【企業のSNS運用】メリット・デメリット丸わかりガイド

スマートフォンの普及に従い、SNSが社会に大きな影響を与えるようになりました。企業のマーケティングにおいてもSNSを利用することが定着しつつありますよね。しかしSNSを運用すると言っても、そのメリットやデメリットを正しく理解した上で行動しなければ、正しい効果は見込めません。

そこで今回は企業のSNS運用におけるメリットとデメリットをご紹介していきます。同時に企業の事例も紹介していくのでより具体的にイメージを膨らますことができるかと思います。皆さんもSNSの酸いも甘いも理解して効果的な運営を目指しましょう。

【企業のSNS運用】メリット3選

メリット① 低予算でプロモーションが可能

経営者の方にとってうれしいメリットと言えば「低コストで運用できる」ことではないでしょうか。FacebookやTwitterなどのSNSは無料で始められるので、広告代理店を利用する宣伝活動に比べてコストを圧倒的に抑えることができます。

しかし、効果的なプロモーションをするためには社内担当者の設置や代理店の活用が必要な場合もあります。

メリット② 企業やサービスの認知度を高められる

SNSは気になる話題を共有できる機能が支持され社会に浸透しました。これらの機能は企業のプロモーション戦略でも大いに役立ちます。Facebookの「シェア」やTwitterの「リツイート」によって好感を持ったユーザーが企業を他のユーザーに宣伝してくれるのです。これによって情報が多くの人に拡散され、新しい顧客獲得に繋がります。

メリット③ 消費者の意見を直接聞ける

SNSは企業や商材をアピールするだけの場所ではありません。投稿に対するユーザーの生の声を受け取れる場所でもあるのです。従来のマスメディアでは大衆化された声を聞くことが主でした。しかしSNSが普及した今、ユーザ一人一人の意見に耳を傾けることが可能となりました。

大衆化すると隠れてしまう些細な考えに思わぬヒントが隠れているものです。これらも参考にしてサービス開発やプロモーション戦略をブラッシュアップしていきましょう。

【企業のSNS運用】成功例

成功事例① 消費者の生の声を受け取る〜SHARPの例〜

SNS運用の成功事例としてSHARP株式会社のアカウントをご紹介します。こちらのアカウントはなんと約58万人のフォロワーを誇る人気コンテンツ。初めは企業のプレスリリースや製品情報を届ける役割をしていました。その後、人間味溢れるツイートやユーザの声にこまめに反応する姿が好評を博し、企業のアカウントながら人気コンテンツへ成長しました。

ユーザーと触れ合うことで、製品への感謝や改善点の要望が直接届くようになり、より消費者の声を反映した経営をできるようになった例と言えるでしょう。

成功事例②低予算で認知拡大〜スパイスショップKoření od Antonínaの例〜

https://www.facebook.com/KoreniOdAntonina/

続いてご紹介する例はチェコ共和国プラハで経営するスパイスショップKoření od Antonínaです。こちらの店舗はSNSのみを利用し1週間で約1000名の認知を獲得しました。

内容としては友達へ拡散した分だけポイントが入るコンテストを開催したというものです。これにより低予算でより多くの認知を獲得したことから、上記で紹介したメリットの①と②を果たした例と言えます。

このようにSNSにおいてキャンペーンを実施し、新たな認知や顧客獲得を目指す動きは広がりつつあります。

弊社が提供している「RTWIN」は、Twitterキャンペーンのインスタントウィンに特化しているため、即時抽選機能や自動のDM配信機能、さらにレポート機能など運用の負担を軽減します。
これからTwitterキャンペーンを考えている方は、一度使ってみてはいかがでしょうか?

【企業のSNS運用】デメリット2選

デメリット① 炎上の恐れがある

企業としてSNSを運用する際に恐れることは「炎上」ですよね。発言を意図しない方向で解釈されることや、企業の不祥事に対するコメントが集中する場合など想定されるパターンはいくつも存在するものです。

万が一これらのことがきっかけで炎上してしまった場合に、SNS運用のマニュアルを策定しておくと安心でしょう。運用方針や炎上時の対応部署などをあらかじめ定めておくことで、有事でも落ち着いて対応することができます。

詳しくはこちらの記事に記載してありますので、気になった方はチェックしてみてくだい。

デメリット② 中長期的な運用が必要

デメリットの2つ目として、効果が出るには時間がかかるという点が挙げられます。SNSのアカウントを開設した時には登録者がいない状況から始まるため、まさに「ゼロからのスタート」と言えるでしょう。実際に知名度のある企業でも登録者がほとんどいないアカウントはいくつもあることから、成果を出すには厳しい道のりが待っていると言えます。

質・量共に高水準のコンテンツを提供していく必要があり、そのためは一定のリソースが必要であることも考慮しましょう。

【企業のSNS運用】失敗例

失敗事例① 想定外の反応で炎上〜米マクドナルドの例〜

 SNSを利用した失敗事例として有名なものが米マクドナルドの例です。こちらの企業はTwitterで子供のころマクドナルドであった思い出を募るキャンペーンを行いました。当初米マクドナルド側は懐かしき良い思い出が集まることを想定していましたが、ふたを開けるとユーザーのクレームで溢れかえり炎上してしまいました。結果として企業イメージを下げてしまい、このプロモーションは失敗に終わりました。

この例から、SNSのプロモーションは企業側の思惑通りに進まないことがあると学べますね。情報を発信する際には、ユーザーがどのように捉えるのかを多角的な観点から考える必要があります。

長所を伸ばし短所は補う。効果的なSNS運用を。

いかがでしたでしょうか?今回は企業がSNSを運営する際のメリットとデメリットをまとめてみました。企業のSNS導入が叫ばれるなか、何がメリットであるのかきちんと理解する機会になったのではないでしょうか?

物事にはメリットだけでなくデメリットも存在します。しかしマイナスな一面に捉われて、前に踏み出せないのはもったいないことです。対策ができるデメリットに関してはしっかり対応した上でSNS運用を始めてみてはいかがですか?

デジタルマーケティングで最近気になることはありますか?調査して記事にします!

2019-10-23T11:28:54+09:00