【2021年最新版】話題性アリ!ゲーム関連のTwitterキャンペーン事例と運用ポイントを紹介

ゲームのTwitterキャンペーンのための事例と運用ポイントを紹介。

「自社開発のアプリゲームをTwitterで宣伝したい。」

「ゲーム会社のTwitterキャンペーンを参考に企画を練りたい。」

「キャンペーンを行う際の注意点を知りたい。」

このような、BtoC企業のSNS担当者やマーケティング担当者の方の悩みを解決するために、このページではゲームのTwitterキャンペーンの事例、キャンペーンを行う際の大切なポイントを紹介します。

ゲーム・エンターテイメント事業の会社が行うTwitterキャンペーンを紹介

ゲーム・エンターテイメント事業の会社が行う、様々な工夫を凝らしたTwitterキャンペーンは以下の4つです。 

  • ハッシュタグを付けてツイートしたアカウントの中から当選者を決めるキャンペーン
  • RT数でゲーム内アイテムが貰う確率が上がるキャンペーン
  • RT数で貰えるゲーム内アイテムがグレードアップするキャンペーン
  • すでに遊ばなくなったユーザーも対象にしたキャンペーン

ハッシュタグを付けてツイートしたアカウントの中から当選者を決めるキャンペーン

企業アカウントバンダイナムコアミューズメント
応募方法アカウントフォロー後にボタンを選び指定のハッシュタグを付けてツイート
当選商品食べたい魚をツイートすると抽選で離島の鮮魚セットが当たる

フォローとリツイートだけのキャンペーンに加えて、指定のハッシュタグを使うことで、ゲーム自体の宣伝になります。

また、本キャンペーンのようにインセンティブに目新しさや面白さを見出すことでキャンペーン自体の話題性も高まり、うまくいけばトレンド入りなども狙うことができます。

さらに、実際にゲームをした人たちの感想も分かるため、現時点でゲームに興味がない方に対しても発信が可能です。

RT数でゲーム内アイテムが貰える確率が上がるキャンペーン

企業アカウントゲーム 乃木坂的フラクタル
応募方法対象ツイートをリツイートする。1ツイートごとに6,000RT達成でゲームで使えるアイテムがもらえる
当選商品ゲーム内で使えるアイテム
キャンペーンの特徴RT数に応じて商品が必ずもらえる

応募方法を満たしたアカウントの中から抽選を行う施策が多いなか、このキャンペーンは当選者を絞りこまず、RT数を達成することでゲーム内で使えるアイテムが必ず当選します。

RT数が多ければ多いほど、全ユーザーに対してプレゼントが貰える楽しさが魅力です。

RT数で貰えるゲーム内アイテム数がグレードアップするキャンペーン

企業アカウントジャンプチ ヒーローズ
応募方法公式アカウントをフォロー後、対象ツイートをリツイートする
当選商品ゲーム内で使えるアイテム
キャンペーンの特徴RT数が一定数に達すると貰えるプレゼントされるアイテム数がグレードアップ

先述した、RT数によってプレゼント商品の貰える確率が高くなる施策に似ていますが、こちらではRT数が多くなればなるほど商品の数が変化します。

ゲームユーザーはできるだけ多くのプレゼントをねらい、拡散も積極的に行うはずです。現にこのキャンペーンでは29000ものRTがなされ、大きな話題を呼びました。

ハッシュタグを付けてツイートした人全員にプレゼントが貰えるキャンペーン

企業アカウントジャンプチ ヒーローズ
応募方法ボタンを押し、指定のハッシュタグを付けてツイートする
当選商品ゲーム内で使えるスタンプ
キャンペーンの特徴指定のハッシュタグを付けてツイートすれば、全員に商品がプレゼントされる

一般的なTwitterのハッシュタグキャンペーンではあるものの、条件を満たせば全員にプレゼントを提供するのが大きな特徴です。

このキャンペーンでは参加者全員がプレゼントを貰えるため、今までプレーしてこなかった人や、以前はプレイしていたけれど辞めてしまった人にも目に付きやすいのが利点です。

