fbpx

【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2021/6/26-7/2

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、企画と制作でどこがタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。 2021年7月第1週は5個!

お~いお茶 茶畑エクスプレス|伊藤園

お~いお茶 茶畑エクスプレス|伊藤園

キャンペーン概要

内容:

Twitterフォロー&リツイートで摘みたての生の葉からお茶を作る「鮮度体験キット」が当たるキャンペーンです。

キャンペーン考察

発見ポイント:

あなたは生の葉からお茶を作れるか?ということで、タイトルからも映像からも急がなきゃいけない感が出ています。また、疾走感もありつつお茶の葉になっているロゴがとても可愛らしいです。 ”摘みたての生の葉から自宅でお茶を作れ!”というミッションに対して、茶レンジャーと名付けているのもうまいですね。

 

インセンティブが鮮度を体験できるキットということで若干扱いが面倒そうなものですが、24名という結構少ないプレゼント数になっています。生の葉が届いて、自宅で焼いたりチンしたりするんでしょうね。7月10日に届き、即調理をしてほしいエクスプレス感が出てます。さらにZoomでレクチャーもしてくれる生配信付きで、それをコンテンツにするためイベントレポートを行うようです。 キャンペーンとしてはTwitterフォロー&リツイートで、応募フォームにも入力ということでBOT的な懸賞ユーザー避けにしています。

 

イベントレポートを作ることが着地点でありそのコンテンツを持って、「生葉からどれだけ急いでお茶を作ることが大事で、それをやっているのが鮮度にこだわっているおーいお茶」だよね。というブランド訴求をしたいのでしょう。

スマートフォンキャプチャ

お~いお茶 茶畑エクスプレス|伊藤園 を考察する動画

明治パフェアイスシリーズ 「ヨッシースタンプ 限定コラボキャンペーン」|株式会社 明治

明治パフェアイスシリーズ 「ヨッシースタンプ 限定コラボキャンペーン」|株式会社 明治

キャンペーン概要

内容:

商品をスキャンするとヨッシースタンプコラボARが見れます。また蓋の裏に書いてある合言葉を入力すると抽選でQUOカードプレゼントのキャンペーンです。

キャンペーン考察

発見ポイント:

ヨッシースタンプという大人気LINEスタンプキャラクターとのコラボです。どれくらい人気かというと、ヨッシースタンプのLINE友だち数900万人、Twitterでも7万人います。コラボしたらLINEでも投稿されるので、900万人にとりあえずリーチできると考えると結構な価格が取れそうですね。

 

そんなコラボARということで専用アプリでのARです。WEBARが標準になっている今、アプリのダウンロードさせるのは結構ハードル高いと思うのですが、アプリそのものがARキャンペーンプラットフォームになっているようです。そしてもう一つ、合言葉がパッケージの裏に書いてあるというマストバイキャンペーンになっています。

 

人気スタンプキャラクターのグッズはかなり売れるので、LINE内で営業かけて企業案件をとってきているようですね。ヨッシースタンプさんはマルシー表示なので自身でキャラクターマネジメントを行い、うまくやっていればかなり儲かってるはずです。

スマートフォンキャプチャ

明治パフェアイスシリーズ 「ヨッシースタンプ 限定コラボキャンペーン」|株式会社 明治 を考察する動画

スカルプDの笑(show)Time | アンファー

スカルプDの笑(show)Time | アンファー

キャンペーン概要

内容:

よしもと芸人によるコラボ動画と、Twittterを活用した大喜利キャンペーンを行います。インセンティブには芸人さんのサイン入り商品や純金証明書があります。

キャンペーン考察

発見ポイント:

「世の中を少しハッピーに」ということで、コロナで貯めたストレスを笑いで吹き飛ばそうというストーリーです。スカルプDってサクセスとかリアップとかに比べると、20代30代をキャッチアップしたいって感じの芸能人を起用してるイメージですよね。ちなみに過去CMではSMAPさん・雨上がり決死隊さん・リオルネメッシさんなどが起用されています。それらの人たちに憧れるとなると上の世代って感じはしませんよね。企業キャッチも予防医学のアンファーなので、「ハゲる前に使っておこう」的な感じでしょうか。

