【週刊】グリコによるLINEキャンペーンほか4事例!キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2015/5/5-5/11

//【週刊】グリコによるLINEキャンペーンほか4事例!キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2015/5/5-5/11

【週刊】グリコによるLINEキャンペーンほか4事例!キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2015/5/5-5/11

グリコによるLINEキャンペーン、トイザらスによる画像投稿キャンペーンなど、今週のキャンペーンサイト/Webプロモーション事例を紹介します。

横浜F・マリノス「マスキングテープコンテスト」

www_f-marinos-onlineshop_com_special_maskingtape_pc
http://www.f-marinos-onlineshop.com/special/maskingtape/

キャンペーン概要と特徴

新商品のマスキングテープの利用法を考える横浜F・マリノスによるマストバイキャンペーン。Twitterに画像と指定ハッシュタグを投稿することで応募が完了する。優秀作品には選手のサイン入りグッズが当たる。
日本では珍しいスポーツチームによるTwitterを利用したプロモーション。公式アカウントで選手のアレンジ例を載せることで、親しみやすさもアピールしている。キャンペーンページもアニメーションを取り入れるなど綺麗なつくり。

制作的大変そうなところ

フォローアンドツイートキャンペーンだが、商品をアレンジしなきゃいけないという時点でマストバイになっている。
制作予算少なめで直接購入に結びついているのは素晴らしい。
しかし、その分投稿が冷え込む可能性が…

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応
スマホでTwitterウィジェット入れると二重スクロールになるからキライです。
www_f-marinos-onlineshop_com_special_maskingtape_sp

みんなでつくろう!Pocky×PRETZ おでかけマップ

タグ:

cp_pocky_jp_odekake2015_pc
http://cp.pocky.jp/odekake2015/

キャンペーン概要と特徴

LINEの位置情報送信機能を用いたグリコによるキャンペーン。ポッキー公式LINEアカウントに対して、旅行したい場所を位置情報として送信し、理由を200文字以内で返信することで応募が完了する。
LINEの位置情報共有機能を利用した個性的なプロモーション。スヌーピーとのコラボもあり、ポッキー公式アカウントへの導線も確保している。Google Maps APIを用いたキャンペーンサイトも手が込んでいる。

制作的大変そうなところ

LINE公式アカウント内で全て運用するためサイトはシンプル
ロゴが良く出来ている。が、なぜプリッツポッキーがオススメマップを作るのかは謎。

スマートフォンでの特徴

cssによる振り分け
cp_pocky_jp_odekake2015_sp

トイザらス・ベビーザらス「チラフィッシュデザインコンテスト」

www_chillafish_com_artistsoftomorrow
http://www.chillafish.com/artistsoftomorrow/

キャンペーン概要と特徴

オリジナルチラフィッシュ(3輪車)のデザインを親子から募集するトイザらス・ベビーザらスとのコラボキャンペーン。優秀作品にはそのデザインがあしらわれたチラフィッシュがプレゼントされる。
子どもによる絵を募集するにあたり、実店舗だけでなくWebでも申し込めるようにした点が外資っぽい。Web応募時の要件が少し面倒な印象も。

制作的大変そうなところ

全体的に荒い作りが目立つ。デザインも大雑把で日本的じゃないというか。
海外で展開されたキャンペーンをそのまま持ってきました。という感じ。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応。しょぼめ。
www_chillafish_com_artistsoftomorrow_sp

人生で一番美味しかったメニューを大募集!「運命のひとSARAH(サラ)」投稿キャンペーン

sarah30_com_campaign_20150508_salad_pc_index_html
https://sarah30.com/campaign/20150508_salad/pc/index.html

キャンペーン概要と特徴

レストランで食べたサラダの写真をアプリからFacebookに投稿することで応募が完了するSARAHによるキャンペーン。応募者全員に、デジタルマガジンがプレゼントされるほか、お食事券も抽選で当たる。
アプリ利用者拡大を目的としているであろうFacebookキャンペーンと思われる。景品がiPhone限定コンテンツである点は、お洒落なライフスタイル感がある。

制作的大変そうなところ

コメントにハッシュタグを付けて投稿するのに、運用側で「投稿後、事務局にてハッシュタグは削除します」とはいかに!?

スマートフォンでの特徴

フォルダによる振り分け。ヘッダーチャイチー。
sarah30_com_campaign_20150508_salad_sp_index_html

今週のキャンペーンサイト/WEBプロモーション事例振り返り

低予算でできるキャンペーンが増えてきた。 基本的な流れは、SNSアカウントのフォロー数を増やすのが目的だろうが、 エンドユーザーのターゲット層に応じたSNSになっているところが興味深い。

2016-02-08T17:48:28+00:00