WEB会社だからってWEBtipsを書き連ねる必要はない

///WEB会社だからってWEBtipsを書き連ねる必要はない

WEB会社だからってWEBtipsを書き連ねる必要はない

企業がブログを書く理由は様々だ。
お客さまとの距離を近づけたい。
自分たちの製品をより知ってもらいたい。
お問い合わせがほしい。
お金がほしい!

基本的に帰結するところはお金がほしい!ではあるが。

WEB会社ってなんでWEBtipsを書くの?

自分たちが日々触っているもので気づきが多いのでコンテンツとして書きやすいから。

以上。全然間違っていない。

WEB会社にとってのWEBtipsは同業他社(もしくはフリーの方)との情報の共有である。
PV数という意味で回遊させ検索なんたらで上位へとかそういった考えも当然あるだろうし、
着地ポイントが何かを買ってもらう等であれば、見られれば見られるだけ意味があるだろう。
さらに言えば同業他社もしくは代理店から「技術ありそう」と認識されお手伝い案件がくるやもしれん。

しかし実際は書くネタが無いのだよ。だって日がなWEBのこと考えてるんだもん。

ブレイク・スルーさせる記事の必要性

株式会社LIGなどはブログ戦略を用いてブレイク・スルーする記事をときどき差し込み知名度をあげている非常にいい例だと思う。
しかし、ブレイク・スルーする記事というのはいわゆるバズをちゃんと考えて作りこまれたコンテンツである。

WEBの技術を知らない人でも楽しめるものを作ることにより、知名度を上げて、顧客を創りだす。

WEB会社はWEBtipsを書かないほうが良い?

否!

技術を信頼されなければ仕事は任せられない。
技術者が気づいた課題と解決法を知らしめてやる必要がある。
これはこれで優良なコンテンツなのだ。

かつ、バズ狙いの記事ばっかで何やってるかわからない企業になっては本末転倒である。

じゃあ何を書けばいいのさ

自社のサービスなり技術レベルが高いってだけ言っててもダメだってこと。
酒の席で自慢ばかりする人ってウザいじゃない?
仕事の話もするけど、面白い話もできたほうがモテる。

そして最終的には仕事なんか人対人。
パーソナルな部分をバシバシ出して、このコンテンツは世にしらしめる必要があるという内容を書けば良い。
ブログ読者=顧客とはいくまいが
未来の顧客に「お、こいつら面白そうだ」と思わせたら勝ち。

何が優良かどうかなんて考えてたら書けないけどね。
文章が下手だろうが、バズら無かろうが、熱があるかどうかにかかってる。

お金ほしい!

デジタルマーケティングで最近気になることはありますか?調査して記事にします!

2016-02-18T16:35:53+09:00