無料で2000通まで送れるオススメHTMLメールマガジン配信サービスMailChimp

//無料で2000通まで送れるオススメHTMLメールマガジン配信サービスMailChimp

無料で2000通まで送れるオススメHTMLメールマガジン配信サービスMailChimp

スマホでHTMLメールが読めるようになったので、再注目のメルマガ。
今回は、無料で2000通まで送れるパワフルなメルマガ配信エンジンMailChimpを紹介したいと思います。

MailChimpは、簡単・デザインテンプレートが豊富・安い!

良く練られたUI、直感的で簡単。
メルマガ配信の怖いところは、設定が多い割にひとつのミスが大事故に繋がります。。
MailChimpは、抜けてる設定などを送信前にアラートしてくれます。
例えば、勢い余って重要なリストを消したりしてしまわないように、最終確認は手打ちです。

chi_delecte
なかなか優しい猿です。

大量のデザインテンプレをその場で編集出来る

chi_ga
テンプレートが豊富なので、都度HTMLメールを作り起こさなくてもWYSIWYGでメールデザインが出来ます。
構築コストを抑えつつ、PDCAを回すには良い機能です。
送信前のプレビューも高性能です。
(参考URL:Magentoメールマーケティング MailChimp Part1 – 機能紹介

でも、お高いんでしょ?

price
安い。2,000名/月間14000通までは無料。1万人までの配信でも月$75で配信制限数なしとかなり安いです。
(参考URL:無料から使えるメール配信サービスMailChimpが本当に凄い

MailChimpでオリジナルデザインのメルマガを送信する

1.右上の「Create Campaign」から「Regular Ol’ Campaign」を選ぶ

chi_1

チュートリアルに沿って進んだら、、
chi_2

2.「Code your own」を選択します。

3.遷移先のフォームに用意しておいたメルマガ用のHTMLソースを貼り付けます。
右上の「Preview&Text」からPCやモバイルでの見え方もプレビュ出来ます。

chi_3

chi_4

4.プレビュして問題なければ、送信です。
優秀なGmailのフィルタに引っかかることなく、無事に受信出来ていました。

MailChimpを使うときに気をつけるのは、文字コード

日本は2バイト(漢字など)文字圏なので、1バイト文字圏のサービスを使う際に文字コードを気をつける必要があります。
MailChimpに使われている文字コードはUTF-8なのですが、ヘッダーなどでUTF-8以外に解釈され、たまに文字化けをするようです。
その場合は、「◉」「⌘」「♡」などを本文に含めることでUTF-8に固定することが出来るので利用します。
(参考URL:「iPhoneのMailから送ったメッセージ全体が文字化け」のまとめ)

2000通まで無料など、海外ならではのフリーミアムを活用してスイスイがんばりましよう。

デジタルマーケティングで最近気になることはありますか?調査して記事にします!

2019-06-10T14:55:43+09:00