【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2015/3/31-4/6

//【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2015/3/31-4/6

【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2015/3/31-4/6

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て、
企画と制作でどこかタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。
WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。
今週は5個!

ハーゲンダッツ「ハッピーイースター CRISPY MAGIC」

crispymagic_jp
http://crispymagic.jp/

キャンペーン概要と特徴

春のイベントとして注目される「イースター」に合わせて実施し、春の新商品『白桃とベリーのタルト』を1,000名にプレゼントするハーゲンダッツのキャンペーン。TwitterかFacebookでログインすると、一日一回抽選に参加できる。
スキーム自体はSNSを用いた抽選キャンペーンの典型だが、全体的にビジュアルが充実しており、アニメーションを用いた演出が綺麗。PCからの参加には非対応。

制作的大変そうなところ

SNSログインからのインスタントウィンで個人情報入力、とマストバイにありそうなキャンペーン。
インスタントウィンのタルトを回した後canvasでの動きが制作工数がかかりそう。
PC版はクリックで回ったアニメーションが出るなどで対応できたはずなのに、SPオンリーなのは導線が理由かな?

スマートフォンでの特徴

crispymagic_jp_sp
応募はSPサイトからのみ参加可能。ユーザーの「タルトを3回転させる」というのにタッチジェスチャーを使っているのが特徴的。

プレミアムゴールデンカレー 黄金の香りサンプリング

goldencurry-cp_jp
https://goldencurry-cp.jp/

キャンペーン概要と特徴

エスビー食品の新商品「プレミアムゴールデンカレー」のモニターキットを抽選で合計10000名にプレゼントするキャンペーン。さらに、その中からモニターの感想を投稿することで、純金製のカードや米が当たるキャンペーンも行っている。
キャンペーンが、商品モニターの募集と、その感想の投稿という2つのフェーズに分けられており、新商品の感想を確実に回収したい、というメーカーの意図が感じられる。オープンとクローズド、両方の要素が含まれている。

制作的大変そうなところ

フロントはシンプルだが、抽選後商品を送った後のアンケートとのヒモ付とお問い合せ対応が絶対に大変。

スマートフォンでの特徴

goldencurry-cp_jp_sp
フォルダによる振り分け。TwitterとFacebookのシェアボタンがPCより大きい。

エステー「あなたの傑作エピソードでオリジナルのクルマが当たる!!」キャンペーン

www_st-c_co_jp_campaign_2015_spring03_html
http://www.st-c.co.jp/campaign/2015_spring03.html

キャンペーン概要と特徴

車のニオイに関するテーマで投稿(独自フォームやTwitterハッシュタグを利用)し、抽選でオリジナルデザインの車が当たるエステーのキャンペーン。また、マストバイキャンペーンとして、エネオスプリカが当たるキャンペーンの同時開催している。
オープンとクローズドを組み合わせており、商品のイメージを全面的に打ち出したオリジナルデザインの車というインセンティブも印象的。ログイン機能を一切持たせないなど、意外とWebサイトが簡素な構造をしている。

制作的大変そうなところ

Twitterでの応募が非常にわかりづらく、残り50文字でエピソードなんか書けんのか?という疑問は残るが
マストバイがハガキ応募なので、制作はシンプル。

スマートフォンでの特徴

www_st-c_co_jp_campaign_2015_spring03_sp_html
SPからは同ディレクトリの違うファイルに飛ばされる

#おやすみ朝マック 素敵な1日を、朝マックからはじめよう!夜、公式RTするだけで、翌朝使える朝マック無料クーポンが抽選で1000名様に当たる!

www_mcdonalds_co_jp_campaign_goodnight_morning
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/goodnight_morning/

キャンペーン概要と特徴

午後8時に投稿されるツイートを、PM8:00~AM3:00の間にリツイートすることで、翌朝抽選でクーポンが届けられるというマクドナルドのO2Oキャンペーン。
RTに参加する時間を指定することで、「Twiiterがよく見られる時間」に情報拡散を集中させるとともに、他のキャンペーンとの差別化を図っている。キャンペーンページに目を向けると、時間外は「参加するボタン」がグレーアウトになるなど、芸が細かい。

制作的大変そうなところ

毎朝Twitterのダイレクトメールを1000通送っている人がいるということなのだろうか。
RTしてくれた人を自動でDBに入れてランダムで1000人にAPI認証させて自動で吐き出せているといいなあ。

スマートフォンでの特徴

www_mcdonalds_co_jp_campaign_goodnight_morning_sp
CSSによる振り分け。

日本の烏龍茶 つむぎ「#私は知らなかった」大賞

c_cocacola_co_jp_nihon-tsumugi_taisyo
http://c.cocacola.co.jp/nihon-tsumugi/taisyo/

キャンペーン概要と特徴

実はそうだったのか!と驚いてしまった身近な「私は知らなかった」を投稿するTwitterキャンペーン。毎週10名が「#私は知らなかった」大賞に認定され、「日本の烏龍茶 つむぎ」1ケースがプレゼントされる。
トリビアと大喜利はやはり取っ付き易い。PCでは、投稿されたツイートの見せ方が綺麗で、jsも真面目に書かれている。

制作的大変そうなところ

あまりみかけないデバイスフォントを明朝にするというところで、サイズと可読性部分は調整が必要。

スマートフォンでの特徴

c_cocacola_co_jp_spn_nihon-tsumugi_taisyo
フォルダによる振り分け。集まったツイートを表示するエリアがPCよりも簡素。

今週のキャンペーンサイト/WEBプロモーション事例振り返り

今週は運用の心配ばかりでした。

2015-09-04T14:36:00+09:00