【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2018/3/9-3/15

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、
企画と制作でどこかタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。
WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。
2018年3月第2週は4個!

シャルロッテ-いつでも散歩-


https://charlotte-special.jp/

キャンペーン概要と特徴

株式会社ロッテによるマストバイキャンペーン。シャルロッテという商品を購入し、それを特設サイト上にて撮影することで、パッケージの世界観にあったショートストーリーが自動生成されるというもの。
あくまで購入の認証としてパッケージを使うだけのようだが、そのパッケージのイラストからストーリーが派生するようで、パッケージから物語が飛び出してきたかのような感覚を味わえそう。また時間帯によっても物語は変わるという、制限されるからこそのワクワク感を生み出しそうでよく考えられているなと思った。全ての商品を購入し全ての物語を見ると限定壁紙が貰えるというのもコレクター精神をくすぐる。サイト内のアニメーションも非常に凝っており、全体的にクオリティの高さが伺える。

スマートフォンでの特徴

フォルダによる振り分け

#キャベバンバン | 日清焼そばU.F.O.


http://www.nissin-ufo.jp/banban/

キャンペーン概要と特徴

日清食品グループによるバカパク系のキャンペーン。日産が行っている #猫バンバン というキャンペーンとのコラボレーションで、カップ焼きそばのフタの裏についたキャベツを残さないようにしよう、というもの。
#猫バンバン のページのパロディで、ほぼ同じ構成にしながら内容だけ猫からキャベツに変えている。#猫バンバン は車の下で温まっている猫が車の発進に気づかず怪我をしてしまうことがあるから、車に乗る前に猫に知らせてあげよう、という真面目な取り組み。対して本キャンペーンは「高所得者は、キャベツを落とす」などあからさまな冗談が多く、パロディー感満載で面白い。動画もキャベツが猫のような動きをするシーンを撮影しており、その不可解さがとても良かった。

スマートフォンでの特徴

フォルダによる振り分け

Dの血族 - 君だけの能力を手に入れないか? | 獨協医科大学病院 初期研修医採用特設サイト


http://www.dokkyomed.ac.jp/dep-m/kensyui-boshu/d/

キャンペーン概要と特徴

獨協医科大学病院によるプロモーション・キャンペーン。”中二病”的世界観のノベルゲーム風のページで獨協医科大学病院の歴史や医師について面白おかしく紹介するというもの。
病院の歴史などは興味を示しづらい話であるが、「この世界観で、どのようにアレンジして表現するのだろう?」というワクワク感から読んでしまいたくなり、面白いアプローチだと思った。また医者をトレーディングカードゲームのカードのように紹介しているのもなんとも言えない場違い感で良かった。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

足汗のニオイ防ごうZ大作戦|ビオレデオドラントZ|花王株式会社


http://www.biorespecial.com/ashinioi/

キャンペーン概要と特徴

花王によるブランド「ビオレ」の商品に関するTwitterキャンペーン。キャンペーンサイト上にある「あるある」についてツイートすると、商品サンプルが当たるというもの。
よくあるタイプのキャンペーンでは有るが綺麗にまとまっている印象。ハッシュタグの集計をして抽選というパターンが多いが、本キャンペーンではTwitterのアプリ連携が必要で嫌がる人はちょっといそう?だが確実に習得漏れなどはなさそうなのは強みか。ツイート数をページトップで集計していて、いい感じのデザインとなっている。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応

今週のキャンペーンサイト/WEBプロモーション事例振り返り

花粉がしんどい…!スプレーマスク効くのかな?

2018-07-06T17:36:37+09:00