fbpx

【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2021/9/4-9/10

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、企画と制作でどこがタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。 2021年9月第1週は5個!

ワォ!がたくさんあなたの知らない名古屋 オンラインツアーナイトホッピング編

ワォ!がたくさんあなたの知らない名古屋 オンラインツアーナイトホッピング編の画像
ワォ!がたくさんあなたの知らない名古屋 オンラインツアーナイトホッピング編

キャンペーン概要

内容:

「TIG LIVE」を使用して名古屋の夜を生配信。画面上に出てくるアイコンをクリックすると店舗の詳細などより詳しい情報を見ることができ、臨場感を体験しつつ情報満載のオンラインツアーです。

ワォ!がたくさんあなたの知らない名古屋 オンラインツアーナイトホッピング編の画像

キャンペーン考察

発見ポイント:

2021年夏、未だに胸を張って旅行に行けない状態が続いている中、インセンティブにオンラインバスツアーやオンラインイベントといったライブ配信を活用しているのが定番となってきました。ZOOMなどを使用して双方向コミュニケーションも可能で、インフルエンサーとオンラインでお話ができる権利をインセンティブにするなども増えています。

 

そんな中、TIG LIVEという「触れる生配信」と謳ったツールを使った、配信コンテンツを旅行業界がうまく活用していたのでご紹介。TIG LIVEは商品等の情報を画面でタップできる状態にすることができるので、事前にお店などを登録しておけばお店の情報などをタップで見ることができるようになります。それを利用して、名古屋の夜居酒屋をみんな生配信でめぐろうぜ!という企画になっています。 事前に名古屋乾杯セットを購入して当日を迎えるとツアーガイドともに生配信を見て、さらにその中で情報が取得できる形は少し応用するといろんなことに使えそうですね。

 

オンラインツアーも双方向コミュニケーションがなかったら生配信とはいえ、テレビ見てるのと変わらなくなってしまうので、生配信ならではのPCやスマホで閲覧するならではの工夫が入ってくると盛り上がりますね。

ワォ!がたくさんあなたの知らない名古屋 オンラインツアーナイトホッピング編の画像

スマートフォンキャプチャ

ワォ!がたくさんあなたの知らない名古屋 オンラインツアーナイトホッピング編の画像

ワォ!がたくさんあなたの知らない名古屋 オンラインツアーナイトホッピング編 を考察する動画

「愛のスコール」CMソングをみんなで作ろう!New Songキャンペーン | 愛のスコール50周年キャンペーンサイト

「愛のスコール」CMソングをみんなで作ろう!New Songキャンペーン の画像
「愛のスコール」CMソングをみんなで作ろう!New Songキャンペーン | 愛のスコール50周年キャンペーンサイト

キャンペーン概要

内容:

公式Twitterアカウントをフォローし、愛のスコールCMソングの替え歌の歌詞を考えて、 「#愛のスコールnewソング」をつけてツイートで応募完了のキャンペーンです。

「愛のスコール」CMソングをみんなで作ろう!New Songキャンペーン の画像

キャンペーン考察

発見ポイント:

愛のスコール50周年ということで、第3段キャンペーンです。第一弾をデジタルプロモーションラボでも扱っているので是非見てほしいのですが、50周年ということでいろんな切り口でプロモーションを行っております。

 

今回は発売当初のCMソングに替え歌歌詞をつけてTweetしてもらおうというUGCユーザージェネレイテッドコンテンツなキャンペーンになっています。 やはり50年の歴史がある商品はすでに過去の遺産がたくさんあるので、そちらを掘り起こしうまく活用しています。この曲を知っているということはかなり年齢が上になるはずなのですが、その歳になると子供がいい感じの年齢でターゲットになってくるのだと思います。

 

自分はこの曲を知らなかったのでもっと上がターゲット?知らない曲だと替え歌つける気にならないので、キャンペーンターゲット層が難しいですね。わたくしが東京出身なんで南日本だともっともっとメジャーなのかもしれません。

 

自社にどういったコンテンツがあったかを見つけ出し、SNSなど新たなものを加えて新しいコンテンツとして提供すること。これ大事なんですよね。キャンペーンでもそうだし、会社の中では当たり前になっている知識が普通の人からすると有益だってことは多いと思うので、そういった内容を使って提供していくとファンが増えていきます。

