【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2016/1/12-2016/1/18

//【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2016/1/12-2016/1/18

【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2016/1/12-2016/1/18

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、
企画と制作でどこかタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。
WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。
2016年1月第3週は4個!

STAYHOTからの挑戦状

タグ:

www_cupnoodle_jp_stayhot_detail_html
http://www.cupnoodle.jp/stayhot/detail.html

キャンペーン概要と特徴

日清カップヌードルによるTwitterクイズキャンペーン。キャンペーンサイト上のクイズの答えを、指定ハッシュタグを付けてTwitterに投稿することで応募が完了する。正解者には抽選でオリジナルグッズやカップヌードルがプレゼントされる。
テレビCMと連動するなど、クイズのクオリティが高い。解きごたえがあり、応募もフォロー&ハッシュタグのみなので、参加しやすい。キャンペーンサイトのメインビジュアルも印象的。

制作的大変そうなところ

謎解きキャンペーン。CMとの連動という部分が新しい。
しかし俺なら何も考えずTwitter見てコピペでポイーだなあ。

スマートフォンでの特徴

フォルダによる振り分け
www_cupnoodle_jp_s_stayhot_detail_html

Reebok FITNESS BATTLE CLUB

fitness_reebok_jp_battleclub
https://fitness.reebok.jp/battleclub/

キャンペーン概要と特徴

リーボックによるO2Oキャンペーン。"Be More Human 人間をきわめろ"をテーマに、SNS等でビジュアルを展開するほか、複合型フィットネス施設を原宿にオープンする。
フィットネスを全面に押し出し、動画や画像を通してリーボックの価値観をアピールしている。原宿に期間限定でオープンする施設では、様々なフィットネスを体験することができるそう。SNS画像投稿キャンペーンも展開するとのことだが、現時点ではキャンペーンサイトにアップされていない。

制作的大変そうなところ

フィットネスとバトルをするのか、フィットネスでバトルするのか。キニナル

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応
fitness_reebok_jp_battleclub_sp

走れッツノートキャンペーン

ec-club_panasonic_jp_pc_campaign_run-2016spring
http://ec-club.panasonic.jp/pc/campaign/run-2016spring/

キャンペーン概要と特徴

パナソニックによるレッツノートの2016年春モデル発売を記念したTwitterキャンペーン。欲しいモデルを選択し、応援メッセージをTwitterに投稿することで応募が完了する。抽選で1名に応募したモデルのPCがプレゼントされる。
欲しいモデルを選択してツイートするだけ、というとてもわかりやすいキャンペーンで、参加のハードルは低い。キャンペーンサイト上の、走るビジュアルが可愛らしい。

制作的大変そうなところ

クリエイティブがポンコツで面白い。わざとって感じもしない。タイトルもヤバイ。

スマートフォンでの特徴

フォルダによる振り分け
ec-club_panasonic_jp_layout_store__smp_campaign_run-2016spring

ミルリンの大冒険

rennyu-farm_jp_adventure
http://rennyu-farm.jp/adventure/

キャンペーン概要と特徴

森永乳業が展開するゲームキャンペーン。Twitter/Facebookでログイン後、一日一回サイコロを振ることのできるすごろくに参加することができる。ゴールに到達すると、壁紙などがプレゼントされる。
毎日コツコツ参加するタイプのすごろくがJavaScriptで実装されている。止まるマス目によって、クイズなどが出題され、ポイントが溜まる仕組みになっている。

制作的大変そうなところ

HTML5 canvasですごろく作ってて偉い。
ただ何が最終的にできるのか、ということがわからないため、毎日やってくれる人がいるかどうかが疑問。
会員獲得がゴールだろうが、ポイント制度も何に使うのか謎。
でも、練乳美味しいから許す。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応
rennyu-farm_jp_adventure_sp

今週のキャンペーンサイト/WEBプロモーション事例振り返り

Reebok FITNESS BATTLE CLUBは行ってみようと思う。 期間限定オープン系はFBコメントとTwitterが相性良さそう。 現場では写真系が良いか。

2016-02-02T18:11:08+09:00