ゲームのTwitterキャンペーンを行う際に大切なポイント

ゲームのTwitterキャンペーンを行う上で大切なポイントは、以下の3点があります。

  • すでに認知している層だけでなく、興味・関心・検討している層にもアプローチする
  • ハッシュタグを利用し、第三者によるツイートで拡散を狙う
  • 画像だけでなく動画も活用する

既に認知している層だけでなく、興味・関心・検討している層にもアプローチする

ゲームに興味、関心、検討している層にもアプローチは必要になります。

なぜなら、提供するゲームの認知を広げて売上を上げるのが目標になるため、できるだけ多くの人たちに知ってもらうのが必要だからです。

すでに認知しているユーザーは、元々ゲーム自体に魅力を感じている場合が多く、キャンペーンに参加する意欲があります。

そのため、興味、関心のある層の人たちに対して、魅力的だと感じるキャンペーン内容にすれば、「この機会にゲームを始めてみようかな。」と、初めてダウンロードをする人数は高くなるはずです。

さらに、Twitterキャンペーンのツイートへの反応も増え、検討段階の人たちもリツイートするようになるでしょう。興味、関心のある層に届けば、さらにその奥の「検討している層」の人たちに対しても広げられる可能性が高くなります。

Twitterの強みでもある拡散力は、テレビのような既存メディアには届きにくい層に届けられる強みがあるので、生かさない手はありません。

Twitterキャンペーンを行う際は、より遠くの層にまで目線を向けられる考えを持つべきでしょう。

ハッシュタグを利用し、第三者によるツイートで拡散できるようにする

ツイートをしたくなるようなハッシュタグを利用すれば、フォロワーは広めたいと考え、より拡散しやすくなります。

なぜなら、Twitterキャンペーン以外でも、ハッシュタグ付きのツイートを使ったキャンペーンに参加する人が多いからです。

単語だけのハッシュタグより文章になっているハッシュタグを用いることで、応募の際に使う以外にもフォロワーがハッシュタグと共に、ゲームの感想や魅力を一緒にツイートして拡散してくれます。

また、一般ユーザーだけでなくインフルエンサーにも協力してもらえれば、インフルエンサーのファンの中の、ゲームを知らない人たちにも認知してもらえるメリットがあります。

画像だけでなく動画も活用する

ゲームのTwitterキャンペーンでは動画も有用です。Twitterをスクロールで流れるように見る人が多い中で、画像より動きのある動画の方が、目に止まりやすいです。

また、動画を用いることで、ゲーム自体に興味・関心がある人たちが抱く、「このゲームはどんなゲームなんだろう?」という疑問を解決できます。

実際のゲームプレイ動画やプロモーション動画をTwiitterキャンペーンのツイートに掲載すれば、画像だけのプロモーションよりも見られる確率は高くなりますし、拡散の可能性も高いです。

関連記事|【2021上半期】最新のTwitter面白いキャンペーン事例10選

関連記事|【2021オリンピックキャンペーン事例15選】最もリツイートされたtwitterキャンペーンは!?

手動で行うデメリットとおすすめの運用方法

これまで紹介したゲームのTwitterキャンペーンのほとんどが、投稿から抽選まで手動で行なっています。そのため、全て手動で行うと以下のようなデメリットが生まれます。

  • 投稿文をいちいち書いてツイートしなければならない
  • キャンペーンに応募した方のフォロー状況とリツイート状況を照合する時間がかかる
  • 抽選者の選定しなければならない
  • 当選者にDMを送る作業が必要

Twitterキャンペーンの運用では長時間の作業が必要です。時間的コストを削減したい場合、インスタントウィンを利用するのがおすすめです。

その場で抽選できるキャンペーンシステム『RTWIN

広告との相性が良く、無視されがちな広告をサービスの認知拡大につながる広告に変えることができます。フォロー&リツイートで参加できるため、拡散性が高くフォロワーを増加させるには最適なツールです。

View ALL articles →