使うなら今、キャズム越え秒読みサービスTumblrでバズってウヒョーな広告座組を組む秘訣

昨今流行のタンブラーについて企画とタイミング、企業とのバイブスがあえば、
利用してみたいと思っていらっしゃる広告関係の方に向けて書きます。
基本的なところから、タンブラー企画成功のキモ?までお伝えします。

Tumblrって何?

ブログ、ブログネットワークです。
文字、写真、動画、GIFなどのコンテンツをみなで消費しまくっています。
テキスト、画像、引用、リンク、チャット、音声、動画、などが投稿、共有することができ、
どの投稿にもハッシュタグをつけることができます。
youtubeやsoundcloud、日本だと関係ないですがsportifyなど各種サービスとも連携しつつ、バズの発生源として、
着々と勢力を拡大しています。

リブログって何?

ツイッターでいうところのRT(リツイート)のことです。
自分のタイムラインに流れてきた他人のポストを、自分のポストとして投稿します。
無断転載の温床だ、いや引用だからOKだ、など様々な議論もあったりしますが、
このリブログ機能こそタンブラーの情報拡散エネルゲンです。

どんな企画が向いてるの?

基本的にタンブラーはブログです。
従って適切な量のコンテンツを継続的に出していくような企画が向いています。
結局王道しかありません。
バズワードを出すならばインバウンドマーケティングでターゲットが若いorエッジーという状況であればタンブラーは最適ではないかな、と思います。
またテーマを改造して好きなデザインにすることもできますので、
ブランドイメージの通奏低音はキープすることが可能です。
テーマ改造が自由に行えますので、例えば無料のホスティングサービスとしてランディングページなどビシッと作ることもできます。が、この場合「タンブラーを使ってる」とはあまり言えないようなきがします。
確かにランディングページ右肩にフォローするボタンがつき、ちょっとナウいサービス使ってるでしょ感が出ますが情報発信ゼロですとちょっと寒いです。
細かいコンテンツを作ってマメに更新してゆくのがやはりよいでしょう。
 

どんな打ち出しがいいの?

日本においてタンブラー利用者はまだまだアーリーアダプター系の人々です。
そのため広告コンセプトとしては安心、居心地がよい、ではなく、エッジー、クレイジー、
どうかしてる、といった打ち出しが良いと思います。
というのは冗談ですが半分本気です。
オモシロクレイジー(いわゆるバカパク。バーグハンバーグ的コンテンツ)でいくのもよいですが、丁寧な文章と美しい写真のレイアウトでユーザーを楽しませる(いわゆる渋知。良品計画的コンテンツ)のもユーザー層、タンブラー的にマッチいたします。

どんなコンテンツが向いているの?

文字、写真、GIF、動画、などあらかた載せることができます。写真も美しくレイアウトされますし、文章も読みやすいのですが、折角タンブラーでPRを行うのであれば、GIFアニメがオススメです。
ビジネスシーンでGIFアニメというとちょっとぴんとこないかもしれませんが、”2013年”日本においてはナウく、タンブラーっぽいコンテンツだと思います。
また、タンブラー社自体も広告として映画会社のGIFアニメーションを過去バシバシ流していたりしたので、効果はきっとあるんだと思います。

できないこと

無限の可能性を秘めたタンブラーですが、できないこともいくつかあります。
・一個のアカウントで1日に作成できる追加ブログは10件まで
・データアップロードは1ファイル最大サイズ 5MBまでで、15MB/日。
ローンチ直前にデータアップしようと思ったらアップできねー!なんてことにならないよう要注意です。
・投稿内にJSは入れられません
インタラクティブなサムシングを入れたいならばテーマ改造してテーマの中に入れてください。
・SPはタンブラーが用意したSPスキン外さないとオリジナルが適用されない
・タンブラーのアップローダーではMP3もoggもアップできません!使うなら外部サーバーにアップで!

以上

エビデンスゼロの体験談ベースですが、タンブラーでなにかやりたいにゃあと思っている、
広告系の方の一助になれば幸いです。

View ALL articles →