fbpx

今更聞けないクローズドキャンペーンの意味とは!?事例とともに説明!

多くの企業は、自社の商品の認知度を高めたり、販売意欲を促進するためにキャンペーンを実施しています。そのキャンペーンの中にも大きく分けてオープンキャンペーンクローズドキャンペーンの2つがあります。オープン懸賞やクローズド懸賞などとも呼ばれますが、今回はクローズドキャンペーンについて事例とともに説明していきたいと思います!

オープンキャンペーン

オープンキャンペーンには、クイズやアンケート、コンテストなどの形式が存在し、購入などは条件としておらず、抽選などによって景品が応募者に進呈されるキャンペーンとなっています。

 

クローズドキャンペーン

クローズドキャンペーンは、対象商品にシリアルナンバーやQRコードが貼付されており、そこからキャンペーンサイト に誘導し、アクセスさせる手法となっています。このようにキャンペーンサイト にアクセスすることで応募が可能となったり、クーポンなどを賞品としているキャンペーンです。また、オープンキャンペーンとは異なり、有料サービスの利用や商品の購入を条件としているものが多いです。

 

クローズドキャンペーンにおける景品表示法とは?

キャンペーンで消費者に進呈される賞品とは「景品」とも呼ばれ、いわゆるおまけのようなものです。このおまけである景品を付与するためには、「景品表示法」というものが関わってきます。なぜなら、景品の付与するにおいて、消費者が景品そのものに気を取られて不要なものを購入することを予防するための、上限価格や罰則が設けられているからです。また、この景品表示法にも種類があるのでそれぞれ解説していきたいと思います。

一般懸賞

こちらは、商品の購入や有料サービスの利用で、バーコードや応募シールより応募するキャンペーンとなっています。

このキャンペーンにおいては、取引金額が5,000円未満ではその金額の20倍、5,000円以上の場合では金額に関わらず上限価格が10万円となっています。また、景品の総額が懸賞の対象となる商品の総売上予定額の2%と定められています。

 

共同懸賞

こちらは、複数の企業が共同で行い、対象の商品や有料のサービスを利用することで応募ができるキャンペーンとなっています。

このキャンペーンにおいては、取引金額に関わらず景品の最高額が30万円、総売上予定額の3%と定められています。

 

総付懸賞

こちらは、特定の商品を購入した人や、来店者を対象としており、先着型のキャンペーンなどが当てはまります。

このキャンペーンにおける上限価格は、取引金額が1,000円未満では200円、1,000円以上の場合では取引金額の20%が上限価格として定められています。

 

クローズドキャンペーンの事例3選!

UHA味覚糖コロロ×鬼滅の刃キャンペーン

http://uha-cororo.jp/cp/

こちらは、UHA味覚糖より、自社の商品であるコロロと人気アニメ「鬼滅の刃」がコラボしたキャンペーンとなっています。キャンペーン内容としては、対象商品であるコロロを購入し、レシートをLINEで送ることで応募することができるようになっています。クローズドキャンペーンの中でもマストバイキャンペーンの1つとなっています。

動くを、楽しく!LINEマイレージキャンペーン

https://www.suntory.co.jp/softdrink/iyemon/tokucha/line202006/

こちらは、サントリーより対象商品を購入し、商品についている応募シールからQRコードをLINEで読み込むことでポイントが貯まる「マイレージ」型のキャンペーンとなっています。

夢をつないで、がんばれ!ニッポン!

https://www.myrepi.com/family/activities/tokyo2020-w5n-2

こちらは、P&Gより主催されているキャンペーンとなっており、対象商品であるP&Gの商品を2500円以上を購入することでキャンペーンに応募することができ、賞品内容が物などではなくトップアスリートの激励会への招待券なのが面白い内容となっている。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は、キャンペーンの中でもクローズドキャンペーンについて事例を交えながら説明してきましたが、少しはイメージをつかんでいただけましたでしょうか。これからクローズドキャンペーンを実施したいと考えている方も参考になれば幸いです!

2020-10-08T16:54:34+09:00