fbpx

【海外プロモーション】ARを使った楽しいキャンペーン5選

最近は日本でもARを使ったプロモーションキャンペーンが増えてきました。海外でもARを使って利用者を楽しませるキャンペーンや広告は多いです。そんなたくさんある事例の中から今回は5つの事例を取り上げ、紹介します。

①Bollé  Instagramのフィルターでサングラスの試着体験

期間:2020/06~

SNS: Instagram

dept perception Volt+ lenses
https://arpost.co/2021/06/04/bolle-instagram-ar-campaign-launch-volt/

アイウェアブランドのBolléの新しいサングラスの販売に合わせ、InstagramのARフィルターを使い、実際にお店に行かなくてもサングラスを試着できるキャンペーン。コロナ禍で外出することが難しくなってしまった中、とても需要の高いキャンペーンなのではないでしょうか。

普通のフィルターは顔を認識して自分がサングラスをかけたかのように見えるものですが、今回のキャンペーンでは外向きのカメラに変えるとサングラスをかけた時の視界を体験することができます。

http://www.bolle-ar.com/instagram

このARフィルターを使ったキャンペーンはスマホでInstagramを使っている方しか参加できないキャンペーンです。しかし、最近では多くの方がスマホでInstagramを使っていますし、他にアプリをダウンロードしたり、サイトに登録する必要がないのでとても気軽に参加できるキャンペーンなのではないでしょうか!

②Jones Soda  ボトルのラベルからインフルエンサー出演のARビデオを見れるキャンペーン

期間:2021/7/21~

https://www.marketingdive.com/news/jones-soda-turns-labels-into-ar-videos-starring-influencers/603777/

飲料会社のJones Sodaは専用のアプリを使って飲み物のラベルをスキャンし、インフルエンサーの動画が見られるキャンペーンを開催。インフルエンサーの動画といってもアスリートやアーティーストなどのユニークな世界観が詰まっている熱い動画ばかりだそうです。

https://www.jonessoda.com/pages/reel-labels

そして来年のARラベルに使う動画を決める動画投稿コンテストも同時開催されています。Jones Sodaは昔から飲み物のラベルにファンが撮って投稿した写真を使用することで有名で、今回はその伝統にARという技術を足すことで新鮮味を出すことができていますね!

専用のアプリが必要なのでスマホの普通のカメラを使ってスキャンするより参加者は減るかもしれませんが、様々な分野のインフルエンサーを起用しているため、特定の趣味を持った人たちだけでなく多くの人に参加してもらえるでしょう。

関連記事|TwitterやInstagramなどを利用し、写真投稿させることで参加とするキャンペーンサイトの事例を紹介

③Prada SnapchatのARフィルターで試着機能

期間:2021/5/20~

SNS:Snapchat

https://www.fashionsnap.com/article/2021-05-23/snapchat-partnership/#lg=1&slide=1

ファッションブランドのPradaはSnapchatでカバンの試着ができるARフィルターを開発。全身を映すと体が認識され、カバンを身につけているかのように映ります。

Pradaだけでなく、FarfetchやAmerican Eagleなどの他のファッションブランドもフィルターを開発しています。Snapchat上ですが、すぐに購入に進むこともできるようです。

Farfetchのフィルターでは音声で試着アイテムを選べ、Pradaのフィルターでは手の動きで試着アイテムを変更できるようです。Snapchatは文字ではなく写真を主に送り合うSNSで、利用者がフィルターを使って他の人に写真を送ることでフィルターの認知度向上につながるでしょう。

④化粧品メーカー 口紅に続き、アイシャドウをARカメラで試せるキャンペーン

期間:2021/6~

SNS:Pinterest

video of AR eyeshadow effect
https://techcrunch.com/2021/01/22/pinterest-launches-an-ar-powered-try-on-experience-for-eyeshadow/

2020年からPinterestはスマホのアプリで口紅の色をARカメラで試せる機能を提供していましたが、今回は口紅だけでなく、アイシャドウも試せるようになりました。Lancome, YSL, Urban Decay and NYX Cosmeticsなどのブランドから4000色のアイシャドウがARカメラに登場。

Pinterest上なのでボードに保存し似たものを検索することはもちろんできますが、そのまま商品を買う機能もついています。検索する際にはブランド、価格、色を絞ることができ、口紅もアイシャドウも同時に試すことができるそうです。

 

Pinterestによると、ARカメラを使った人は普通のPinterest上の写真を見ただけの人に比べて5倍ほど購入意欲が高かったそうです。オンラインでの買い物が増えた現在、身につけるものをARカメラで試すことができるのは便利ですね。また、このキャンペーンは様々な化粧品メーカーが参加しているので利用者からしたら一度に色々な商品を比べることができて楽ですね!

⑤Barclaycard×Global スマホのカメラを広告にかざすとライブイベントの告知ARビデオ

期間:2021/7/12~7/25

https://mobilemarketingmagazine.com/barclaycard-launches-ar-campaign-starring-anne-marie-

イギリスのクレジットカード会社のBarclaycardとメディア会社のGlobalがコロナが少しおさまってきた今、音楽ライブを開催する予定で、その宣伝のためのキャンペーンです。Capital Up Close というラジオともコラボし、イギリス国内にある広告をスマホのカメラでスキャンするとライブ告知のAR動画が始まります。

関連記事|店舗連動やイベントと連動したキャンペーンサイトの事例を紹介

ライブに登場するAnne Marieという歌手が広告を壊して出てくるような遊び心のある広告になっています。動画内でライブのチケットの買い方などを説明。InstagramのフィルターでもARを使って同じ情報をゲットできるそうです。

このキャンペーンはアプリのダウンロードなどが不要で、スマホを持って広告の前に行けば簡単に参加することができます。また、広告に行けない人はInstagramでも参加でき、色々な参加方法があってたくさんの人を巻き込むことができそうですね!

2021-09-21T11:35:06+09:00