webキャンペーンを始めたら、
・実際どれくらい数値が伸びているのか
・どのツイートがどのくらい拡散されたのか
・どんな層が興味を持ってくれたのか
など…

 

こういった数値を記録し、分析し、把握しておくことも大事です。

 

そのためのサービスは、検索すればいくつか出てきますし、まとめてくれている記事もあります。
今回は、そんな数々のサービスを実際に使用してみて比較をし
この記事を書いている大学生バイトでも迷わずストレス無く使い始められるもの且つ、分かりやすくキレイに情報を提示してくれるサービスはどれか、調査をしていきたいと思います

Twitter公式の無料効果測定サービス”Twitter Analytics”


Twitterのアカウントを持っていれば、誰でもすぐに利用開始することができます。
Twitter右上のアカウントボタンをクリック、アナリティクスという項目をクリックすればアクセス完了。
それか下記URLから。
https://analytics.twitter.com

このように、フォロワー数の遷移が確認できるのはもちろん、

日毎に何ツイートをしてどれくらいのインプレッションがあったのかを表示したり、

過去28日でのパフォーマンスの変動を確認したり、


フォロワーの興味関心のタイプを分析できたりもします。

他にも、ツイートの分析データをcsvファイルに書き出したり、月ごとのトップツイート、トップフォロワーを確認したり…シンプルな外観ながら機能は多岐に渡ります。

 

ただこちらのTwitterAnalyticsですと、例えばフォロワー数の遷移は過去28日間限定でしか確認できませんし、確認する期間も指定できません。
さらに実際に自分のtwitterの通知欄を遡って照らし合わせてみると、少しおかしいことが起きてます。
この日フォローされたのになって日に数値が増えてなく、後々ブワッと増えてる、というようなことが起きているのです。
精度の高いデータを知りたい場合は、他のサービスを使うのが良いかもしれません。

機能は少ないが軽く、他のアカウントも調べることができる”ツイプロ”

https://twpro.jp/


だいぶシンプルで簡単に操作ができます。
フォロワー数の遷移で比較するなら、大雑把な表示ではありますが、数値にズレはありませんでした。

他にも、その人に似たユーザーを表示したり、関心事、嬉しかったこと、悲しかったことを表示する機能もあります。

有料サービスのひとつ”Twittercounter”

https://twittercounter.com/

英語です。トライアル版を試してみました。
フォロワー数遷移データで見てみますが、僕がこの一月、毎日2、3フォロワーずつ着々と増やし、70人ほど増やしていると表示されています。そんなことはサラサラないです。なぜこんな表示になったのでしょうか…。もしかすると登録後の数値は正しく表示されるのかもしれませんが、正しくないデータが表示された時点で困りますよね。

有料サービスのひとつ”Hootsuite”

https://hootsuite.com/ja/
8割日本語2割英語です。
こちらも無料版を試してみました。
フォロワー数の遷移図を見てみると、このようになりました。
5/6から5/7にかけて60人増えていると表示されていますが、そんなこともありません。
もしかすると何か僕の設定が良くないのかもしれませんが、この段階で迷わないサービスがあればそちらを使えば良い話でもありますので、次のサービスを試してみます。

分析、運用に活用可能。無料でも利用できる”socialdog”


こちらも無料で始められるサービスです。
https://social-dog.net/

色々な数値の遷移を視覚的にまとめてくれるのはもちろん、

下記のような多くの機能を利用することができます。


さて、フォロワー数の遷移ですが、socialdogは登録後のデータしか出ません。
しかし数値に誤りは無さそうです。

Twitterアカウントを分析してくれるサービスは数多く存在しますが、
分かりやすくて使いやすいものを厳選すると、最初と最後の2つでしょうか。

socialdogはTwitterの公式ルールに100%準拠しており、Twitterアナリティクスは言わずもがな。
よくわからないサービスを利用し、見境なくフォローをするなど間違った使い方をすると、スパム扱いされてしまう可能性がありますが、この2つはその点安心です。
安心で楽々、わかりやすい上記のようなTwitter解析ツールを活用し、ストレスなく今後の運用効率やキャンペーン効果を上げていきましょう。

2018-05-08T22:27:54+00:00