HTMLメールのメールマガジンのコーディング【コーディング準備篇】

///HTMLメールのメールマガジンのコーディング【コーディング準備篇】

HTMLメールのメールマガジンのコーディング【コーディング準備篇】

HTMLメールのメールマガジンのコーディングのお話。
コーディング直前の準備篇です。
今回は、実際に使った環境についてレポートします。

配信スタンドはmailchimpに決定。

メールマガジンの配信スタンドは、
mailchimp
にしました。

全て英語表記で、少しだけ敷居が高いですが、とっても高機能な配信スタンドです。
ちなみに私はChromeの翻訳機能をonにして使いました。
詳細はこちらからどうぞ。

「無料で2000通まで送れるオススメHTMLメールマガジン配信サービスMailChimp」
http://n2p.co.jp/blog/planning/mailchimp/

文字コードはutf-8で

以前は、メールを送る時の文字コードはiso-2022-jp が良いとされていましたが、
今回はutf-8にしました。
mailchimpで利用できる文字コードはutf-8なのです。
utf-8は、メーラー側では
途中経由するサーバが対応しておらず、文字化けを発生させる可能性はゼロではありません。
ですがひとまず試験的に運用してみました。
文字化けをしていたらどうぞご報告頂ければ幸いです。

テンプレートは 「HTML EMAIL BOILERPLATE v 0.5」

どのメーラーでも崩れず安定してくれたので、
「HTML EMAIL BOILERPLATE v 0.5」をテンプレートとして使用しました。
http://htmlemailboilerplate.com/

いよいよ次回、
実際にHTMLメールマガジンを組んでみますよ。

参考ページ

「Unicode(UTF-8)への各種メールソフト対応調査」
http://www.securehtml.jp/utf-8/utf8_mail.html

N2P HTMLメール記事まとめ

HTMLメールのメールマガジンのコーディング【下調べ篇】
http://n2p.co.jp/blog/tech/htmlmailmagazine01/

無料で2000通まで送れるオススメHTMLメールマガジン配信サービスMailChimp
http://n2p.co.jp/blog/planning/mailchimp/

スマホで読ませる! HTMLメルマガで覚えておきたい横幅と文字サイズ
http://n2p.co.jp/blog/planning/numberforhtmlmail/

デジタルマーケティングで最近気になることはありますか?調査して記事にします!

2017-02-09T14:44:44+09:00