【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2019/2/5-2/18

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、
企画と制作でどこかタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。
WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。
2019年2月第2,3週は4個!

鑑定の大黒屋 | お宝は家にあるキャンペーン


https://daikokuya-cp.com/

キャンペーン概要と特徴

ブランド品の買い取り・販売を行う「大黒屋」によるキャンペーン。キャンペーンサイトからブランド品の写真をアップロードすると、その商品の価値を鑑定してくれるというもの。また合計鑑定額が1億を超えた場合、抽選で5名にブランドバッグが当たる。
強い動機がなくても実際に鑑定を体験してもらう事ができるように自然な流れが出来ているのが素敵。大黒屋の鑑定がどのようなものなのかを体験してもらえ、値段によっては取引に繋がりそうなのが凄い。お試し感覚で鑑定してもらい、しかも抽選でバッグが当たる可能性があるというのも良いですね。サイトデザインはちょっと派手なものの、現在の合計鑑定金額と目標までの価格があり、意欲を掻き立てる。また鑑定済みのアイテムの一部についてもサイト上にのせており、これをみて鑑定したくなる人も多そう。

スマートフォンでの特徴

ユーザーエージェントによる振り分け

ウメカクワタシカイホウ診断|サッポロビール


https://umekakuwatashikaihou.jp/

キャンペーン概要と特徴

サッポロビールによる診断系キャンペーン。診断を進めていくとその人の本音を提示してくれるというもの。またサッポロ公式Twitterをフォローの上診断結果をポストすると商品が当たるというキャンペーンも同時開催している。
20代の女性に向けたキャンペーンで、特徴的な絵柄で統一的なサイトデザインとなっている。フォロー&RTも同時開催することでTwitterアカウントの強化も狙っている。デザイン的にはPC版もあってよいが、スマフォ専用サイトとなっている。

スマートフォンでの特徴

SPファースト

【ビンだけに便乗企画 第2弾】養命酒の皮(削り出し)が当たるキャンペーン≪養命酒製造株式会社≫


https://www.yomeishu.co.jp/sp/oyasumi-yomeishu/yomeishu_gawa/

キャンペーン概要と特徴

養命酒製造によるプロモーション・キャンペーン。フォロー&RTで木製の養命酒のボトルが”マトリョーシカ”状に鳴ったものがプレゼントされるというもの。
奇抜な限定アイテムを作り、度々SNSキャンペーンを行っている養命酒製造の新しいキャンペーン。「養命酒のボトル」のデザインの需要事態は極めてピンポイントであるが、あえてそれを活かした(?)アイテムを次々と発表し、謎のプロモーションに力を入れている。サイト上には誕生秘話の小芝居がのせてあり、コミカルで楽しいキャンペーンを演出している。前回はテルミン、今回はマトリョーシカと楽しんで作っている感じがして良いですね。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

キャラチェン下地カラー診断|「カラー診断」×「心理分析」であなたの隠れキャラをみつけよう!


https://www.coffretdor-makeup.jp/basemake-shindan/

キャンペーン概要と特徴

カネボウ化粧品株式会社による診断系のキャンペーンサイト。顔の写真をアップし、その後にいくつかの質問に答えることでピッタリのメイクやファッションに関するヒントが表示されるというもの。またそれにあった「イケボ声優」の演じるキャラクターのメッセージも表示される。
実際の写真を用いた上でいくつかの質問から分析するという2重の構造が面白いと思った。また相性の良いキャラクターも用意するということで手数を増やして多くの層にヒットするようにしている。またバレンタイン当日のみ限定のセリフを用意するというライブ感も面白い。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

今週のキャンペーンサイト/WEBプロモーション事例振り返り

バレンタイン系のキャンペーンも多かったですが、WEBをガッツリ使ったキャンペーンは少なかった印象があります。リア充ってそういうことなんだなあ

2019-06-25T15:54:35+09:00