【週刊】キャンペーンサイト/WEBプロモーション事例と考察2022/07/03-07/10

キャンペーンサイト制作を得意とする我々が、他社のキャンペーンを見て企画と制作でどこがタメになるか、最近のトレンドはなにかを収集・分析していきます。WEB担当者がどのようなキャンペーンを行うか調べたいときに活用していただければ幸いです。 2022年7月1週は5個!

ヴァンガードTwitter鬼ごっこ

キャンペーン概要#デラックス開幕と投稿して、30分以内にリプライが来なかったら勝利。勝った方の中から抽選で賞品をプレゼント。
インセンティブAmazon ギフトカード 5000円分(毎日10名)
使用 SNSTwitter

キャンペーンのポイント

【Twitterキャンペーンの新しい魅せ方】

ハッシュタグを付けて投稿を行うと、ウィルドレス各キャラクターのアカウントから30分以内にリプライが返ってくるというTwitterのハッシュタグキャンペーン。返ってこない場合は逃げ切ったとして当選権利を獲得できるというものです。斬新で面白いキャンペーンですが、その構造はシンプルでいろいろなキャンペーンで応用が効きそうですね。

【Twitter検索機能の仕組み】

1時間だけの開催なので、仕組みを考えると、エゴサーチで見つけて手動でリプライをすることも可能ですが、こちらのキャンペーンではおそらく有料のPremiumAPIを利用しています。というのも、Twitterの検索機能では8〜9割のツイートしか表示されないと言われているため。その原因として、Twitter社によって有益ではないと捉えられるアカウントが表示されていないことが挙げられます。

そこで、PremiumAPIを利用することですべての検索結果を表示し、オートリプライで返信しているものと思われます。加えて、リツイートインスタントウィン、オートリプライで抽選する機能を、即時返すのではなく、20−25分後に返す設定にすることでこちらのキャンペーンが成立してるのです。

スマートフォンキャプチャ

【動画で解説!】ヴァンガードTwitter鬼ごっこ

毎日当たる!プレゼントキャンペーン #夏の企業公式コラボフェス

キャンペーン概要毎日当たる!キャンペーン。30日の間、様々な出展企業をフォロー&リツイートするとその場で抽選結果がわかる。
インセンティブ各企業により様々な賞品
使用 SNSTwitter

キャンペーンのポイント

【双方にウィンウィンなプロモーション】

様々な企業がコラボレーションした、Twitterのインスタントウィンのプロモーション。出展企業を見てみると関連性のある企業というではなく、このコラボフェスに共感した企業がシステムを統一してキャンペーンを行っているものだということがわかります。有名な企業がコラボレーションをしているのを見るだけでもワクワクしますね。

企業側は相乗効果を狙うことができ、システム提供側は買い替えの機会やサービスの訴求を行えるというウィンウィンなデジタルプロモーション。 キャンペーンの仕組みとしてはフォローしてリツイートすると当選者にオートリプライではなく、DMのみが届く形になっています。オートリプライを利用してリプライに画像や動画を載せ、商品訴求するということはできませんが、トラブルの軽減を目的にDMで返信という形をとっているのでしょう。

スマートフォンキャプチャ

【動画で解説!】毎日当たる!プレゼントキャンペーン #夏の企業公式コラボフェス

ICEBOX×Spotify「あの夏にカンパイ」特設サイト | 森永製菓

キャンペーン概要ICEBOXとSpotifyがコラボしたプロモーション。特設サイト上ではカンパイボックスのプレイリストが公開され、誰でも自由に聴くことができる。
インセンティブなし
使用SNS(Twitter)

キャンペーンのポイント

【懐メロ世代へのアプローチ】

90年代、00年代に聴いていた懐メロを聴きながら、大人になった今はICEBOXにお酒を注いでカンパイをしよう、というデジタルプロモーション。90年代、00年代の頃に中高生で、放課後に友人たちとICEBOXを食べていた年代のノスタルジーを刺激するプロモーションですね。

【誰でも楽しめるキャンペーン】

カンパイボックスプレイリストとして、サイト上にSpotifyコードを用意しているため、誰でも簡単にプレイリストを楽しむことができます。他社のプロモーションではパッケージに付いているQRコードからプレイリストを読み込み、キャラクターIPやオリジナルのプレイリストに飛ばすマストバイキャンペーンのものがありますが、購買に至るまでにプレイリスト自体が価値のあるものである必要があります。その点、ICEBOXは誰でもアクセスできるというところでオープンなキャンペーンになっています。

またTwitterではフォロー&引用リツイートキャンペーンを実施し、キャンペーンそのものの認知拡大も同時におこなっています。

スマートフォンキャプチャ

【動画で解説!】ICEBOX×Spotify「あの夏にカンパイ」特設サイト | 森永製菓

会計士あるある川柳 Twitterキャンペーン | ジャスネットキャリア

キャンペーン概要7月6日公認会計士の日を記念して、実施。会計士に関するすべてのあるあるを川柳にしてツイートすることで応募完了。
インセンティブデジタルギフトカタログ(13名)
使用SNSTwitter

キャンペーンのポイント

【共感を生むプロモーション】

会計士・税理士・経理の転職求人ジャスネットキャリアがしかける、会計士の共感を得てファンになってもらおうというデジタルプロモーション。共感を生み出すのに一番わかり易いのが「あるある」で、どんなコンテンツに触れていても「あるある」というのは目にするものです。ユーザーの共感の感情を喚起しやすいあるあるを用いつつ、川柳という日本古来からあるテンプレートを用いて投稿のハードルを下げています。金賞、銀賞、銅賞と、優秀賞が公式サイトで発表されるということも、誰にでも楽しめるキャンペーンのポイントです。

また、こういったあるある川柳はメディアに取り上げられやすいという点でも優れたプロモーションになっています。

スマートフォンキャプチャ

【動画で解説!】会計士あるある川柳 Twitterキャンペーン | ジャスネットキャリア

日本一アツいまちからの挑戦状 | 一般社団法人アツいまち

キャンペーン概要アズ熊谷、エスパル山形でマンガを活用した謎解きキャンペーンをLINE公式アカウントで開催。
インセンティブ正解者の中から抽選でプレゼント(計260名)
使用SNSLINE

キャンペーンのポイント

【チャットボットをうまく活用した謎解きキャンペーン】

「一般社団法人アツいまち」という暑さ日本一の記録を持つ「埼玉県熊谷市」「静岡県浜松市」過去に日本一の記録を保持していた「高知県四万十市」「岐阜県多治見市」「山形県山形市」の民間団体がタッグを組み結成した組織が打ち出した、酷暑になりがちな街が考える暑さ対策のキャンペーン。

埼玉県を舞台にした漫画『埼玉の女子高生ってとどう思いますか?』とコラボして、LINE公式アカウントを活用した謎解きキャンペーンに仕立ててます。 LINE公式アカウントを登録すると、テキストとマンガベースで謎解きに挑戦できます。漫画を読むことでなんでアツい街なのか、ということが理解でき、謎解きを行うとストーリーが進行して活動内容がわかるという伝わりやすい内容になっています。

スマートフォンキャプチャ

【動画で解説!】日本一アツいまちからの挑戦状 | 一般社団法人アツいまち

N2Pの実績

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: img_creative.png

キャンペーンの企画、システム開発、サイトのクリエイティブ制作からサーバー設計まで一貫して行うことができます。また、SNSの企画、運用、広告などSNSに関する全てのお仕事もお引き受けできます。詳しくはこちらのリンク、もしくは下記ボタンよりお気軽にお問い合わせください。

簡単1分で問い合わせ

View ALL articles →