今、Instagramに広告を出すべき4つの理由

以前までのプロモーションはテレビや雑誌、新聞といったマス・メディアがメインでしたが、ネット社会の現代ではSNSを用いたプロモーションが当たり前のように普及しています。

一口に「SNSでプロモーションをする」と言ってもどのサービスを利用すれば良いか、どんな広告を出せばいいのか、疑問点がたくさんあると思います。現在、国内に普及しているSNSはいくつかある状況ですが、その中でもユーザー数や投稿数の推移によって盛り上がりに差があります。その中で、今、最もアツいサービスが「Instagram」なのです。

今回はそんなInstagramを用いてプロモーションするべき理由や、どのような種類の広告が出稿できるかについて詳しくお話していきたいと思います。


Instagramについておさらいしよう



Instagramは写真や映像を投稿するビジュアル特化型のSNS。国内に約3,300万人の月間アクティブユーザーを誇る巨大プラットフォームです。はじめは静止画の投稿のみができるシンプルなものでしたが、動画対応やストーリー機能実装、eコマースのとの連動など様々な機能がプラスされたことで急速にユーザー数を伸ばしています。

世界の利用者数を比較すると2010年の時点でTwitterを抜き去り、Facebookに次ぐ世界2位のSNSとして君臨しています。


Instagramには若いユーザーが多い

Instagramの特徴としては10代から20代にかけてのユーザーが非常に多いことです。「インスタ映え」や「インスタグラマー」といった言葉が若者を中心に生まれたことからも、若世代の話題の中心にInstagramがあることがわかります。

また、ユーザー男女比を見てみると男性43%、女性57%となっており女性ユーザーの多さが伺えます。そのため女性向けのアイテムを扱う企業を中心にInstagramを用いたプロモーションが浸透してきています。


ファッションや旅行業界のアカウントが多い

プロモーションに大きな効果が見込めるとあって、Instagramの企業アカウントは右肩上がりで増加しています。その中でも、特に多いのがファッション関連の企業です。アイテムの特徴を画像で訴求できる、Instagramのメインユーザーと顧客層がマッチしているといった点が主な要因でしょう。

また旅先の写真が映えるため、Instagramの世界観と親和性の高い旅行業界や観光事業のアカウントも目立ちます。


Instagramの広告には3つの種類がある

続いて、Instagramの広告にはどのような種類があるのかをご紹介していきます。普段プライベートでInstagramを利用している方も多いと思いますが、広告を鬱陶しく感じることは少ないのではないでしょうか?

それもそのはず、Instagramでは通常のサイトと異なり、一般ユーザーの投稿とに広告を織り交ぜて提供しているのです。そのため、ユーザーにストレスを与えることなくプロモーションができます。

ここでは、Instagramの広告を3種類に分けてご紹介します。自分達と相性が良いタイプを見つけてみてください。



1 ストリーズ広告


映像を最大15秒で投稿できるストーリー機能を用いた広告。画面を最大限に活用して映像を用いたプロモーションが可能です。ストーリー広告の特徴は目につきやすこと。画面上部に表示され、一般ユーザーの投稿の間に表示されるため、自然と目に入ります。

若者の間では、通常の投稿はせずストーリー機能のみ使う人が増えている傾向があります。そのため、多くの人にアプローチするには最適な手段と言えます。

実際にビジネスアカウントの約半数がストーリー広告を活用しているため、企業側からも支持される広告手段です。


2 フィード広告

https://business.instagram.com/advertising?locale=ja_JP

こちらの広告はタイムライン上に表示されるフィード広告。24時間限定で表示されるストーリ広告とは異なり際限なく表示されます。投稿も写真や動画など思い思いの形で表現できます。

ストーリーが気軽にアプローチする手段とするならば、フィード広告はじっくり広告を見てもらいたい方におすすめ。カルーセルを使えば一つの広告で最大10枚の写真や動画を表示できるため、情報量は桁違いです。

