鍵垢とは?非公開にするメリット・デメリットや手順を解説!

鍵垢とは?非公開にするメリット・デメリットや手順を解説!

Twitterには鍵垢(鍵付きアカウント)と呼ばれるものが存在します。

ユーザー名の隣に鍵のマークがついているアカウントを見かけることもよくあると思います。

今回は鍵垢にするメリット・デメリットや手順を解説します。

鍵付きアカウントとは

鍵付きアカウントとは非公開設定をしているアカウントのことを指します。

非公開設定をすると

・フォロワーのみがツイートを見ることが可能(RT、引用RTは不可)

・フォロワーになりたいユーザーからリクエストが届く

となります。

アカウントを作成した際の初期設定は公開される設定となっています。

鍵付きアカウントにするメリットは?

フォロワーを選べる

フォロワーになる前にリクエストが届き、承認するか拒否するかが選べるため望まない人から勝手にフォローされることがなくなります。

※非公開設定をする前からフォロワーだったアカウントは引き続きフォロワーとなります。

プライバシーを守れる

フォロワー以外のユーザーからはツイートが閲覧できないため知らぬ間に情報が漏れるということがなくなります。

トラブルに巻き込まれない

Twitterは世界中の人と繋がるため、ふとしたツイートが拡散され炎上してしまいトラブルに巻き込まれたり個人を特定される可能性もあります。

見知らぬ人との交流は不要という方や、たとえ知り合いでもSNSでは繋がり持ちたくない人がいるという方は鍵付きアカウントにすることで、特定の友人だけ気兼ねなく交流できるのがメリットです。

鍵付きアカウントにするデメリットは?

フォロワー以外のユーザーとコミュニケーションが取れない

フォロワー以外のユーザーからはツイートが見れないためリプライ・メンション付きのツイート・RT・いいねをしても相手には通知を含めて届きません

※カウントはされるのでこのような表示になりますが内容や誰がRT・いいねをしたかは閲覧不可となります。

そのため鍵付きアカウントでは企業公式アカウントで行われている抽選キャンペーンなどにも参加できません

フォロワーを増やしたい人には不向き

様々なユーザーと交流したい方や自分のツイートを多くの方に見てもらいたい人には非公開設定は不向きです。

非公開設定の手順

まずはホーム画面の左側にあるメニューから「もっと見る」→「設定とプライバシー」をクリックします。

次に「プライバシーと安全」→「オーディエンスとタグ付け」を選択。

「ツイートを非公開にする」の右にある□をタップすると非公開設定の完了です。

プロフィール画面を開きユーザー名の隣に鍵のマークがついていることを確認してみてください。

まとめ

Twitterは人それぞれ使い方が違いますので、ぜひ自分にあったアカウントの設定を行って安全に楽しんでください。

今回は鍵付きアカウントについて解説しましたが、引き続きTwitterの機能について解説していきたいと思います。

View ALL articles →