Twitterで画像を広告に投稿する方法とは?誰でも簡単にできる広告アカウントで投稿する手順を紹介

Twitterで画像を広告に投稿する方法とは?誰でも簡単にできる広告アカウントで投稿する手順を紹介

みなさんはTwitterで広告を作成する際に画像の添付ができることを知っていますか?

画像を添付することで単に広告として機能するだけではなく、視認性を高める効果を発揮し、エンゲージメントを向上させることができます。

本記事では、Twitter広告アカウントで広告を作成する際に画像を投稿する手順を紹介します。

ツイート作成画面から作成をする場合

直ぐにツイートをする方法

まず、設定画面(https://ads.twitter.com/)にアクセスし、広告を作成するアカウントにログインをします。

すると以下の画面になると思うので、

「クリエイティブ」→「ツイート作成画面」を選択します。

上記の外面が表示されるので、使う画像の枚数に合わせて「単一メディア」もしくは「カルーセル」を選択し、「メディアを追加」を選択します。

「ファイルをアップロード」を選択します。

添付したい画像を選択した後に、「保存」を選択します。

もう一度「メディアを選択」を選択し、先ほどの画面に戻ります。

「ライティングページ」から「ウェブサイトカード」または「アプリカード」を選択します。
(必要ない場合は、「なし」を選んでください)

「ヘッドライン」や「ウェブサイトのURL」を入力し、「ツイート」を選択して完了です。

予約投稿をする方法

先ほどのツイートをするまでは同じ手順で進めていきます。最後のツイートをする際に、「ツイート」ボタンの右にあるアイコンを選択し、「 予約設定」を選択することで指定した日時への投稿が可能になります。

メディアからツイートを作成する場合

先ほど同様、設定画面(https://ads.twitter.com/)にアクセスします。

そして「クリエイティブ」→「メディア」を選択します。

ツイートしたい画像の右下の「ツイートアイコン」をクリックします。

「ツイート」もしくは「予約設定する」を選択し、完了です。

推奨される画像・動画サイズ

ここでは、それぞれの形式ごとに推奨されているサイズを説明します。

推奨サイズなので記載されたサイズ以外で使用できる場合もありますが、自動的に推奨サイズにトリミングされることがあるので注意してください

画像サイズ

画像広告(一枚)

サイズアスペクト比ファイル形式
1200×628ピクセル推奨(アスペクト比1.91:1)
1200×1200ピクセル推奨(アスペクト比1:1)
1.91:1または1:1 PNG・JPEG
※GIF画像は静止画として表示

カルーセル広告

サイズアスペクト比ファイル形式
800×418ピクセル推奨(アスペクト比1.91:1)
800×800ピクセル推奨(アスペクト比1:1)
1.91:1または1:1PNG・JPEG
※GIF画像は静止画として表示

動画サイズ

動画広告(単体)

長さサイズ・アスペクト比ファイル形式
15秒以内推奨
(最大2分20秒)
1920×1080ピクセル推奨(アスペクト比16:9)
1200×1200ピクセル推奨(アスペクト比1:1)
MP4・MOV

カルーセル広告

長さサイズ・アスペクト比ファイル形式
15秒以内推奨
(最大2分20秒)
800×450ピクセル推奨(アスペクト比16:9)
800×800ピクセル推奨(アスペクト比1:1)
MP4・MOV

まとめ

いかがでしたか?複雑に見える広告投稿も意外と簡単にできることがわかって頂けたかと思います。

クリエイティブの質を上げることでTwitter広告も最大限の価値を発揮すると思うので、ぜひ本記事を参考にTwitter広告を利用してみてください。

View ALL articles →