるので、つまりは多くの通貨を預けた人が多くの利子を受け取るという考えと一緒です。

実際にキャンペーンに参加するにはこれらのことを理解しつつ、まず1,000パレットトークンを購入する必要があり、さらにイーサリウムPLT(ePLT)をパレットPLT(pPLT)に交換する必要があったりと、やることが非常に多いです。

 

ですがファンの方であれば難しくても参加するだろうし、単純にコレクション目的で参加する人もいるでしょう。

4.「フォビジャパン×クリスペ」コラボキャンペーン

4.「フォビジャパン×クリスペ」コラボキャンペーン画像
「フォビジャパン×クリスペ」コラボキャンペーン

キャンペーン概要:

キャンペーン期間中に以下を達成された方から先着で100名様に限定NFTをプレゼント

1.クリスペのタイアップサイトを経由してフォビジャパンの新規口座開設を完了

2.フォビジャパンの取引所または販売所で累計50万円以上*の取引

キャンペーン考察:

このキャンペーンでは新規口座開設と取引額50万円以上が条件となっており、気軽に参加できるようなキャンペーンではないかもしれません。ですが、入手しにくいNFTは希少価値が高いので今後の値上がりに期待が持てるかもしれません。

5.RIZIN FIGHTING COLLECTION 

キャンペーン概要:

事前登録Twitterフォロワー数が増えるごとに限定NFTや専用サイトでNFT購入に使えるコインがもらえるキャンペーン。

キャンペーン考察:

RIZINのNFTキャンペーンはTwitterでフォロー&ハッシュタグ引用RTして参加するだけです。また、サイト内でムービー型のNFTを購入することができます。

まとめ

今回の内容を再度、かんたんにまとめます。

  • NFTとは
  • NFT3つのメリット
  • NFTで期待されている分野
  • LINE NFTとは
  • NFTキャンペーン事例5選

の5つです。

特にNFTキャンペーンは今後もどんどん新しいものが出てくると思うので、遅れずにキャッチアップする必要がありそうですね。

View ALL articles →