企業アカウントのフォロワー数向上やECサイトへの誘導を目標に掲げている場合は、リンクを添付できるフィード広告がうってつけです。


3  発見タブ広告

https://business.instagram.com/igb/a/ads-in-explore/?ref=igb_advertising

最後にご紹介する広告は発見タブ広告。ユーザーの目に入るように展開する上記2つの広告とは異なり、新しいものを探しているユーザーに発見してもらう広告です。

最近は調べ物をする際に、googleやYahoo!といった検索エンジンだけでなく、TwitterやInstagramなどのSNSを利用する人が増えているんです。そのため、Instagramでも常に新しい出会いが起こっています。Instagram社によると、何か新しいものを探す際に利用する「発見ページ」を開くアクティブアカウントは、1日あたり2億アカウントほどあります。

このように、何か新しいものを探しているユーザーにアプローチする広告が発見タブ広告です。

https://business.instagram.com/igb/a/ads-in-explore/?ref=igb_advertising

こちらの発見ページに広告を出稿すると、ユーザーがタップして企業の投稿に飛ぶ仕組みとなっています。

こちらの広告の特徴はユーザーから嫌悪されない点です。他の広告は求めていない時でも目に入ってしまうのに対して、発見タブ広告は「何か情報を掴みたい」と思った時に出会うため好印象を与えやすいのです。

また、他の特徴としてトレンドを作りやすいという点もあります。感度の高いユーザーに働きかけるため、うまく行けば世の中にインパクトを与えることもできます。

Instagramに広告を出すべき理由

これまでInstagramやInstagramに出稿する広告の種類をご紹介してきたので、理解は深まったのではないでしょうか?しかし、Instagramに広告を出すメリットが分からなければ、実際に活用するのも難しいでよね。

そこで最後はこれらの広告を出すメリットについてお話していきたいと思います。上記の内容と重複する部分もありますが、どれもInstagramならではの長所なのでもう一度確認していきましょう。



メリット1 若者にアプローチができる

Instagramの特徴と言えば若年層ユーザーが多いこと。特に20代-40代の女性が多いのです。これらの世代は情報感度が高く、次世代の流行を作っていきます。

そのため、新しい商品やサービスをPRする際に活用すると効果を発揮するでしょう。


メリット2 自然な宣伝ができる

Instagramでは実際の投稿のようなフォーマットで広告を表示することができるため、あからさまな広告に比べてユーザーに受け入れられやすいのです。そのため、マイナスな印象を与えずにプロモーションするこができるという長所があります。

ストーリーを重視するブランドなどの好感度がキーであるサービスは、広告っぽさの少ないInstagramでの宣伝が最適です。


メリット3 細かなターゲティングが可能

InstagramはFacebook社によって運営されています。そのため、Facebookの広告でも活用されている細やかなターゲティングが可能なのです。

具体的には、以下のような項目に基づいてアプローチしたいポイントを絞り込むことができます。

・地域

・年齢

・性別

・言語

・個人属性(家族構成や職歴、趣味など)

・趣味・関心

・行動

・つながり

コストをかけて広告を出すので無駄なく効果を出したいですよね。Instagramではこれらの項目から興味があるユーザーにのみ表示させられるため、効率的な運用を実現しています。


メリット4 ハッシュタグを活用できる

Instagramと言えばハッシュタグ文化が盛んなことも特徴の一つですよね。このハッシュタグをうまく活用すれば、サービスのさらなる宣伝や他の商品の認知度アップにも繋がります。

ハッシュタグはFacebookやTwitterよりも浸透しているため積極的に活用していきましょう。

まとめ

今回はInstagramを用いたプロモーションについてお話してきました。実際に広告を出すイメージは膨らみましたでしょうか?一口に広告と言っても様々な種類があるため、悩むこともあると思います。

そんな時は広告を出す目的を考え直して、その目的の最大化につながる手段を選択しましょう。また、実際に出稿して得た新しい情報を元にアプローチを再考してみるのもおすすめです。

Instagramを用いたプロモーションは今後さらに加速していくでしょう。周りがライバルで溢れる前にノウハウを貯めてきちんとした運用方法を確立しましょう。




デジタルマーケティングで最近気になることはありますか?調査して記事にします!

2019-12-11T18:22:54+09:00