 

お笑い芸人さんとのコラボ動画が毎月更新されていくスタイルで、記念すべき第一回目はトータルテンボスさん率いるスシボーイズです。お家芸のいたずらでテッテレーをやっており、藤森さんの回が神がかってプロです。 そしてもう一つ、除毛クリームを使ったガチ大喜利。笑わせなければいけないというハードルを上げての逃げ場なし大喜利スタイルですね。こういった大喜利は基本ちょっとかじった程度のそれを面白いって言っちゃう?レベルの人と本当におもろい人の対決になるので、結構見ていくと面白いものですよ。

スマートフォンキャプチャ

スカルプDの笑(show)Time | アンファー を考察する動画

サントリーなるほどクイズ

サントリーなるほどクイズ

キャンペーン概要

内容:

LP上で出題されるクイズに答えることで応募完了のキャンペーンです。

キャンペーン考察

発見ポイント:

月ごとに違うテーマでクイズを出題し答えてもらうものなんですが、サントリーの活動をクイズを通じて知ってもらおうという試みのようです。 商品をPRするのと違って、どんな取り組みをしているか、ミッション・ビジョンはどんなものか、みたいな企業の思想や社会に対する行動のようなものを伝える必要が出てきます。そうなるとSNSで拡散などではなく自社メディアの回遊が目的になるので、ヒントを見るという形でサイトに飛んでもらい、ウイスキーへの理解を深めてもらう。さらにその先にはサントリーの活動を知ってもらうことができるわけです。そのためにはかんたん過ぎる問題だとヒントを見てくれないので、ちょっとむずかしい問題にする必要がありますね。

 

今月はウイスキーですが、一個前はSDGsを題材にしていました。 応募の最後にはアンケートもあり、「ブランド認知をどうやっていこうか」という中で年間を通してクイズで知ってもらおうというプロモーションでした。

 

Twitterでのクイズキャンペーンとの違いは一気に何問も答えさせられることです。活動を知ってもらおうとなると1問じゃ収まらないので、複数回答の場合WEBのほうが有効ですね。Twitterでもオートリプライを使うなどでできるかもしれませんが、複雑になってしまいます。

スマートフォンキャプチャ

サントリーなるほどクイズ を考察する動画

顔についたあのクリーム に名前をつけようキャンペーン|株式会社モンテール

顔についたあのクリーム に名前をつけようキャンペーン|株式会社モンテール

キャンペーン概要

内容:

顔についたあのクリーム の名前案をSNSで募集。その後その中から投票キャンペーンを行い名前を決定します。LP上では顔についたあのクリーム の名前が入ったエッセイがあり、キャンペーン終了後決定した名前が入ります。

キャンペーン考察

発見ポイント:

シュークリームなどを食べたときに口の周りにクリームが付いているという事象に名前をつけようという大喜利キャンペーンです。大人でつけているのはあまり見たことがありませんが、子供はつけますよね。想像するような口の端っこにちょいとついているなんてことはなく、泥棒ひげみたいについていることがほとんどです。 クリームのついた子供の口を想像して名前を考えてTwitterやInstgramに投稿することで応募完了です。その中から4つに絞り投票キャンペーンが第二弾として行われるようです。名前が決定すると俵万智さんのエッセイに登場するインセンティブになっています。オチの部分が〇〇になっていて、そこにハマるってことですね。

 

大喜利は結構ハードルが高いのですが幸せ分が多いからなのか、それなりに投稿数は多いです。やはりあざとクリーム的な投稿が多いので、MVをもっと子供に寄せると幸せ分が更に高まるかもしれません。

スマートフォンキャプチャ

顔についたあのクリーム に名前をつけようキャンペーン|株式会社モンテール を考察する動画

N2Pの実績

キャンペーンの企画、システム開発、サイトのクリエイティブ制作からサーバー設計まで一貫して行うことができます。また、SNSの企画、運用、広告などSNSに関する全てのお仕事もお引き受けできます。
気軽にご相談ください!

2021-07-19T13:21:03+09:00