ソーシャルゲームの事前登録にちょい足しキャンペーン方法まとめ

最近のソーシャルゲームは、公開からだいぶ前にティザーサイトを作り、
事前登録させるのがあたりまえになってきています。
どのゲームでも作るということになると事前登録だけじゃインパクトを出せないし、SNSを連携させてPRをしていきたいというのが現在から今後の流れになります。
事前登録にちょい足しした登録キャンペーン例をまとめてみました。
事前登録にもデジタルプロモーションとしてキャンペーン企画が必須になっている昨今、アイデアの一つになれば幸いです。

ソシャゲ事前登録+登録キャンペーン例

ガチャ等のミニゲーム

mongeki
事前登録後、ガチャを回してインセンティブをゲットする。
日に3回できるなどして、毎日サイトに来させるなどの効果を期待できます。
ミニゲームなどでゲームの仕組みを事前にわかってもらう等の動きもできます。
例:http://www.mon-geki.com/

公式ツイッターアカウントフォロー→公式ツイッターのつぶやきをリツイートした人にインセンティブ

mobcast
事前登録以外の指針として公式アカのフォロワー数というのもあると思います。
ただ単にフォローさせるだけでもいいのですが、指定のつぶやきをリツイートさせることにより、
SNS拡散も狙えます。
やはりソシャゲユーザーにはTwitterが合いそうです。
例:http://mazekuro.funclick.jp/rt-campaign.html

事前登録者が何人を超えるごとにインセンティブの量が増加

zoid
最近多くなってきた登録者数公開パターンのやつです。登録者数があまり伸びなかった時青ざめるやつです。
システム的に登録者数の嘘はなんぼでもつけるので、流行っている風にするには効果的です。
例:http://www.terra-battle.com/jp/downloadstarter/#160dl

twitterフォロワー数でインセンティブの量が増加

twi
登録者数と同じなのですが、こちらは嘘がつきづらいため、
冷えると悲しいのがまるわかりになるので、オススメしません。
例:http://item.koramgame.co.jp/twilightlore/jizen/

キャラクター投票させ、一位になったらそのキャラに投票した人にそのキャラをプレゼント

chara
キャラクター先行型のソシャゲには面白いと思います。
もしくは版権物のゲームには最適です。
http://sp.nexon.co.jp/kemo/campaign/campaign02/index.aspx

事前登録した時に発行される限定URLを友だちに送って、そこから登録されるとインセンティブという友だち招待

friend
これは実にWEBキャンペーン的な形です。キャンペーンサイト制作屋としてニヤリとします。
アプリオープン後にアプリ内で友達招待は今までもこれからもあるでしょうが、
事前登録時にも友達紹介があってしかるべきかと思います。
例:http://teneighty.jp/pre/sangokushibw

サイト内キーワードを探して、インセンティブ

keyword
同会社でいろんなアプリを出している場合、回遊させるには非常に良いキャンペーンです。
いろんなサイトに散りばめておき、違うアプリも知ってもらうのに有効です。
例:http://sonicrunners.sega-net.com/jp/index.html

検定

kentei
版権物なら有効ですが、ちょっと組み込むにはハードルが高そうです。
例:https://www.bleach-bravesouls.com/index.php

DMで告知

twidm
単純にTwitterアプリでの事前登録なんですが、
告知がDMできます。つまりAPI認証させる際にDMの権限をもらうわけです。
そのDM発送権限を元に自分から自分へDMを発信し通知させる仕組みです。
ちょっと悪さしようとしたらスパム送りつけ系になりそうですが…
これはソシャゲに限らず、キャンペーンで使えるスキームです。
例:http://nizikano-2d.jp/

たわし

http://getgold.jp/?p=32657
こういうバズり方も…

ソーシャルゲームにキャンペーンサイトは必要である

一時期に比べソーシャルゲーム自体のクオリティが高く、多額の予算を投じて一つのゲームを完成させなければ競争に勝てない時代になっています。
その投資予算を見極める上でも事前登録させて、事前からユーザーの獲得を行いたいと考えるのは当然です。
事前登録にちょい足しでキャンペーンを企画してみてはいかがでしょうか?

View ALL articles →