fbpx

海外のブランドサイト/キャンペーンサイト制作事例まとめ 2016年9月前半

//海外のブランドサイト/キャンペーンサイト制作事例まとめ 2016年9月前半

海外のブランドサイト/キャンペーンサイト制作事例まとめ 2016年9月前半

日々進化するキャンペーンサイト。
しかし、我々は常に次に来るキャンペーンサイトやブランドサイトの形を模索しなければならない。
そのためには日本だけじゃなく海外の流行も勉強していこう、ということで調べてみました!
2016年9月前半は4個!

Patriots Fancam

patriots-fancam_com
https://patriots.fancam.com/

キャンペーン概要と特徴

Putnam InvestmentsとNFL New England PatriotsによるFacebookキャンペーン。スタジアムで撮影された高解像度360度画像から、ユーザーが自分自身を見つけ出し、Facebookのリンクをタグ付けすることができる。
テクノロジーとSNSを最大限に利用している点が特徴。スタジアムという多くの人が利用する施設から、自分自身を見つけ出すというゲーム性も備えている。プライバシーやなりすましの観点から、日本ではあまり見られない試み。

制作的大変そうなところ

非常にグリグリ動く360度画像。ズームしても鮮明で動作もサクサクで非常にクオリティが高い。
日本では顔にモザイクがかかってしまうかもしれない、または入場者全員に写真の許可が必要か。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応
patriots-fancam_com_sp

Official UGG | #DONOTHING

www_ugg_com_do-nothing-zone
http://www.ugg.com/do-nothing-zone/

キャンペーン概要と特徴

UGGによる動画・ハッシュタグキャンペーン。"DO NOTHING"をテーマに、同社ルームシューズをコミカルにアピールしている。SNSへは、ハッシュタグ #DONOTHING を用いたシェアを推奨しているが、抽選等は用意されていない。
一見お洒落な印象を受けるキャンペーンサイトではあるが、動画コンテンツはクスッと笑えるような内容になっている。家の中でのリラックスした様子と、同社のルームシューズのスタイリッシュさがうまく表現されている。

制作的大変そうなところ

ひたすら動画の内容が凝っている。斜めのスタンドに見えるように切り抜いたフレームや動画自体の小ネタ・アングルも配慮が力入っている。動画は掲載を選んでいる?

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応
www_ugg_com_do-nothing-zone_sp

Michael Kors Access

access_michaelkors_com_en
http://access.michaelkors.com/en/

キャンペーン概要と特徴

Michael Korsによるハッシュタグ画像投稿キャンペーン。同社新製品のスマートウォッチやアクティビティトラッカーについて紹介をしている。TwitterやInstagramでハッシュタグ #AccessItAll を付与して投稿すると、一部がキャンペーンサイト上でフィーチャーされる。
現代のキャンペーンサイトとして必要な要素が一通り詰まっている点が特徴。パララックス・YouTube・SNSを通じた画像投稿といった要素が、過不足なく洗練された状態で掲載されている。

制作的大変そうなところ

Apple路線のよくあるレイアウトに動画を取り入れたもの。
パララックス効果は殆どなく写真・動画で勝負している。
ただ動画(YouTube)をかけ流しにしているのでページは非常に重い。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応
access_michaelkors_com_en_sp

Krispy Kreme - Doughnuts, Coffee, Sundaes, Shakes & Drinks

タグ:

www_krispykreme_com
http://www.krispykreme.com/

キャンペーン概要と特徴

クリスピー・クリーム・ドーナツによるブランドサイト。トップページには、季節のキャンペーン情報、クーポン、同社Twitterアカウントの投稿などが大きく取り上げられている。
ユーザーとの接点を重視した構造が特徴。新製品、クーポン、SNSアカウントの3つを目につく位置に配置し、離脱を防ぐ仕組みが読み取れる。円を中心としたデザインにも統一感が見られる。

制作的大変そうなところ

公式アカウントでTwitterに投稿された多数の写真を丸く切り抜きデザインを加えサイトで表示するシステムが画期的かつカロリーの高さが感じられる。

スマートフォンでの特徴

レスポンシブ対応
www_krispykreme_com_sp

今週のキャンペーンサイト/WEBプロモーション事例振り返り

それじゃあ今週はここまで!

2016-10-31T18:08:19+09:00