「愛のスコール」CMソングをみんなで作ろう!New Songキャンペーン の画像

スマートフォンキャプチャ

「愛のスコール」CMソングをみんなで作ろう!New Songキャンペーン の画像

「愛のスコール」CMソングをみんなで作ろう!New Songキャンペーン | 愛のスコール50周年キャンペーンサイト を考察する動画

藤森慎吾の#気になる香港10 | Hong Kong Tourism Board

藤森慎吾の#気になる香港10 | Hong Kong Tourism Boardの画像
藤森慎吾の#気になる香港10 | Hong Kong Tourism Board

キャンペーン概要

内容:

動画の中から1番「気になる」スポットの画像・指定のハッシュタグを付けて投稿、香港オリジナルグッズをプレゼント!

一方ドイツ観光局はLINEのチャットボットを活用

藤森慎吾の#気になる香港10 | Hong Kong Tourism Boardの画像

キャンペーン考察

発見ポイント:

2020年夏、いろんな観光デジタルプロモーションに対して、「来てください」という呼びかけができず、現地のコンテンツに触れさせることもできませんでした。そのため、とにかく覚えておいてもらうこと、また海外に行き来できるようになるまで楽しさを忘れさせないようにコンテンツを出し続けることが大事、と言っていたのですが、2021年夏になってもまったく状況が変わらないとは思いませんでしたな。

 

香港の動画を見て、その中で行きたい、気になると思ったスポットをTwitter,Instagramでハッシュタグ投稿させるというもの。できることが去年と変わってない…

 

ちょっと変わってるなとおもったのはFacebookで投稿される方は一番「気になる」スポットを公式Facebook公式アカウントへDM送る形になっていますね。安易にFacebookもハッシュタグ投稿してしまうと、収集できず人力で見ていくことになるので、新しい形かもしれません。拡散しないので効果が薄いですが。ボタンを押すとTwitterは投稿画面、FB,Instagramはクリップボードへコピーでき、画像を保存後コピーした文字を投稿する流れになっています。

 

そんな中、ドイツ観光局は珍しいLINEチャットボットを利用したプロモーションを行っています。キャンペーン期間中はチャットボットによるドイツの観光案内をゲーム感覚で楽しむことができます質問形式でドイツの知りたいことを追求していき、おすすめの観光コンテンツを紹介するキャンペーンサイトへ誘導するもの。 サイト内で見ていくよりも自分の欲求に応じてコンテンツを見ることができるから、自分ごと化しやすいですね。

 

旅行ができるようになったときに情報を提供しやすいよう、各種SNSのフォロワーを増やしておきつつ、すでにファンになっている人たちに向けて忘れてもらわないようコンテンツを提供し続ける姿勢はまだまだ続きそう。そんな中LINEも活用できるという事例でした。

藤森慎吾の#気になる香港10 | Hong Kong Tourism Boardの画像

スマートフォンキャプチャ

藤森慎吾の#気になる香港10 | Hong Kong Tourism Boardの画像

藤森慎吾の#気になる香港10 | Hong Kong Tourism Board を考察する動画

スカパー!基本プラン 日本一長い50chリモコン当たりまスカパー!Twitterフォロー&RTキャンペーン|ココロ動く、未来へ。スカパー!

スカパー!基本プラン 日本一長い50chリモコン当たりまスカパー!Twitterフォロー&RTキャンペーンの画像
スカパー!基本プラン 日本一長い50chリモコン当たりまスカパー!Twitterフォロー&RTキャンペーン|ココロ動く、未来へ。スカパー!

キャンペーン概要

内容:

新規加入で最大2ヶ月無料キャンペーンとTwitterフォロー&RTキャンペーン同時開催です。

スカパー!基本プラン 日本一長い50chリモコン当たりまスカパー!Twitterフォロー&RTキャンペーンの画像

キャンペーン考察

発見ポイント:

50チャンネルが全部押せてちゃんと見れるリモコン、インパクトのあるインセンティブ一発勝負、かつフォローアンドリツイートキャンペーンで懸賞ユーザーがもらってもしょうがないということで、懸賞弾きもできているということがうまいですな。

 

このリモコンをもらってもスカパーが見れないとどのボタン押しても意味がないですもんね。 こういった動画サブスクリプションはどこまで行ってもKPIが契約数なので、Twitterのフォロワー増やしてもしょうがないよね、って言われがちなんですよ。なので、単なるフォロリツでインパクトのあるインセンティブを使って興味を引いたとて意味ないと言われがちです。

 

しかし今回、このリモコンはスカパーに入ってないと意味がないので、スカパー加入者はほしいと思いますし、入ってない人がもらったなら入りたくなるじゃないですか、と言えてしまうところが素晴らしいです。

それにしても、家にそのリモコンがあると思ったらひたすら邪魔ですが、やっぱりおもしろインセンティブは突破した時ほど楽しいものですね。

スカパー!基本プラン 日本一長い50chリモコン当たりまスカパー!Twitterフォロー&RTキャンペーンの画像

スマートフォンキャプチャ

スカパー!基本プラン 日本一長い50chリモコン当たりまスカパー!Twitterフォロー&RTキャンペーンの画像

スカパー!基本プラン 日本一長い50chリモコン当たりまスカパー!Twitterフォロー&RTキャンペーン|ココロ動く、未来へ。スカパー! を考察する動画

釣りスピリッツ ぱくぱくキャンペーン|バンダイナムコアミューズメント

釣りスピリッツ ぱくぱくキャンペーンの画像
釣りスピリッツ ぱくぱくキャンペーン|バンダイナムコアミューズメント

キャンペーン概要

内容:

食べたい魚をツイートすると抽選で離島の鮮魚セットが当たるキャンペーンです。

釣りスピリッツ ぱくぱくキャンペーンの画像

キャンペーン考察

発見ポイント:

スマホゲーになるとゲーム内で使える何かが当たるキャンペーンなどが多くなり、あまり食指にふれないのですが、コンシューマーゲームは面白いプロモーションしてますね。 釣りスピリッツというニンテンドースイッチのゲームで、竿型コントローラー竿コンを使って釣り上げるゲームのTwitterキャンペーン。と思ったらアーケード版が先で魚釣り体験メダルゲームでした。

 

キャンペーンの仕組みとしては、公式アカウントをフォローしてカンバセーショナルカードから食べたい魚をツイートすると毎週抽選がされて、鮮魚セットが当たるというシンプルなものです。

 

しかし、釣りスピリッツを楽しんでいる小学生くらいの年代は魚っていうものを見る機会が少ないと思います。昨今はお魚食べるにしても切り身で食べるだろうし、一匹まるまるっても焼いてあったり煮てあったりする姿で、生きている魚を見ない。実際に釣りに行く機会があれば見ることはできるんだろうし、そこが最終ゴールだと思うのだけれどそ、の前にまず魚を好きになってもらいたいっていうメッセージが素晴らしい。

 

このキャンペーンがあることによって、そうか魚ってゲームの中だけじゃないのかという考えに至り、親に魚はどんなものなのか聞いたりする機会が生まれます。そしてせっかくだから離島の魚が買える店に行ってみるかとなり、魚の知識を経て実際に釣りに行く機会を作れるストーリーのあるデジタルプロモーションですね

 

ゲーム内に閉じ込めず、ゲームから興味を持たせて実際の「魚、釣り、海」というところまで興味を持ってほしいというメッセージが読み取れます。子供向けゲームだと思うので、そういったメッセージがあると親もやらせてみようかねえ、と思いますよね。

釣りスピリッツ ぱくぱくキャンペーンの画像

スマートフォンキャプチャ

釣りスピリッツ ぱくぱくキャンペーンの画像

釣りスピリッツ ぱくぱくキャンペーン|バンダイナムコアミューズメント を考察する動画

N2Pの実績

キャンペーンの企画、システム開発、サイトのクリエイティブ制作からサーバー設計まで一貫して行うことができます。また、SNSの企画、運用、広告などSNSに関する全てのお仕事もお引き受けできます。
気軽にご相談ください!

2021-10-04T09:33:31+09:00